10月19日に紹介した「ぬりえ」の作者の。

ツアースタッフ「しろかちょう」の正体は、
「ハートな美術家」西村公一氏だった。

西村さんのfbで見る様々なハートの作品群は
とってもすんばらしい。

是非実物を見てみたい。

しかも、コメントに、ご自身で「ぬりえ」の
制作過程をUPされてるのがうれしいじゃあ〜
りませんか。

その「ぬりえ」の原画は、なんと舞台の奈落
のあるところに展示されているのだ。

ツアーが終ったら、是非DCTgarden IKEDA
に展示したい。

「しろかちょう」にお願いしてみます。

そんなわけで、チーム・ドリカムにはすんご
いヤツらが「ATTACK25」の音楽を伝えるた
めにひそかにミッションを遂行しているのだ。

さて、札幌ベイビーズ&北海道ベイビーズの
諸君。

ワタクシ中村正人、静岡〜東京〜沖縄〜東京
〜札幌の大移動の末、ラジオに生出演するよん。

AIR-G’「BOND GIRL!」
10月24日(金) 13:00~17:44 ※17時台に生ゲ
スト出演予定
DJは 、林 唯衣さん

いろんなお話ができると、いいね!

あ、それから、こんな記事がでてたので見て
みてね。

UFOキャッチャーの音も作っていた! 
DREAMS COME TRUE中村正人の知られ
ざる“偉業”とは?

あはは、やっぱり「知られざる」だったの
ねぇ。

よしだみは「モンキーガール」で「お猿ガール」
だから、僕は「知られ猿」

なんつって。

今日もいい天気だねぇ。

秋晴れ。

昨日のライヴは評判良かったなぁ。

僕らからすると、当たり前だけど、毎回ベス
トを尽くすんだけど。

そのパフォーマンスがどこまでベイビーズの
ハートに「侵入」できるかで、評判も変わっ
てくるのかもしれない。

25年活動していても、「最高のライヴ」に辿
り着くには、まだまだ道程は長いと感じるツ
アーです。

AEON presents
25th Anniversery
DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014
-ATTACK25-

静岡最終日、がんばります。

全国のベイビーズはテレビの前で待っててね。

日本テレビ系
LIVE MONSTER
   MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW

2014年10月19日(日) 23:30~23:55
※プロ野球放送が延長した場合、放送時間が変更
になる可能性があります。
<司会> 中村正人
<演奏> FUZZY CONTROL

ゲストは、V6。

そのアベンジャーズ感はハンパ無い。

スーパーヒーロー6人を、ひさびさいっぺんに
見ることが出きます。

「アベンジャーズ・V6」と「ロキ・中村」の
トークバトルを見逃すな!

楽屋の入り口に。

こんな素敵なものが!

聞くところによると、ケータリングのスタッ
フさんが手書きで描いてくれたそーな。

気分がさらに上がりました。

ってなわけで、静岡ベイビーズ!

待たせたなぁ。

会いたかったぞー。

今日もめろめろにするから、覚悟しておいて
ちょーだいなぁ。

んじゃ、のちほ。

グッズもカワイイのいっぱいあるから。

台風19号のスキマをぬって。

東京~沖縄~東京~大阪と移動して、やっと
こさ大阪城ホールに辿り着きました。

飛行機が欠航ぎりぎりだったりでひやひや。

いまだに各地ではたくさんの旅行者がひやひ
やなはずです。

どうかお気をつけて。

そして引き続き台風には万全の備えをお願い
します。

さあ、いよいよ、

uP!!!presents MBS音祭2014の「Final Party」
です。

今、リハーサルが終わりました。

スタッフが「らいよんチャン」の写真をゲッ
ト。

こんどうちの「ドリクマ」と対決させてみた
い。

サイズ感といい雰囲気といい、なんだか共通
したものがあるもんで。

同じ「階級」でいけそう。

そういう意味では、今日も音楽の「対決祭り」

参加アーティストのみなさんとガチで「対決」
して、結果、お客様を超ハッピーにできたら
と思っています。

んじゃ、のちほ。

で、いつものように全国の「LIVE MONSTER」
ファンの諸君はコチラ。

日本テレビ系
LIVE MONSTER
   MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW

2014年10月12日(日) 24:00~24:25
<司会> 中村正人
<演奏> FUZZY CONTROL

ゲストは「ゲスの極み乙女。」。

バンド名を言う度に得体の知れぬ罪悪感が。

これは世代的なものでしょうか。

といっても、彼らも今大注目のバンド。

「LIVE MONSTER」ならではのブッキング。

スタート時間がちょっと遅いからこそ見て
欲しい。

しくよろ。

ダチョウ倶楽部リーダー・肥後さん、降臨!

代々木のライヴではいろんな奇跡がおこっち
ゃったのだけれど、これはそのひとつ。

奇跡のツーショットで、

「やぁ~っ!」

ということで、世間一般のみなさまは、遂に、
ダチョウの肥後さんとドリカムの中村は別人
であるという驚愕の事実がわかったと思いま
す。

さて、

よしだみにステージ上でいっつもやっつけら
れっぱなしの僕は、いつかリベンジをと虎視
眈々とチャンスをうかがっていたのです。

で、遂にチャンス到来。

代々木に肥後さんが見にいらっしゃるという
情報を得た僕は、当日の開演直前にマネージ
ャーさんに出演交渉。

よしだみに内緒で、「突然のオンステージ作
戦」をお願いしたのです。

こころがでっかい肥後さんは快諾して下さり、
ついに奇跡の瞬間が。

よしだみ、あまりのビッグサプライズで、そ
れ以降のライヴの段取りがすっ飛んでしまう
ぐらい驚いていたのです。

やったー!やったー!やったーまん!

あの短い間に、三つもギャグを披露してくれ、
1万2千人の代々木ベイビーズのこころをわし
づかみにしたのは流石でした。

これからは「ココロの師匠」と呼ばせて頂き
ます。

肥後さん、ほんとにありがとうございました。

「台風」からの「代々木」からの「LIVE MONSTER」

昨日のブログで間違っちゃったけど、今アタ
ック中なのは台風18号。

ふう。

みんな大丈夫かなぁ。

帰りはくれぐれも気をつけて欲しいなぁ。

準備万端で頼みます。

「グッズ売り場」も朝からスタッフがテント
はる場所変えたり(でも、いろいろ限界有り)
、会場販売のシフト最大にしたりで、ベイビ
ーズが濡れない様には頑張ってるんだけど、
ご不便おかけします。

さて、今日も頑張るのは当たり前だけど、な
にかまた一歩前進できるようなライヴになれ
ばいいと考えてます。

MCだけは、すべらないように。

はい。

よしだみには、蹴りをくらわないように。

はい。

で、全国のベイビーズは絶対すべらないこの
番組。

日本テレビ系
LIVE MONSTER
   MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW

2014年10月5日(日) 24:30~24:55
<司会> 中村正人
<演奏> FUZZY CONTROL

ゲストは、 高橋優くん

なかなかの苦労人。

ひとを惹き付ける彼の歌と人間性は必見。

いつもの時間に、いつもの場所で。

僕も間に合うので。

「ちょっとわかりずらいかな?」からの「代々木」。

『吉田美和歌詩集 LOVE』
と、
『吉田美和歌詩集 LIFE』

の「会場限定版」と「全国書店版」の違い。

「会場限定版」は、それぞれがハードカバー
仕様で、2冊セットとして一つの化粧箱に入
ってます。

「全国書店版」は、手に持ちやすい単行本
(ソフトカバー仕様)で、一冊ずつばらば
らに購入できます。

内容は一緒。

どちらも装丁を担当したのは、祖父江慎氏

あなたの用途、目的に合わせてご購入下さい

さて、代々木でございます!!!

音楽界の台風「ドリカム」は、本当の台風19号
を注視しながら代々木に上陸。

今日、明日の代々木ベイビーズは、くれぐれ
も注意してお出掛け下さい。

よろしく!!!

苦楽を共に歩み続ける。

我らがレコード会社「ユニバーサル ミュージ
ック合同会社
」のチーム・ドリカムのみなさ
ん。

左から、

桂川さん、(セールスマーケティング セール
ス本部 キーアカウント・プランニング部)
森さん(邦楽編成業務管理本部 本部長)
長峰さん(シグマ 宣伝部)
田中さん(シグマ プロダクトマネジメント本部)

僕の誕生日ということで、bayfmに駆けつけ
て下さいました。

ドリカムのNEWアルバム『ATTACK25』を
届ける作業はこれからが本番です。

「ユニバーサル」のみなさんと、わっしょい
わっしょい励まし合い、おしりをぺんぺん叩
き合い、CDという音楽作品を届け続ける決意
です。

ヴェリービューティフルなお花と、とっても
貴重でステキな僕の大好物(内緒の内緒)も
プレゼントして頂きました。

ありがとうございました。

さあ、代々木が近づいてきたぞ。

台風も。

あっちゃ~。

ぬりえ、もりあがってるなぁ~。

全ては「ココロ」

僕は小さな会社のオーナーであり社長として
、日頃から社員に言い聞かせていることがあ
ります。

「ソントクを考えて仕事をしろ!」と。

え?と思うひとが大多数でしょう。

僕の言う「ソントク」の「トク」は、「得」
ではありません。

「徳」であります。

人生というものは、どんな生い立ちであろう
とも、みな厳しく辛いものであります。

それは(今の風潮から言うと)残念ながら、
そして(現実の世界を見ると)当然であり、
一生そうであります。

それが生きるということだからです。

そんな人生において、つねに「徳」を積む努
力を怠らないことは非常に重要だと考えてい
ます。

仕事を越えて、また、自分が報酬を得るに値
する業務遂行を越えて、人のために進んで尽
力するということが「徳」であり、それはい
つか自分のため、自分に還らなくても、自分
の大切にするひとびとや事柄、ひいては世界
に還ってきます。

天に唾するものには、遅かれ早かれ自分に降
り掛かってきますし、人のためにまいた種は
遅かれ早かれ大きな森となり自分や自分の愛
する物を守ってくれます。

これは、僕が(たかがですが)56年生きてき
て、大きな失敗やささやかな結果を得たり、
数えきれない人々の人生に少なからず触れて
きたり、膨大な歴史的事実を勉強したうえに
辿り着いた、僕だけの思想です。

「仕事」とは、就労であり、家事であり、学
業であり、ただただ生きのびるということで
あります。

「徳」を積まなければ必ず「損」という文字
に表現される状況に陥ります。

「損」という状況に追い込まれても「徳」を
積んでおけばゼロ以下になることを回避する
こともできます。

逆に言うと「徳」の「貯金」が足りなければ
少しの失点でも「損」のステイタスに陥るこ
ともあるでしょう。

で、すべてはそのひとの「ココロ」にあるの
です。

その「ココロ」を、bayfmのみなさんから沢
山頂きました。

「徳」をたっぷり蓄えたみなさんの「ココロ」
を。

僕自身「徳」の貯金でいえば、まだまだマイ
ナスな人間。

そんな僕ですが、涙が出るぐらい感謝してい
ます。

あらてめて、bayfm、25周年おめでとうござ
います。

今日も頂いたご恩、吉田共々、一生忘れませ
ん。

それにしても、bayfmからのこのケーキ、タ
ダモノではありません。

PS
10月1日は、不肖ワタクシの誕生日でもあり
ました。

沢山のメッセージ、お祝い、ココロから感謝
申し上げます。

愛する家族と、よしだみと、DCTエンタのス
タッフにも。

「チーバくん」も「ふなっしー」も「チバットマン」も。

市川市と船橋市に居住して、市川市立第一中
学校、千葉県立国府台高校を卒業したワタク
シ中村と、北海道は池田町出身の吉田美和が
在籍し、千葉国体のイメージソング
CARNAVAL ~すべての戦う人たちへ~
を歌ったドリカムが「生」出演する、

bayfm
with you
  ~bayfm 25th Anniversary Day Special

13:00〜15:50
(DREAMS COME TRUEは、14:00頃からの
出演予定)

を聴いてちょうだいなぁ。

よしだみが関東エリアで「生」でラジオに出
演するのはほんと久しぶり。

なんてたって、bayfmの開局25周年記念日!

デビュー当時まったく無名&無力だった僕ら
ドリカムを、強力にプッシュ&フォローして
くれたのがbayfmのスタッフのみなさんでし
た。

そのご恩に少しでもお応えできたらと思い、
今日出演させて頂きます。

昔っから(!)とってもお世話になってる
マッピーこと松本ともこさんに会えるし、
たのしみなっしー。

仕事しながら、家事しながら、勉強しながら、
運転しながら、遊びながら、きいてなっしー。

そんじゃ、のちほなっしー。

PAGETOP