BLOG
3月9日は、「サンキュ.の日」

いろんな人に、いろんなことに、いろんな出
会いに、「サンキュ.」と言いたい一日。

朝から、ラジオから、ドリカムの「サンキュ.
が流れてきます。

この曲、最初よしだみから受け取ったときは、
ホントどう解釈してよいか分からないメロデ
ィーでした。
(LIVE MONSTERでもコメント済み)

それほど自由で、いままでの常識にとわれな
い斬新メロディーでした。

アレンジャーとしてはどんな風にこの曲を届
けるかさんざん迷ったあげく、JAZZ ギター
のイノベーターであるパット・メセニー風に
仕上げようと考えたのです。

よしだみのメロディーも、パット・メセニー
が創造した世界も、すがすがしく風が吹き抜
けるイメージがあったからです。

当時の音楽業界では、この組み合わせはあり
得なかったのですが、まさによしだみのメロ
ディーが奇跡を生む切っ掛けになったのだと
思います。

そんなよしだみの新しいマル秘ヘッド・ホン
の画像。

「AUDEZE LCD-3」

恐ろしく良い音がします。

スタチャに管理を任せてくれたのを良いこと
に、LIVEや新曲達のMIXで大活躍。

エドさんも大推選の逸品。

エイジングも佐々木名人によって丁寧に
行われました。

エイジングとは、実際使用する前に、あらゆ
る音楽ソースを長時間注ぎ込み、このヘッド
ホンの機能が最大限に活躍できるように準備
する作業。

いわゆる「慣らし運転」。

参考までに、ウィキペディアにはこうありま
した。

「特にスピーカー及び大電流を扱うアンプ部
において顕著な効果がある。スピーカーのエ
ネルギー効率は大変低く、ほとんどのエネル
ギーは空気へ伝わらず、縁の部分を経由して
スピーカーボックス等へ逃げ、最終的に熱エ
ネルギーに変わってしまう。スピーカーにお
けるエイジングは、この縁の部分を実際の使
用で劣化させる事により、フォノン伝達を阻
害させ、空気振動へのエネルギー変換効率を
上げる事が目的である。」