BLOG
「ぴあ」のために。

表紙となったマイケルが、この世を去ってしまうなんて、いったい
誰が想像できただろう。

そして、毎週にせよ隔週にせよ、あって当たり前の、及川正道
んが描く表紙の「ぴあ」が、休刊するなんて、いったい誰が想像
できただろう。

今日のステージ、「ぴあ」へのありったけの感謝の気持を込めて、
歌い演奏します。