炎の写真家

 「天王山(1003)シングル」用のアー写撮影したって報告済みなんだけど、今回写真を撮って頂いたのは、1995リリース「DELICIOUS」のジャケ写以来のなが〜いおつきあい、炎の写真家、M.HASUIさん。

 衣装の色が分からないように(だって楽しみは取っておきたいでしょ)白黒でUP(撮影 by 自分のデジカメのモニターに保護シートを貼ってないドシロートちゃんのA嬢)

 HASUIさんのアイデアで、トランポリンの上に立っての撮影もあり。

 バランスを取ろうとすると逆に肩の力が抜けて、普通の撮影方法では得られない自然な表情が出て、ナイスショット連発。だからM.HASUIさんは天才。

 吉田さんはその意図を知ってか知らないでか、トランポリンでぴょんぴょん跳ね過ぎ。その動きにあわせて見事にカメラを上下させるM.HASUIさん。そんな二人を見ていた僕が酔ってしまうという情けなさ。

 だからM. HASUIさんとのセッションはいっつもエキサイティング。

 実際「DELICIOUS」の時の水中撮影だって、真冬のニース(誰だ!冬のニースがカリブのように暖かいと勘違いしてたヤツは!)の激冷えプールで(家庭用ガス湯沸かし器につないだ細いホースからお湯ちょろちょろのみ)何時間も撮影してたもんだから(何故か僕はいっつも最初に潜ってプール底ポジション担当)、みんな低体温症ギリギリまでいってしまった命がけの撮影だった。

 もちろん、M. HASUIさんのせいではないから、あしからず。

 そんなM. HASUIさんは実はDWL男。DWL関連の写真集やパンフレットなど数々の名作を残してくれている。

 チャンスがあったら、(はいはい、本棚ひっくり返して〜!)見てみてみてね。

 最後に、やっと言える今日の合い言葉   「トマーテ!」

★業務連絡★ その1

(「かぼす」のメンバー、ムトゥOnly)

ギター練習しておいて下さい。僕は練習済みです。本番は1830開始。他の出演者に迷惑かけないよう時間厳守で。会場は、ell.FITS ALL。シクヨロ。

★業務連絡★ その2

(DWL2007名古屋ワンダーベイビーズOnly)

「何度でもLOVE LOVE LOVE」練習しておいて下さい。0901と0902、一緒にパフォーマンス出来る事、楽しみにしています。会場はナゴヤドーム。挨拶は何時でも「おはようございます」。シクヨロ。

うならせて頂きました!

 ドリカムの1003シングル「ア・イ・シ・テ・ルのサイン 〜わたしたちの未来予想図〜」の愛称(?)を募集したら、さっそく沢山のアイデア、頂きました。

 ドリブロガーの行動力には鉄棒、いや、脱帽。

 しかも、スタジオ・ジブリさんにトラバーユが決まったという噂のヨヨヨまで。ほんと、みなさん、あっざーっす。

 で、採用はドリボードNo.52016の「さーぴょんさん」

以下、ドリボからのコピペ。

★ ★ ★

「1003」←てんおうざん→てんのうざん→『天王山』

『天王山』→豊臣秀吉と明智光秀の戦い!!

「勝負の日」ということで・・・『天王山シングル』はどうですか!?

大河ドラマ系の呼び名ですけどぉ(^ ^;) ご検討くださーい!!(^0^)/

★ ★ ★

 「上手だね、上手だね、上手だね!(小松政夫さん風味でお願いします)うならせて頂きました!」

 それでは解説です。

 「10」を「テン」、次の「0」を「オー」、そして「3」を「サン」と読んだ時点で、秀逸。僕も負けじと考えたが、この読み方は目から鱗。

 次に、このシングル、表題曲の他に「未来予想図」「未来予想図II」も収録するという、脅威の反則技を使ったシングル。まさに、スターウォーズもスパイダーマンもX-メンもビックリの、「未来予想図トリロジー」。

「ちっちゃい会社」の運命が掛かった、まさに天王山のようなシングル(って、毎回リリースの度に運命掛かってるんですけど、ふ〜)。

 最後に、僕は大河ドラマ「風林火山」にハマリまくり中(内野聖陽さん、市川亀治郎さんはじめ、役者さんがすんばらしい。Gacktさんはめちゃカックイイし、柴本幸さん演じる由布姫にメロメロ)。

 ってな訳で、僕のハートをがっつりロックしてくれました。

 『天王山シングル』、どうぞシクヨロ!

★ドリカムなかよし通信★

今朝はお電話ありがとうございます。寝てたような声でしたか?ほんとに起きてたんですが。リクエスト頂いた箇所、もとに戻しました。その他に、

1)オプションでPre.INTを足した。

2)エンディングを作った。

3)Cメロのコードを詰めた。

4)ドラムパターンを改良した。

5)C2の後のセクションの前半、ピアノを抜いてみた。

以上です。今日も良い一日になるように。

あ〜、今日もなかなか忙しかったよ。

 映画「未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜」のオフィシャル・コメント収録と、1003シングル(こんどはなんて呼ぼうか。ドリブロガーからアイデア募集)のプロモーションのためのアー写(一般業界人は“ア写”と呼ぶらしい)撮影と、肝試しみたいな恐怖のプリプロと、
WHAT’s IN?のインタビュー(みんな毎月、読んでるよねぇ)。

 で、WHAT’s IN?のインタビュアーは、もちろん、平山雄一さん。

 DWL2007をずっと追っかけてもらっている(「ドリカムの夕べ in さぬき」にも来てくれたんだから)。

 音楽評論家/ライターの大御所。こわ〜いお方。昨年、R25の名文を書いてくれたのもこのお方。

 ご自身でもテレビ/ラジオ番組を持っていたり、CDやイベントのオーガナイズ/プロデュースもしちゃうお方。

 大ベテラ〜ンなのに、お気に入りの音楽は、“やんちゃ”で“過激”で“アバンギャルド”。

 だからWHAT’s IN?のMy Recommend Discでは、一度もドリカムを取り上げてくださらない、音楽に関しては絶対自分に嘘はつかないお方。(音楽以外ではどうなのか、知りません)

 結論。「平山さん、僕は尊敬してます。」

 なんか近々ブログを始めるという情報をキャッチ。楽しみです。

★ドリカムなかよし通信★

吉田さん、今日OK頂いたアレンジなんですけど、あれから少し進みました。ヴァージョン・アップは次の4点です。

1)Bメロのコードが格段に良くなった。

2)一番と二番の間にRe.INTを四小節入れた。

3)Cメロに対旋律を追加した。

4)Cメロの後半、もっと良いフレーズが思いついたので変更した。

明日、録り直したデモ届けます。よろしく御願いします。

0828は皆既月食が見れるって皆大騒ぎなもんだから、

 僕もウキウキワクワクしていたら、東京の天気予報は曇り。

 「え〜、今だったらこんなにキレイキレイなのに〜。んったくぅ〜。」

 皆既月食のスケジュール変更を申し出るのはあまりにも恐れ多いので、頭の中でバーチャル皆既月食を楽しむ。

 子供の頃、皆既月食を“怪奇”月食だとすっかり思い込んでいて、皆既月食の度に、古代人のごとく恐れおののいていた。

 それじゃなくても“月を食う”んだよ。ああ、恐ろしや、恐ろしや。

 改良した新曲、結構イケてて自分では自信あるだけに、明日の「なか・よし共同プリプロ」で吉田さんに再度聞いてもらうのが、逆に、恐ろしや、恐ろしや。

 これもまた一度没った(没ってばかりだなぁ)吉田さんの新曲のアレンジ。ダメ元で全然違うアプローチで始めたら、なんかかなりカッコ良くなっちゃってヤバイ。

 でも吉田さんに聞かせるなんて小心者の僕に出来るかどうか。恐ろしや、恐ろしや。

 そんな何もかもビビってる(もちろん恋愛にもよ)僕は、どんなことがあっても直ぐにケロッとしてしまう(表面的にはよ)「そんなの関係ねぇ!系」のA嬢が、羨ましくも恨めしくもある。

「ああほんとに、恐ろしや、恐ろしや。」

★業務連絡★

yorimo の9月の「今月のひと」に、教授こと坂本龍一さんが登場するそうです。すんごい楽しみ。もちろん僕のブログと教授のブログを比べる事なんてしないよね。あのぉ〜、コンセプトが違いマスカラ。教授のは「schola:skmt」(スコラサカモト)」のネーミングが示す通り、格調高いブログ。僕のは、雑文でスカラナカムラ。

車窓から

 「ドリカムの夕べ in つがる」の会場、地球村に行く途中、車に同乗していた取締役のM嬢が「まささん、津軽富士ですって!シャッターチャンスですよ!」と突然叫んだので、「ホンマかいなぁ〜」なんてちょっと面倒くさそうな声で返事しながら窓の外に目をやると、余りにも美しい山が目に飛び込んで来て、声のトーンとは裏腹に50回ぐらいシャッターを押していた。

 つまり50枚以上の写真の中から1枚選ぶとすればコレかなぁ。

 構図的には平凡極まりないのだが、手前に広がる田んぼと、遠く農家から立ち上る煙と、津軽富士(岩木山。標高1625m)に掛かる雲という美味しい三要素が(偶然にも)ゲット出来たのでコレ。はい。

 走る車から、しかも窓越しに撮影したので、『みんなブレてるかなぁ』
なんて心配していたが、僕の最新デジカメ「T100ちゃん」のおかげでバッチリ。

 えっ?言ってなかったっけ?

 デジカメ、また買っちゃった。もちろん「T9ちゃん」も現役続行中。

 自分でも『だめだなぁ〜』って思うんだけど、新型が出るとどうしても欲しくなっちゃうんだよ。デジモノステーションの愛読者なら分かってもらえると思うんだなぁ。

 衝動買いはしないよ。散々考えるんだもんね。ベッドやバスルームにデジモノステーションはじめ新製品関連雑誌大量に持ち込んで、100年ぐらい考えるんだもんね。

 だから、いつも決断のタイミングが遅過ぎて、次の新製品の発表寸前に旧新製品(?)を購入して悔しい思いをすることが多々ある(だってデジモノのサイクル、早いから)。

 だから今回は早めの決断。

 それにしても吉田さんといい、母上様といい、M嬢といい、みんなドリブログの写真のこと心配してくれてて、有り難いなぁ。

 えっ?A嬢?

 最近はドリブログに飽きちゃったみたいで「無関心系」。「俺ドリ」出したら満足しちゃったみたいで「わたくしの仕事はここまでですからホホホホホ系」。今風に言うと「そんなの関係ねぇ!系」

 昨日だって、メール送れない環境だって知ってるのに僕に何の連絡も無し。事実、UP遅くなっちゃったでしょ。夜中の2時には書き上がってたんだよ。

 なんだかなぁ〜。

 でも、いいんだモンチッチ。吉田さんをはじめドリブログ愛読者(ドリブロガーと読む)のために頑張るんだモンチッチ。

また空の写真をゲットしようとワクワクしていたら、



ドリカムの番長(吉田美和と読む)のジャージについてるビーズが、空の光を受けて、謎の暗号を浮かび上がらせた。







 実を言うと、僕は元ジェダイの騎士だったので(えっ?知らなかったの?)この手の暗号を解読することなんて、お茶の子さいさい DE 朝飯前。(は、ナニ飯?)



 「そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!(吉田さんはコレが流行ってるのを知らない)」



 では、解読開始。



 「ツガル ノ ユウベ ハ ダイセイコウ カンゼン ホショウ」



 やりました!今日は朝から縁起が良いぞと、やる気165%増量。



 その結果は?



 はい、ドリボーダーやトラックバッカーで報告出来る人は(ネタバレしないように注意しつつ)お願いします。 



 だって、ドリコンが成功か失敗かは、足を運んでくれたあなたに決めて頂くことなのです。



 あくまでも僕個人の見解を言わせて頂くなら、「ダーイ セーイ コーウ!」



 津軽富士、真っ青な空、所々ちょっぴり秋の雲、眩しい緑、夕日とお月様のコラボ、日が落ちるとともに吹いた風、虫の声。



 つがる夕べベイビーズだベイビーズ、花丸エスト! @ 地球村



★業務連絡★

新曲のデモ、吉田さんに聞いて頂きました(おそらく2回)。

で、一言。

「地味じゃない?」僕、しょんぼりエスト。ちょっとアドバイスをしてくれたので改良型で近々再チャレンジ。だって、僕この曲、どうしてもやりたいんだモンチッチ。


どうやら間に合った、新曲のデモ。ふ〜。

 ドリカムのリーダー(番長と読む)、吉田さんから花丸がもらえるか、あえなく没にされるか、ドキドキがプラスされた「ドリカムの夕べ in つがる」いよいよ開催。

 あらためてDWL2007.com内の[〜ドリカムの夕べ〜開催に関するご注意]を熟読の上、ご来場下さい。

 ドリボードでチーム青森からの貴重な情報(あっざーっす!)も含め、準備完璧印でお願いします(特に暑さ/寒さ対策、水分補給対策)。

 会場内のお店も混雑が予想されます。会場に入る前にゲット出来るもの(飲料水、食料など)は可能な限りゲットしておいてください。

 あっ!新曲どんな感じか知りたい?

 んじゃぁ、写真でUP。

 後ろに写ってる画面が新曲。僕の仮歌の音声データ(上の方の赤いヤツね)も惜しげも無く露出しちゃいました。

 その前に写ってるのは、母上様から頂いたNEWイヤッシー(元祖イヤッシーの頭上)とイヤッシー・キャンドル。

 このNEWイヤッシーの本業は脱臭剤/乾燥剤/芳香剤らしく 「靴の中などに入れてご使用下さい」と使用方法が書いてあったが、こんなかわいいのを靴の中に入れてしまうのは、ちょっと心が痛む。

 よって、スタジオに配置換え決定。で、連れて来たわけ。

 キャンドルは火をつけたら中にいるペンギンくんの運命が危ぶまれるのでこのまま飾っておくことにした。

 それにしても、なにげに「ドリブログのネタにでも使って」と言ってお土産を買って来てくれる母上様に、感謝、感激、雨、アラレちゃん、んちゃ。

 もちろん今日のライヴ、全身全霊込めまくり完全保証。

 「つがる」には来れない「チーム・しとしとぴっちゃん」のあなた、ハヴァ ナイス ウィークエンド!

★業務連絡★

ヨヨヨが更新してます。クリックしてあげておくんなましまし、ミズスマシ。

毎度、ドリブログ、ご愛読ありがとうございます。

 「そんなあなたに質問で〜す。」

 まさかドリブロガーだったらあり得ないと思いますが、万が一、ということもあります。ウッカリしてた、ということもあります。拠ん所無い事情、ってこともあります。

 が、BUT、しかし、このDVD、まだ買ってないなんてことはないでしょうね?

 既にゲット済みのあなた、花丸エスト!何も言う事はございません。

 えっ!ええ〜っ!あなたはまだ買ってないの〜!それ、マズいっす。ヤバいっす。どういうことっす。そんなドリブロガーに育てた覚えはありません。

 David T. Walker様(ドリブログ20070410を“熟読”のこと)を知っていようがいまいが、全然問題ありません。考えなくても結構です。悩む必要もありません。

 「直ちにゲットしてくださ〜い!」

 DVDの内容は、もちろんノー・ダウト DE 超モスト最高エスト(ドリブログ20070511を“精読”のこと)。

 しかも、ジャケットやブックレットも思いっきり充実。

 だって、貴重な写真満載だし、David T. 公認webサイト「Mr. David T.」
の管理人、ウエヤマシュウジさんの究極のライナーノーツも載ってるし、ジャズ/フュージョン/R&B/ソウルミュージック評論のスペシャリスト、熊谷美広さんによる僕の(対談みたいな)インタビューも載ってるし。

 ああ、泣ける。何回見ても、泣ける。ブックレットの表紙だけでも泣ける。

 「だから〜、あなたと〜、この感動を、シェアーしたいんだニャ〜、ゴロゴロ。」

★ドリカムなかよし通信★

吉田さん、おはようございます。新曲のデモ、青森に間に合いそうです。お忙しい事とは存じますが、よろしかったら、最低2回は聞いてもらえますか?よろしく御願いします。

ケモちゃん

 ライヴやら、撮影やらで、ポンポコマイ(テンテコマイより少しだけ忙しい状態を表す)なスタイリストのケモちゃん(は、グッ!)。

 ケモちゃんは隠れドリブログ・ファン(別に隠れなくても良いんだけどなぁ)。

 そんなケモちゃんは、ヨヨヨの新聞社とライバル関係にある新聞で連載を持っている(ずっと以前、ドリブログでほんのり匂わせたよね)

 コンセプトは、登場する著名な方の夢を叶えるスタイリングだそうだ。ケモちゃんのアドバイスは大人の男の人にはホント参考になるので、機会があったらみてみてみてね。

 で、はい、ご明察です。

 今日はとある有名紙の撮影あーんどインタビュー。しかもとあるアーティストさんと共演。

 吉田さんもそのアーティストさんもめっちゃカッコ良くて、スタイリッシュでモデリッシュ(?)。

 そんなお二人に比べて、こういう現場になるとビビリ・マン丸出しの僕は、気後れしてしまって、「シマッタ!」

 結果、立っているのでさえぎこちなくなって、ちょっといやな汗かいちゃいました。

 カメラマンの方も13、4年ぶりなそうな。詳しくは後日。

 明日はスタジオ。

 吉田さんに「新曲書いてるんだ〜、ゴロゴロニャ〜」と言ったら、「どんな曲かいっぺん聞かせて。でないと進めちゃダメ。今年は私がリーダーだって言ったでしょ!」と厳しいお言葉。

 「また没覚悟で、頑張るニャ〜。」

★ドリカムなかよし通信★

だから吉田さん、詩は乗せにくいメロディーだって言ってるじゃないっすか。そこをなんとか、ねぇ。

「一日スタジオで作業だし、ドリブログにUPするヤツはないなぁ〜」

 なんてボヤッキーながらiPhotoにどっさり貯まった写真をなにげに見ていたら、こんなのに出くわして面白かったのでUPしちゃおーっと。

 ねっ、なかなかでしょ。

 ドリブログのトップページ左上にある最新アー写と比べると、ほんと、別人28号(うわっ、使い古されてるけど使わずにはいられない悲しい性)

 約2年前、「SUNSHINE」のミュージックビデオを撮ったときの僕。

 まだドリブログ始まってなかったから、何の疑いも無くピースサイン。しかも、日付入り。

 なんか「SUNSHINE」リリースしたのなんてつい最近だと思ってたから2年も前のことだなんて、びっくりしたなぁ、もう(うわっ、またやっちゃった)

 思い返すとパーカッションの大儀見さんと出会ったのもこの曲がきっかけだった。ミュージックビデオにも出演してもらったし。

 時の経つ早さにビックラこいてたら、4年後のDWL2011のことで頭が熱くなってきた。

 DWL2011のことで熱くなった頭は、2012年の金環食まで考え始めてしまって、も〜どうにもとまらないっ(うわっ、これで終わりにします)

 「まったくぅ、何を考えてるんだろう、僕はぁ。DWL2007でさえ折り返し地点に近づいて来たぐらいなのに・・・。えっ!折り返し地点?もう、オ・リ・カ・エ・シ・チ・テ・ン?!」

 やばいっすぅ!どういうこと?

 たった一枚の写真が、とてつもなく僕を焦らせるのでした。

★今日のドリブログ教訓★

 「UPする写真は、撮りたてに限るんだなぁ」

PAGETOP