BLOG
シェリル・リン 様を見てきた!!!

ビルボードライブ東京

気がつくとテーブルの反対側には、
1992年以降姿を隠している、
シェリル・ミワリンが来ていた。

『それにしても吉田美和に似てるなぁ』

で、

ああ、永遠の僕の女神様。

そして、僕のDNAレベルから完全に絡み付い
ているシェリル様の歌声とサウンド。

彼女のライヴを見る度、「もう思い残すこと
は無い!」と思ってしまう。

バンドも素晴らしかったぞ!

手弾きのシンセブラスやストリングスの威力。

凄まじい音楽的破壊力。

そう、70年代終わりから80年代はみんなこう
だったのだ。

この手弾きのシンセ感をプログラミングで再
現するのは一生の課題。

きれっきれの演奏。

16分音符の刻み。

ダイナミクスを考えながらのシンセストリン
グス。

タイト極まるドラムとベース。

シェリル様を盛り上げるバッキングヴォーカル。

どれもこれも「たまらん、たまらん」

「オレもシェリル・リン様みたいになりたい!
シェリル・リン様みたいなライヴがやりたい!」

大学生時代に見た夢は、まだまだあきらめな
いのだ。

『ガット・トゥ・ビー・リアル』が収録され
てる、アルバム『シェリル・リン

絶対に聴きましょう!!!

僕はアナログ時代も含め、このアルバムがリ
イシューされる度、CDショップで見つける度、
同じアルバムを全部で11枚買いました。

これからも、買うでしょう。