BLOG
明日は、ドリNEWライヴDVD、フラゲの日。

って、あれっ?

DVDは発売日、水曜じゃなくていいの?

そんな疑問は、プロモーションのよしゑちゃんに投げておくとして。

ドリ作品の発売日が近づくと、僕の頭の中で『OPEN SESAME』がエンドレスで流れ始める。

この曲、21年前、ドリがまだライヴハウスで、お客さんが20人ほどしか集まらない頃からやっている。

そのころはカセットテープで流していたのだから、時代を感じずにはいられない。

で、『OPEN SESAME』物語。

EW&Fの熱狂的なファンの僕は、学生の時、武道館で見た彼等の来日公演が忘れられなかった。

それは、本編はもちろんのことだが、そのオープニングであった。

壮大なオープニングテーマとともに登場したEW&Fの勇姿に、気絶しそうなぐらい興奮したものだった。

そのときから、『いつか自分のバンドでライヴが出来るようになったら、すごいオープニングテーマを作曲して、それとともにステージに登場したい!』と夢見るようになったのだった。

そんな想いから作曲したのが『OPEN SESAME』

「開け!ゴマ!」

タイトルが示すように、「アラビアンナイト」のごとく、まさにライヴの扉が開かれ、マジックワールドへと誘う壮大な序曲となる。

「SING OR DIEツアー」では変化球があったものの、DWL以外のアルバムツアーでは、21年間、ドリのライヴはこの曲とともに今も始まっている。

パブロフの犬以上に、『OPEN SESAME』が鳴り響くと、僕も「よしだみ」もアドレナリンが全開となり、攻撃モードになる。

“ドリしてます?”ツアー『OPEN SESAME』では、ファジコン、SATOKOの熱狂ドラム、JUONの発狂ギターが加わり、その上にSALSA SWINGOZA、大儀見元のパーカッションが炸裂。

ドリの歴史でもまれに見るエキサイティングなヴァージョンになった。

そんな21年の歴史をもった『OPEN SESAME』が、DVDでも、あなたを熱狂のライヴへと誘います。

さあ、もうちょっとの辛抱。

あなたの頭の中でも『OPEN SESAME』が鳴り始めたはず。