この何年も縁が無かった「賞」

2014年1月1日から12月31日リリースの楽曲
を対象としたミュージックビデオから優秀作
品50曲に贈られる「MVA BEST VIDEO賞」に
、ドリカムの「AGAIN」が選ばれたのでござ
います!

嬉しゅうございます!!!

「AGAIN」には、ゲストスターとして、僕ら
が大ファンの遠藤憲一さんに出演して頂いた
こともあり、感激倍増。

ストーリーもちょっと謎を残すような感じに
なってるので、この受賞を機会に、また見て
下さい。

「AGAIN」(日本テレビ系「NEWS ZERO」
テーマソング)MV short ver.は、こちら

そして、もうひとつ。

iTunesの年間ランキング「BEST OF 2014 今
年のベスト
」J-Pop部門に、「ATTACK25」
が選ばれました。

こちらも、嬉しゅうございます!!!

そんなわけで「ATTACK25」を伝えるミッシ
ョンはこれからが本番なのです。

[マサブログ] 絵を描いた。

スタジオに遊びにきた小さな「依頼人」に、
「なんか描いて」と言われて。

仕事も沢山あるし、ちょいと面倒くさいなん
て思いながら始めたんだけど。

どんどん面白くなった。

「耳には星を入れて」

「はいはい」

「でも、なにこれ」

「うさぎかめねこ」

「ちょっとへんだけどかわいい。赤でぬってい
い?」

と、小さな「依頼人」は赤鉛筆でぬり始めたの
だけれど、あっという間に飽きて、スタジオか
ら出て行ってしまった。

今夜はTVデート。

日本テレビ系
LIVE MONSTER
  MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW

2015年2月1日(日) 23:30~23:55
<司会> 中村正人

今回の放送は【総集編SP】

「番組オリジナル密着映像&トーク 総集編」
をテーマに今まで出演頂いた豪華アーティス
ト達の素の表情から真剣な眼差し、ライヴの
舞台裏など番組オリジナルの密着映像をまと
めてお届けします!
さらに初出しの未公開シーンやとっておきの
爆笑トークも!!ぜひお見逃しなく!!

ということです。

いつもの時間に、いつもの場所で。

[マサブログ] ちょっとまってよ~。

というのはスタジオでの会話。

え?もう1月終っちゃうの?

一週間くらい前が12月の中旬で、

4日くらい前が元旦で、

一昨日が成人式だったような感覚。

でも、実際は、この一ヶ月の間に、

ツアー最終日を迎え、宮島小旅行があり、
なんてたって新曲のメロディーを考えて、ア
レンジして、打ち込んで、譜面書いて、オケ
をレコーディングして、楽器ダビングして、
よしだみが最強の詩を書き上げて、プレゼン
して、すったもんだころんでおきたをやって
、ヴォーカルやバッキングヴォーカルのレコ
ーディングして、MIXが始まってるわけで。

それと同時進行で、ライヴ映像の音源制作を
してるわけで。

池田町も行ったし、LIVE MONSTERの収録も
沢山あったし。

数えきれないほどのミーティングや打ち合わ
せや取材もした。

ああ。

やっぱり一ヶ月経ったのか。

みんな心配してくれてるけど、大丈夫。

ブログ続いてるのがその証拠。

ありがとね。

で、

よしだみも、僕の目を気遣ってくれて、
なにやらとっておきの目薬をプレゼントして
くれた。

二個入を、二箱。

雪、凄かったね。

[マサブログ] 確かにコレは「消化器」じゃない。

食べたものを運搬し消化することもできな
ければ、栄養を吸収することもできない。

不消化物を排泄することもできない。

そして、こういう時に限って、fbに即コメン
トを書き込むキミ達も嫌いではない。

いや、どちらかというと少し好きだ。

少し。

はい。

「消火器」の間違いでした。

ゴメンナサイ。

後ろのモニターに映るよしだみが笑って僕を
指差してる様にしか見えなくなった。

これ、全て寝不足のせい。

いや、目が疲れてぼやけて見えるせい。

ちがうちがう、肩こりで首が動かなくなった
せい。

はい。

ゴメンナサイ。

気をつけます。

[マサブログ] 久々、ホームセンターに行って。

木ねじとキャスターと電池と踏み台とペンキ
と錆び止めと消火器4本買ってきた。

朝スタジオに入る。

エンジニアの「ハッシー」の作業が暫く続く
ことを知ってしまった。

スタジオを抜け出す。

あまりの忙しさに半年以上ホームセンターに
行けなかった僕は、1年以上「買わなきゃぁ」
と思ってたリストを握りしめ、東宝スタジオ
の隣りのホームセンターへ。

足早に全商品をチェック。

いやぁ、たまらん。

で、事務所に直行。

大事に保存してあった、20年ぐらい前に
「ぴあ」から頂いた販促用ポスター4枚。

大尊敬する大先輩・及川正通さん作。

よしだみは、激カワ。

西川と僕は、ややカワ。

これらを、15年くらい前にアンディ・ウォー
ホル風に額装。

その後、あちらこちらに放置。

でも、仕事場に飾りたいと考えて10数年。

今日その日が訪れる。

やっと飾ったのだ。

NYで買ったメジャーと、先の曲がったキリと、
スタジオから拝借したネジ回しと、50年以上
も前のトンカチの感触。

最高。

DIYも、悪くない。

[マサブログ] デジモノオブザイヤー。

この季節がやってきた。

僕の大好きな雑誌、もう一冊。

デジモノステーション

情報量やヒップなレイアウトはもちろんだけ
ど、フェアーな編集姿勢に共感できる。

しかも、フェアーでありながらデジモノ業界
を盛り上げたいという強い意志を感じる。

そんな雑誌の年一の読者参加型アワードが開
催中。

デジモノ オブ ザ イヤー 2014

毎年ゲスト審査員をやらせて頂いてるのだが
今回はBD映画ソフト部門から、全ジャンルの
審査委員に格上げ。

責任重大。

デジタルメディア評論家の麻倉 怜士さん
経済アナリストの森永 卓郎さんを横目に、
ミュージシャンならではの視点から選考した
い。

ちなみに、BD映画ソフト部門だったら、ぶ
っちぎりで「アナと雪の女王MovieNEX

個人的には「劇場版 魔法少女まどか☆マギ
カ[新編]叛逆の物語

機動戦士ガンダムUC episode7」も捨て難
い(シリーズ全てが一括対象なら一位)。

とはいえ映画ファンとしては「LIFE!/ライフ
と「ゼロ・グラビティ」だし。

僕の年代に特化するなら「ナイトライダー
コンプリートブルーレイBOX
」の偉業を讃
えたい。

ただ「アメイジング・スパイダーマン2TM
についてはちょいとネガティブ。

作品のせいじゃなく、個人的な感情。

なぜなら、メリー・ジェーン役は「キルステ
ィン・ダンスト
」以外に考えられないから。

ちなみに、僕の3本目のワーウィックThumb
bass 6stの名前は「キルスティン」

メリー・ジェーンが、雨でずぶ濡れになりな
がら、逆さまにぶら下がったスパイダーマン
にキスするシーンが良過ぎて好き過ぎる。

[マサブログ] 坂本教授の言葉。

僕の大好きな雑誌に「サンレコ」がある。

雑誌に占有率という物差しがあるなら、
音楽業界制作関係者における「サンレコ」の
占有率は相当なハイスコアだろう。

そのなかに、坂本龍一さんのコラム
「skmt 2015 to 2014」というのがある。

ドリカムは25周年中なので、かなり高い頻度
で、楽曲制作は「依頼人」があるのと無いの
とではどう違うのか?という質問を受ける。

ロジック的にはいろいろな説明が可能だけど
、気持ちの部分でのうまい表現が見つからな
くてフラストレーションが溜っていた。

スタジオで一息つこうと「サンレコ」を読ん
でいたら、まさに「その表現」が坂本教授の
コラムにあった。

サンレコ2月号P143「skmt 2015 to 2014」
より抜粋。

「自分のソロのためか、それとも依頼があっ
て誰かのために作るのかは実はあまり関係な
い。重要なのは自分がそれをどれだけ面白が
ってのめりこめるかどうかなんですね。込め
る熱量の問題です。」

まさに僕が探していた表現だ。

よしだみが発見した。

「シロナガスクジラ」みたいなでっかい雲。

これ、ドリカムのNEWアルバム「ATTACK25
に収録されている「軌跡と奇跡」に登場する
雲みたい、と、よしだみ。。

僕が写真を撮るのにもたもたしたので、ちょ
っとカタチが崩れ始めてる。

よしだみが「あ!あの雲!」と言ったときは
完璧な姿でした。

しかも子連れの二頭でした。

「道を渡った方がいい写真撮れるよ!」

と言いながら、凍りついてつるつるの道を
いとも簡単に歩くよしだみ。

まるでスケートリンクの上をスニーカーで
歩くようによちよち歩きの僕。

道を渡り終えた頃、「シロナガスクジラ」の
親子は、オレンジ色に染まりながら、また雲
に戻ろうとしていました。

凍てつく十勝の原風景の中にフラッシュバ
ックする吉田美和の「軌跡」と、どこまで
も澄んだ十勝の空にほんの一瞬の間出現し
た「シロナガスクジラ」の「奇跡」

マサとうさんと、息子達。

みたいな構図の写真だねぇ。

僕が24歳ぐらいで子供できたとしたら、彼ら
が息子でもおかしくないもんねぇ。

つうことは。

「ドリカムの男の方」は、孫がいてもおかしく
ない年齢なワケだ。

改めて、しみじみするなぁ。

そんな息子達みたいな彼らが今夜のゲスト、
「バクナン」こと「back number」!!!

日本テレビ系
LIVE MONSTER
   MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW

2015年1月25日(日) 24:00~24:25
<司会> 中村正人
<演奏> FUZZY CONTROL

ヴォーカルを含め「イイ音」を出すバンド。

メロディーや詩が良いことはもちろんのこと、
ベースとキックドラムの音質の相性の良さは
特筆ものです。

いつもの時間より30分遅い今夜のデート。

先に寝ちゃ、だめよだめだめ。

さて。

ドリカムだけど。

レコーディング、全て無事終了。

よしだみと「奇跡だね」と囁き合うほど今回は
厳しかった。

なにごとも、

「愛情一発」

「真実一路」

「気の持ちよう」

「火事場のバカ力」

「工事現場は整理整頓」

「やればできるお猿でも」

「働け!働け!吉田美和!」

いよいよMIX、エドさんの登場です。

今日は、画像無し。

なぜなら、一枚UPしたかったのをよしだみに
拒否られたから。

ってのは、ウソ。

(ホント)

実は、歌ドリが佳境に入って、ドリブログ用
の画像選びどころではないからだ。

(イヤ、タシカニ、エランデアッタノニ)

そのかわり、PPのみんなには「ドリラ!じ
ゃねって
」更新したからね!

(ウヒヒヒヒ)

かなり生々しいよ。

(ホント)

だって、さっき録ったんだから。

(エライデショ?)

そんな訳で、

(ドンナワケデ?)

どろん。

(シオシオノパ~)

え?もう土曜日?

(ホワット?)

僕もコメントが「123」になったの気づいたよ。

PAGETOP