BLOG
エレピのダビング。


弾き手は、作曲家、アレンジャーとしても大活躍の上杉さん




「masamania」でも紹介してます。

「JET!!!」では、グルーヴィーなエレピ弾いてくれました。

特にイントロでのギターとの掛け合いは秀逸。

なによりも「WINTER SONG 〜 DANCING SNOWFLAKES VERSION 〜」のアレンジャーでもあります。

そんな上杉さん、最近ではAKB48の「桜の栞」を作曲して、大ヒット。

宅録では、僕を遥かに凌ぐ、マニアぶりを発揮。

レコーディング終了後、アレンジや打ち込みについていろんな話を聞かせてもらい、大変勉強になりました。

上杉さんの話を聞いていると、なんだかソフトシンセも試してみたくなりました。

「名人」からも、ソフトシンセの導入、提案されてるし。

いまさらですが、新しい「筆」を持ってみる気持ちになってます。

もちろん、20年以上つきあって来たシンセ達は変わらずメインで頑張ります。

上杉さんのお勧めでレンタルしたエレピ「Rhodes」はコンディション抜群で、いい音、録れました。

ってなわけで、レコーディング、楽しいです。

んじゃ。