BLOG
到着!到着!NEW YORKから到着!


ついに「masamania」収録の音源55曲が、ヴラドーさんのマスタリングを施されて、ぴっかぴかになって帰って来ました。





マスタリングには相当な時間が掛かったそうです。



だって55曲ですから。





さっそくスタチャでまずは大音量で、チェック。



いや〜、最高っす。



僕自身も、それぞれの楽曲をMIXした時以来聴くことができなかったオリジナルインスト。



平たく言うと、「オケ」



楽器ひとつひとつ、パートひとつひとつが良く聴こえて、その時の記憶もぶわーっと蘇って来ます。



先に音源を聴いた制作のルルドゥとその一味は、チェックそこのけでカラオケ大会になってしまったそうです。



オリジナルのオケでカラオケするなんて。



あとで、きっつくお仕置きです。





で、面白い発見もありました。



歌入りのヴァージョンでは聴こえない、微かなノイズが聴こえる曲が、1,2曲あったこと。



これは、生楽器を録音する際、ミュージシャンがつけるヘッドホンから漏れた音(ガイドにしているクリックや歌など)で、歌入りの完成品であらば、全く問題がないもの。



そういえばあのミュージシャンやあのミュージシャンは、ヘッドホン・モニターのレベルちょっと大きくて苦労したもんなあ、なんて思い返してます。



それと、歌だけで始まったり終わったりする楽曲が、それが無いために新鮮に聴こえたこと。



これは結構楽しかったです。





そんなこんなで、機材の写真も撮影したしということで、僕の「悪巧み=オケ担当アレンジャー/プログラマー中村」の夢(詳しくはドリブログ20091026参照)は、叶ってしまいました。



めでたし、めでたし。



んじゃ。



「よしだみ」にも、聴いてもらいます。