[マサブログ] 有楽町小旅行。

オーバーヒートしっぱなしの頭を冷やすべく、
スタジオを抜け出して有楽町に出掛けた。

「スタジオを出る」という、巨大な罪悪感と
戦いながら。

お目当ては、阪急MEN’S TOKYOにある、
NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA

よしだみとは正反対で、ファッションにはめ
っぽう疎い僕だけど。

前回「自ら」服を買いに出掛けたのは思い出
せないぐらい昔。

年末、KEITA先生からステキなジャケット
from NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA
をプレゼントして頂いて、めっちゃ気に入っ
たので、勇気を振り絞って出掛けた。

(もちろんKEITA先生に電話してから)

現地に着いてみたら、

「あれ!?ここ有楽町マリオン「西武」じゃ
なかったっけ?」

と、浦島太郎状態。

有楽町マリオン「西武」だったはずのルミネ
を何度も出たり入ったり、ビルの下から上ま
で何度も確認したり、TOHOシネマズでやっ
てる映画を横目でチェックした末、ようやく
「阪急MEN’S TOKYO」を発見。

なんとか5Fに辿り着くものの、フロアー案内
を見て唖然とする僕。

「うわ~、ワンフロアーでさえ、こんなにい
っぱいのブランドの店舗があるんだ~」

目をくるくる回しながらやっとこさ辿り着い
た「NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA」

KEITA先生が電話して下さったのはもちろん
でしょうが、スタッフの皆様の「親切かつ忍
耐強い」対応で目的のスーツをゲット。

だって、僕の質問と言えば、

「あの~、シャツはまだズボンに入れちゃダ
メなんですか?」とか、

「この色に合うのは、どの色ですか~?」と
か、

「いや、全部コーディネイトしてください!
そのまま着ますから!」

なんていう、ファッションどうのこうの以前
のレベル。

仕舞には、

「最低2,3年は着れるものがいいんですけど~」

なんていう、ファッションビジネスの大敵的発
言。

ごめんなさい。

そんなわけで、逃げ帰るように、でも、エスカ
レーターでご丁寧に一階ずつ降りて、見事に入っ
てきたのと反対側から出てしまって、有楽町マ
リオン「西武」だったはずのルミネを半周しな
がら迷子になった、中村正人でありました。

その時、僕の頭の中には、煌々とこのサインが
点滅。

「スタジオから出るのは危険!!!」

URL

https://dreamscometrue.com/blog/2015/01/09/7895/trackback

  1. 教訓☆☆☆ 「スタジオから出るのは危険!!!」なぁんて教訓、生まれちゃいましたね いやいや、気晴らしは必要です。 是非、たまにはお出掛けを! 迷子のマサさんのご案内しますのに~と言い…

    送信元:毎日☆ドリと共に***

    trackback time 2015.01.09 11:58:45

トラックバック・ルール肩の力を抜いて、お気軽にトラックバックしてください。

た・だ・し、以下のようなブログからのトラックバックは掲載できません。

(その際にトラックバック元へはご連絡いたしません)

  • 物品・チケットなどの販売、貸し借り、譲り渡しをしているブログ
  • 著作権・肖像権のあるものを無断で掲載しているブログ
  • 悪質な内容(宣伝、売名、勧誘行為など)を含むブログ
  • 他の利用者に迷惑な内容を含むブログ
  • その他、イベントやコンサートのツアーなどに関して“ねたバレ”となるような内容や、人物の顔写真など不適切と判断される内容を掲載しているブログ。

当サイト上のテキスト、画像、映像等の著作権はMasato Nakamuraに帰属します。

Masato Nakamuraの承諾無く転用、転載または複製することを禁じます。

© Masato Nakamura / DCTentertainment ALL RIGHTS RESEREVED.

PAGETOP