BLOG
「上げ潮」だった楽曲制作が。

ちょいと「引き潮」に。

本文と写真は、ちょいと「潮関係」で関連あ
り。

それは、僕がよしだみへのプレゼンの段階か
ら、サビの長さを「5小節」短くしたがゆえ。

たかが「5小節」されど「5小節」。

作曲家/アレンジャーとしては、これが「猛
烈」か「並」かの分かれ目なので強く主張。

とはいえ、ドリカムの作品は、よしだみの詩
と歌唱しだいということは明らか。

だから、ゆえに、悩みまくり。

「歌を入れてみないと、本当に本当のところ
は判断できない」

作品とはそういうこと。

あの「LOVE LOVE LOVE」だって、エンデ
ィングの「LOVE LOVE 愛を叫ぼ~」の合唱
は、レコーディングが全て終って完成した後
にひらめいたフレーズ。

ドラマスタッフへのプレゼン段階では存在
すらしなかったパートだ。

ところが、あのパートが、脚本にまで影響を
与えたというのは後で聞いた話し。

ドリカムとしても、あれがもし無かったら
「猛烈」な曲にはなってなかったかも。

でも、「依頼者」にプレゼンでそれを伝える
のは、両者にとってとてもとても厳しい状況
に陥ることを意味する。

なぜなら、どちらもプロとして「命を懸けた」
仕事だからだ。

「やってみないとわかりません」

「はあ」

ではなぁ。

さあ、こまった。

検証するにはあまりにも時間がない。

さあ、こまった。

音楽の神様、今、どこにいますか?

よしだみ、ガンバレ!