BLOG
WF2009@埼玉スーパーアリーナ、終了!

ウィンファン関東ベイビーズ、最高でした。

帰り運転しながら、みんなの笑顔が目に浮かび、少し視界がにじみました。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。



そんな僕の気持ちとシンクロした走りの「FCXクラリティ」。

スタッフが僕の代わりに駐車場に入れる前の一瞬で記念撮影。

一般道でも高速でも、驚くほど自然な加速と減速。

エンジン車では経験できなかった感覚。

これは車の形をした全く新しい乗り物だと言っていいかもしれません。

何よりも、僕がこの「FCXクラリティ」に乗っている限り、車本体からは全く排気ガスがでないという(水しか出ない!)燃料電池車としては当たり前だけど、車という乗り物としての大革命が、乗っている人間と環境を果てしなく幸せにするという驚異の事実に、感動するばかりです。

例えば「FCXクラリティ」だらけで大渋滞になっても、みんな窓を開けて深呼吸が出来るのですから!

モビリティーとしての性能うんぬんよりも、まずこの事実を受け止めるべきだと感じました。

もちろん性能は花丸以上。

エンジン音のない風切り音だけの高速ドライブ(でも法定速度以内)は、まさに未来世界です。

で、「夜イヂ」を聴きながら一路スタチャへ。

LOVEさん、ほんとイヂリ見習いお疲れさまでした。

一日も早くイヂリストとしてのご来庭、お待ちしております。

LOVEもファジもビッチも中澤くんも、沢山CD買って頂けたようです。

よかった、よかった、ほんとよかった。

んじゃ。