BLOG
続、編集スタジオから。

今日も、14時間ぶっとおしで作業したぞ。

そんなハードワーカーのソルジャー達。

制作プロデューサーの一法師さんと、昨日
に続き2日連続登場の今回の立役者、必殺
編集人の西山さん

一法師さんは、余りにも難しく珍しい名
前なので、僕はどうしても覚えられず、
「一本松さん」と勝手に呼んでいる。

一法師さん、あきれながらも「一本松さ
〜ん」と呼ぶと返事をしてくれる。

なんてこころの広いお方なんでしょ。

西山さんはマジで「持ってる」編集人で、
大変助けられている。

聞くところによると、「DOドリツアー」
のビデオも手がけてくれたらしい。

どうりで、出演者の名前をほとんど言える
わけだ。

しかも一法師さんを「一法師さ〜ん」と
呼べるすごいひと。

僕とお二人とは、年齢こそ20歳ぐらい離
れてるとはいえ(一本松さんのお母様は、
僕と3つ違い)なかなかの苦労人なので、
話しが通じて楽しい。

だからスタジオ作業はたまらない。

そんなこんな、てんやわんや、てなもんや
三度笠で、DWL2011のビデオ編集、「銀
河への船」まで終了。

「ま、まだ、半分ぐらいしか終ってないよ
〜」とは、映像の中のよしだみの言葉。

長い道のり。

でも、頑張るのだ!