BLOG
1207は、「プレミアム10」の日

 いっつもスタチャの屋上では空を見上げていたのだけれど、ふと、下を見下ろすと、なんとMY紅葉。

 灯台下暗しとはこのこと。かなり、得した気分。

 「えっ?スタチャにまだ行ってるの?」という質問には力強く「イエス!」と答える。

 リリースだったり、テレビ出演だったり、ツアーだったり、みなさんに知ってもらえる活動だけ取り上げると、一年にそんなに日数があるわけではない。

 ごく近しい人にさえ、「ミュージシャンは悠々自適でいいねぇ〜」
なんて真顔で言われたりする。

 ところがどっこいしょ。なにもないように見える時間は、働きまくっている。表面に出せる仕事をさせて頂くためには、そのための膨大な作業を淡々と、土日休祭日昼夜デートの有無関係なく、進めて行かなければならない。

 しかも、驚くことに、当たり前だけど、時給でも日給でもない(!)。

 いやぁ〜、ほんとうだぁ。ぶるぶるぶる。ちょっと寒気が。がんばろーっと。

 甲斐さん(ドリブログ0528参照)とスタッフの皆さんが、雨の日も風の日も、NEW YORKでも日本全国でも、そんな僕らの姿を半年に渡って追っている。

 「プレミアム10」。いよいよ今晩、オンネアー。僕も、ドキが胸胸。

★業務連絡★

A嬢が、オフィシャルで一杯発表があると、僕に聞こえるような声で独り言をいっていたので、「どんな?」と尋ねたら「まささんは、知らない方がよろしいんじゃないですか。ほほほ」と言われた。