BLOG
中村正人の悪巧み。

ドリ20周年だからでしょうか、僕の中に悪巧みがむくむくしてきました。

いや、20周年という節目の年が起爆剤となり、長年胸の奥底にしまい込んでいた悪巧みが、表面に吹き出してきたと言った方が正しいでしょう。

まさにパンドラの箱を開けたのです。

それはなにか?

「よしだみ」の歌も、バッキングボーカルもない、純粋なオリジナル・インスト集を作りたい。

しかも、ドリブロガーにはおなじみのあの名マスタリング・エンジニア、ヴラドー@NYのマスタリングを施したインスト集を。

はい。

「よしだみ」の歌声と詩を伝えることこそが、ドリというバンドのただ一つの存在理由(そして今もそれは絶対変わらないドリの目的)だと公言し続けてきた僕がそんなことを言うなんて、とんでもないことです。

まさに掟破り、カムイ外伝。

ただ、

楽曲制作の際、録音スタジオで、あらゆる非常事態に備え、念のために「歌ものなし」のバージョンをミックスダウンしてあることも事実。

しかも、最高の環境でその「歌ものなしミックス」を聞くことができるのは、よほどのことがない限り、その時が最初で最後となります。

つまりそのミックスは、楽曲アレンジ担当中村正人(バッキングボーカル・アレンジは「よしだみ」が担当です)としては、純粋に自分の仕事の集大成バージョンであることは確かなのです。

と同時に、僕にとっては大切で貴重な記録であり資料でもあります。

で、ダメモトで「よしだみ」に相談。

なななな、なんと、OKをもらったのでした。

とはいえ、あくまでも僕の仕事のアーカイブということでスタートすることになりました。

ただし、ドリが権利をもっている『DIAMOND15』以降の作品に限って可能となります。

さらに、「中村正人の中村正人による中村正人のための作品集」ということで制作費は、自腹。

う。

それなら!!!と開き直った僕は、20年間、ドリサウンドを支えてくれた愛しい愛しいベース・ベイビーズや、シンセちゃん達、ツアーで大活躍した沢山の楽器ちゃんたち、スタチャやスタジオ・モンキーGの機材ちゃんたちの写真を、グラビアアイドルのごとく(?)撮影し始めています。

そんなわけで、一世一代の道楽、はじめました。

どんな形になるか、ほんと楽しみです。

「そんな暇があるなら、仕事しろ!」という声も聞こえますが、この作品が必ず未来の僕の仕事のために、ひいてはドリのためになると信じています。

ってなわけで、とんでもないご報告でした。

横柄な態度の割にはびびりなので、苦情、抗議、批判は受け付けません。

んじゃ。