BLOG
ハードなダンスレッスンを受けてるのに。



なんか迫力が無いなぁ。




特にINO-Dのパンツの柄が。

後ろのよしだみのおでことほっぺは光ってるし。

キマってるのはシゲさんのみか。

とにかく僕らは真っ直ぐDWL2011に向かって歩き出している。

あの日以来、エンターテインメントという仕事について深く悩んでいた僕に、メル友であり、大尊敬する「あるひと」がアドバイスをくれた。

「エンターテインメントは、衣食住の次の日常だ」と。

「被災した人達がいつも触れていたはずの」と。

「だから、日常は揺らいじゃいけない」と。

「そこに戻ろうとする人達の指針なんだから」と。

そして、

「おめーら会場で待ってるぜ!なマサさんでいてください!」と。

やられた。

このひと、作品を通してずっと凄い凄いと思ってたけど、ほんとに凄い。

僕は頭を特大のとんかちで殴られたような感覚に襲われた。

深い森から出られなくなっていた僕の目の前に、突然見晴らしの良い景色が出現した。

その景色の向こうにDWL2011のステージセットがはっきり見えた。

ドリカムは歩を進めるのだ。

揺らぐことなく、ぶれることなく。

しかも、後方支援もちゃんと続けるのだ。

節電対策だって。

よしだみの言うように、根気づよく。

はなのたね さん、

そんな仲間達と、生きてゆくのです。

hiromi-u さんの叔父さん、

福島の風評被害、母も福島出身なので心が痛みます。

snow-ko さんの南相馬市から避難して来た患者さん、

新しい生活、応援してます。

今夜はラジオでも会いましょう。

いつもの時間、いつもの場所で。