7月7日は晴れだった。

blog170708_1

この幸運を噛みしめる。

噛みしめながら
九州に想いを飛ばした。

ドリカム花火大会、大成功。

大阪港開港150周年、おめでとう。

うちのヴォーカルも、
リハーサルのために来てたので

自分たちが生んだ曲達に合わせて
一時間近くも打ち上がりまくった
大輪の花々に
おおいに感激感動していた。

その隣りには
バンドのみなさんと共に
素晴らしいライヴで盛り上げてくれた
Ms.OOJAが。

数々の「ドリウタ」は
完全にMs.OOJAのものとなっていた。

彼女の音楽に向き合う誠実さは
いつも
ぐにゃぐにゃな俺の背筋を
ピントのばしてくれる。

うちのヴォーカルとMs.OOJAが
並んで
花火が打ち上がる度浮き上がる
後ろ姿に、

俺は、じ〜ん。

これから

「The best covers of
     DREAMS COME TRUE 
ドリウタフェス 2017 in 大阪舞洲」

1995年、
あのドリカムワンダーランドを
開催した舞洲に
また
こんなうれしいカタチで
戻って来れた事は、

「 軌跡と奇跡」

PAGETOP