「愛しのライリー」配信開始。

半年に渡る「愛しのライリー」プロジェクトが、

ついに配信の日を迎えた。

ディズニー/ピクサーの長編アニメーション20周年記念
作品『インサイド・ヘッド』(7/18公開!!!)

その、日本版オリジナル主題歌「愛しのライリー

「日本版オリジナル主題歌」なんて光栄な表現をして頂
いてる。

でも、僕らが作ったのは『インサイド・ヘッド』のCM
ソングなんだ。

この曲を切っ掛けに劇場に足を運んで欲しくて、

愛情一発で、

でも、

丁寧に、丁寧に、

祈りにも似た感情を込めて、

完成させた曲なんだ。

さっそくダウンロードしてくれたあなたに、

心からありがとう。

僕らも、ダウンロード済み。

7月15日リリースの、

「インサイド・ヘッド」 オリジナル・サウンドトラック

にも収録される。

あとは、『インサイド・ヘッド』の公開を待つばかり。

吉田さんと二人で、

「なんていい曲、つくっちゃったんだろうねぇ~」と、

しみじみ手前味噌を満喫中。

今日、東日本ワンダーベイビーズに嬉しいことが。

あるかもしれない。

いや、控えめに言っておこう。

東日本ワンダーベイビーズの中には、

嬉しい人がいるかもしれない。

26日の午前4時に情報解禁。

嬉しいと言えば。

ハワイのライブのアンコールで、

このケーキが登場した時、

吉田さんはとても嬉しかったに違いない。

ただ、

強風の中、必死で点けたロウソクが、

吉田さんがお願い事してる間に消えてしまったことが、

ちょいと残念だったに違いない。

ところがどっこい。

今年はワンダーランドイヤー

吉田さんの願い事は、

ベイビーズが叶えてくれるに違いない。

[マサブログ] 今年2度目の札幌ドーム。

男二人旅。

ドリカムワンダーランドのステージプロデューサー・向
井さんと。

いやいや、

二人だけでは成立しないこの旅。

各セクションの担当者も参加。

既に、

東京、福岡、札幌、大阪の各ドームの視察を終了。

機材の設置方法の検討や測量も行われる。

ドーム全てが全然違うので、

困難を極めるプラン作り。

でも、実際ドームの端から端まで歩き回ると、

いろんなアイデアも出てくる。

やはり、

現場に行くことはとても大切。

[マサブログ] 万博記念公園は、僕の夢の跡。

ワンダーランドイヤーだからこそ叶ったドリカムのベス
トアルバム「私のドリカム」

そのリリースを記念して行われるビッグイベント。

「MBS presents 私のドリカム THE LIVE in 万博公園」

会場となるのは、「大阪LOVER」に登場する恋人たちに
縁が深い万博記念公園。

1970年当時、小学6年生だった僕。

子供料金が適用する最高年齢をいいことに、電車で、自
転車で、何度もこの会場を訪れた。

特に自転車の時は、会場には入らず、周回道路を一周
するだけで大満足。

頭の中ゼンブが怪獣とサンダーバードでできた僕にとっ
て、大阪万博はまさに「夢の国」、現存する「未来世界」
だった。

太陽の塔は、その中心にそびえ立つ神的存在。

あれから45年後。

まさかその夢の国があった場所で、こんな素晴らしいイ
ベントを開催してもらえるとは!

今日は第1弾の詳細発表があるらしい。

[マサブログ] 虹の生まれる島。

今まで、短期間にこれだけたくさんの虹を見た
ことはなかった。

まずは、ダイアモンドヘッドにかかった、絵は
がきのような虹。

しかも、うっすらとだけど二重。

次は、そのダイアモンドヘッドのてっぺんに登
った帰り道に、眼下に広がる虹。

いずれも、虹のふもとまではっきり見えた。

そして、2015.05.06にアップしたのは、ハワ
イでの最初の夕食を頂いたお店から見えた虹。

虹を見る度、天地真理さんの歌を口ずさむの
は、僕らの世代の宿命。

日中含め、滞在中風が強くてすこし肌寒いく
らいだった。

そんな気候とは反対に、現地で出会ったみな
さんの暖かい行き届いたホスピタリティーに
感謝。

「アロハ」

もともと出不精の僕が、これまた先入観で行
き渋っていたワイキキのイメージが大きく変
わったのは言うまでもない。

台風が日本列島を駆け抜ける中、僕らの音源
制作は既に始まっている。

吉田美和の誕生日に行われたライブを真空パ
ックにしてみんなに届けたい。

吉田美和の誕生日、無事終了。

スカパー!さんや沢山のみなさんのおかげで、吉田美和
の節目の誕生日が素晴らしい一日となった。

お父さんやお母さんや兄弟達、その家族達に囲まれて
、吉田は本当に幸せそうだった。

「こうして今も歌えることがとても幸せ」

そう彼女は言っていた。

日本から、世界から、お祝いのメッセージ。

それが何よりのプレゼントであるし、彼女が50年生きて
きた証でもある。

2015年5月6日。

また、忘れられない景色がひとつ、僕のメモリに記録
された。

拝啓、吉田美和様。

blog150506

お誕生日、おめでとう!!!

2015年の今日5月6日は、ほんとにスペシャルです。

なんてたって、

あなたの生誕50年周年記念日なのですから。

僕が、まだ、あなたと出会ってなかった20年間、

そして、あなたと出会ってからの30年間、

いろんなことがありました。

歌うひととして、作家として、ひとりの人間として、

あなたが歩いてきた50年間を、

僕はこころからリスペクトします。

これからも、DREAMS COME TRUEの相方として、

あなたの笑顔と、泣き顔を、

ひとつもらさず受け止めて行きたいと思います。

中村正人より。

「4月8日」と「4月10日」。

ご無沙汰してます。

急に雪降ったりしてるけど、みんな体調大丈夫?

よしだは元気いっぱい、僕も「イチブ」を除いての
「ゼンブ」はすこぶる元気です。

『イチブトゼンブ』といえば、先日よしだみと横浜アリ
ーナの「B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-」に参加さ
せて頂きました。

一曲目から僕の大好きな曲だったのでぶっ飛びまくり。

稲葉さんの華麗なMCに導かれ、僕たちのイキザマをさら
け出してしまいましたし、松本さんのウルトラハイテク
ニックでウルトラソウルなパフォーマンスに触発され、
帰ってからベースの練習をしてしまいました。

その日以来、よしだみが松本さんを「タック!タック!」
と呼び続けています。

稲葉さん、松本さん、最高MAXなロックをありがとうご
ざいました!!!

さて、

「4月8日」、DREAMS COME TRUE×九州新幹線の
プロジェクトのために書き下ろした

九州をどこまでも

略して「キュウドコ」の配信が遂に始まりました。

九州関係ベイビーズは、僕が作った新しい法律(ドリブ
ログ2015.03.30参照
)をしっかり守ってくれてるようで
大変喜ばしい。

fbのコメントにもあった様に、最後の「長崎、大分、
宮崎」関係のアナウンスは、僕です。

実際九州新幹線のホームで録った駅員さんのアナウンス
を完全コピーさせて頂いた上でアレンジしたものです。

はい、かなり練習しました。

その後ろに流れる駅の雑踏は博多駅。

新幹線の通過音と発車音は新大牟田駅で録りました。

発車後、鳥のさえずりが入っているのも新大牟田駅なら
では。

そんな楽しさ満載の「キュウドコ」、全国の皆様も是非
お楽しみ下さい。

そして、

「4月10日」は、あらたなBIGワクワクなお知らせが。

メディアにも取り上げられると思うので、要チェキラウト。

ワンダーランドイヤー、何が起こるかワカラナ~イ。

で、

僕は「イチブ」をメンテナンス中。

昨年のツアーから痛んでいたくるぶしの下の腫瘍をとる
手術をしました。

これさえ治ればワンダーランドイヤーはさらに絶好調。

ベッドの上からドリブロガーに愛を込めて。

武田 真治さんと、ツーショット。

よしだみは、残念ながら着替え中でありましたので。

でも、そのあとご挨拶させて頂きました。

ふたりは何やら話しが弾んでるようで、りんこさんがど
うのこうのと聞こえてきました。

北海道は札幌出身の真治さん。

1990年デビューだそうで、1989年デビューのドリカム
とは同期も同然。

札幌ドームで堂々と演奏する姿は、ウルトラかっこ良か
ったです。

またどこかでお会いできたら!と思います。

さて、NEWS ZEROLIVE MONSTERの大役も終了。

ワンダーランドイヤーのために私自身いろんなメンテナン
ス含め、ドリブログ暫くお休みさせて頂きます。

引き続き、オフィシャルインフォはチェックして下さい。

明日で3月も終わり、いよいよ新年度。

別れと、出会い。

4月から、どんなことが待ち受けてるのでしょうか。

ワクワクしてるのは僕だけでしょうか。

よい新年度をお迎え下さい。

あ、そうそう。

昨日もう一曲、ヴォーカルレコーディングが終了しました。
(今年3曲目!!!)

吉田美和の歌にかける執念、凄まじかったです。

同じく凄まじい執念で歌った凄まじく楽しい歌、

ドリカムの新曲「九州をどこまでも

略して「キュウドコ」

4月8日(水)配信スタート。

ちなみに、それに伴い4月8日から新しい法律が施行され
ます。

以下、条文。

 第一条。九州関係者は一人残らず『キュウドコ』をダ
     ウンロードしなければならない。
 第二条。また、カラオケで歌いまくって全国民に拡散
     しなければならない。
 第三条。さらに、会社や学校の行事にできるだけ取り
     入れることが望ましい。
 第四条。特に九州ワンダーベイビーズはこの三項目を
     頑張らないと嫌いになっちゃうからぁ。
      
     以上。
(フライングエイプリルフール。略して、フラフール。)

んじゃ。

ついに、LIVE MONSTER最終回!!!

1年半にわたりMCを担当させて頂きました。

この番組だけちょっと素が出てしまったゲストアーティ
ストの皆様。

音楽が大好きで「音楽の番組」をつくることに命がけだ
ったスタッフの皆様。

毎回ご機嫌なカヴァーをしてくれたファジコンの3人。

そして、

私中村の、上から目線で、アメリカンで、かなりウザい
キャラを、ひろいハートで受け止めて下さった視聴者の
皆様に、こころの底から感謝致します。

このカタチでスタートした当初、「これ、アメリカの各
局で長年やってる、一連のナイトショーのまんまじゃな
いか」といったツイートがありました。

それを発見した僕は、『そうなんだよ!!!』とグー
を引きました。

これこそ、僕が20年以上、日本のテレビでやりたかった
ことなのでした。

何度もいろんな局のいろんなプロデューサーにこの企画
をお話したのですがもちろん門前払い。

日本のテレビのニーズには当てはまらないことも理解で
きました。

そんな中、前CPだった藤井さんだけがこの企画に理解を
示して下さいました。

実際、始まったらどうでしょう。

僕なんかよりも遥かに音楽に詳しい、音楽ラヴァーのス
タッフが、この番組を素晴らしい「音楽の番組」に作り
上げてくれたのです。

視聴者のみなさんの中には、僕が話したいことを自由に
話していたとお思いの方々もいらっしゃるでしょう。

そのおかげで、「さすが中村!」と手柄にさせて頂いた
こともありました。うしし。

でも実は、僕のつたないリアクションを除いては、99%
が台本どおりです。

それほど、LIVE MONSTERスタッフは、音楽愛に溢れた
、アーティストおもいのひとたちなのです。

彼らは、これがやりたかったのです。

僕に毎週高いハードルを跳ばさせたプロデューサー/デ
ィレクター軍団はもちろん、カメラも、音響も、セット
も、大道具/小道具も、照明も、電飾も、特効も、観覧
のお客様をしきるスタッフも、みながクオリティーの高
い映像作品を届けるために惜しみない努力をしてくださ
いました。

まさに「情熱のあるチーム」でした。

その情熱は、視聴者のみなさんにも伝わったはずです。

それが、ワンMCワンゲストでは異例の数字を出したの
でしょう。

「音楽大好きなテレビマン」の情熱を、またどこかで伝
えるお手伝いできればと思っています。

それは何よりも、「音楽」を届けることに繋がるのだか
ら。

LIVE MONSTER」は永遠に不滅です。

最後に、前田直敬Pのツイートを無断でコピペ。

「LIVE MONSTERが、29日の放送で終了します。ある
 方が言いました。「回数が決まっているドラマでもな
 いのに、こんなに『もったいない』と思われながら終
 わる番組も珍しいね」と。ホント、沢山のお声掛け頂
 き感謝です。僕らは中村正人さんを盾に、奇跡的に高
 純度な音楽番組を作りました。」
「民放において『テレビ的正解』と『音楽的正解』は大
 体ぶつかります。そして両者の配分を少しでも間違え
 ると、待っているのは不幸な結果。常に心がけたのは
 、『テレビマンとミュージックマンの間にある、最適
 解』でした。視聴率取ってるくせに、アーティスト自
 身楽しんでくれて、音楽が世の中に刺さる。」
「この手の番組は、一度幕を閉じるとなっかなか次が生
 まれないし、各局音楽番組を取り巻く環境は世知辛い
 けれど、やっぱり、音楽は、GOOD MUSICは、まだ
 まだ鳴り止まないのです。少なくとも自分の中では。
 LIVE MONSTER、是非一緒に見守って下さいm(_ _)m」

PAGETOP