BLOG
明日は明日の風が吹く。

無駄に几帳面で計画好きの僕は、どうして
もそんな気分になれず、自己を満足させる
ための責任感と、実行不可能な計画を立て
ておいて、それに遅れが出ると、これまた
ひとりでイライラするならまだしも、人に
八つ当たりするという、あまりヨロシカラ
ヌ人生を過ごしてきた。

ま、今もそんな感じ。

ところが、どういう風の吹き回しか、50年
以上も生きてきて、ここ最近、(大小を問
わず)目標とか(遠近関係なく)夢とかし
っかり持っていれば、それまでの道程は結
構「明日は明日の風が吹く」方式でもいい
んじゃないかと、かすかに、ほんとにかす
かに思えるようになってきた。

と同時に、「明日は明日の風が吹く」方式
を取るにも、『かなりスキルがいるんだな
あ』ということが分かった。

なんてたって、その時吹いた風に臨機応変
対応して行かなければならないし、懐も大
きくなければならない。

つまり「明日の風」を即座に分析して対応
策を立て、そく実行しなければならない。

こりゃ、たいへんだ。

計画を実行できない自分にひとりでイライ
ラしてる方が楽かもしれない。

でも、生産性から言うと、あきらかにスキ
ルを持っての「明日は明日の風が吹く」方
式の方がいいに決まってる。

明日はどんな風が吹くんだろう。