DREAMS COME TRUEの音楽とのコラボレーションによる、コニカミノルタプランタリウムTOKYOがいよいよ12/19(水)から開催スタート!

有楽町マリオンに開業する「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」のプラネタリウムドームシアターがいよいよ12/19(水)に開業。
プラネタリア TOKYOのオープニング記念作品『時を刻むこの星空 with DREAMS COME TRUE』のナレーションを俳優の中村倫也さんが担当することが決定し、特設サイトにて予告編映像が公開されています。
NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」の出演をはじめ、今年数多くのドラマや映画で活躍した人気俳優が初めてプラネタリウムのナレーターを務めます。
DREAMS COME TRUEの優しくも力強い音楽と、中村倫也さんの温かくつつみ込むようなナレーションが本作品を彩ります。

プラネタリウム、それはプラネット「惑星」を見る場所という意味の造語であり、私たちにとって宇宙に対しての夢や憧れが詰まった場所でもあります。
本作品のテーマは “星を知ろうとした人々の想い”。古くから人々は夜空を見上げ、星空に魅了されてきました。それは、星空が旅の道しるべとして、そして人生の道しるべとして私たちを導いてきたからに違いありません。
本作は、人々の持つ普遍的な星空への想いを描く、プラネタリウムの原点回帰ともいえる作品です。

 <『時を刻むこの星空 with DREAMS COME TRUE』概要 >
★音楽:DREAMS COME TRUE
★ナレーション:中村倫也
★日程:2018年12月19日(水)~
★上映時間・料金・その他番組詳細は下記HPよりご確認ください
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/planetarium2/winter_18/

PastedGraphic-1

PAGETOP