BLOG
この真剣な眼差しが。

最高のパフォーマンスを生み出す瞬間を物
語る。

「眼差し」って書こうと思ってたのに「メ
ザシ」ってうっちゃたよ。

えにうぇい、

JUONのギター録りを敢行。

いいギタリストほど、エフェクターを通さ
ない音に説得力があるね。

彼も、エフェクター使うけど、僕のリクエ
ストでダイレクトにケーブルだけつないで
録音したのね。

そしたらすんごくいい音録れちゃって、僕
、大満足。

よしだみも絶賛のパフォーマンスでした。

よしだみみたいに歌うために生まれてきた
人とか、JUONみたいにギター弾くために
生まれてきたひとに、なんでかジェラシー
が湧いちゃうね。

これを数式にすると

     「よしだみ−歌=0」

だし

     「JUON−ギター=0」

なわけで、僕みたいに、なんだかんだあわ
せ技でなんとかかんとか生きている人間、
つまり数式にならないものにとって、二人
のような音楽の神様とともにあるひとのそ
ばにいると、逆に燃えちゃうんだよね。

う〜ん、負けるもんか!

だから、その後ベース録音だったんだけど
、なかなかいいベース弾けたと思うんだ。

ま、よしだみは、帰っちゃってもうそこに
はいなかったけど。

は、ははは、は、それはよしだみが僕のベ
ースを信頼してくれてるってことで。

あるいは、詩を書くことに集中してて忙し
いってことで。

ふう。

レコーディングになると、いつもよりセン
シティヴで、傷つき易くて、ひがみっぽく
なる僕なのでした。

あしからず。

この新曲のオケを数式にすると、

「俺様のアレンジ+俺様の打ち込み+大谷
ピアノ+トップガン・ブラス+JUONギター
+俺様のベース=ちょーやっべー」

おそまつ、からあげ、17歳。