2007年9月30日に綴る

 吉田美和の最愛のパートナーである末田健監督が、2007年9月26日16時15分、胚細胞腫瘍で亡くなりました。

 まだこの世に生を受けて33年しか経ってないのに、何かを急ぐように、次の世界に旅立ってしまいました。

 ドリカムの20周年に向けて、末田監督にしか撮ることのできない吉田美和の長編ドキュメンタリーを作ろうと、あんなに張り切っていたのに、昨年末から着々と撮り進めていたのに、完成を見ることなく逝ってしまいました。

 ドリカムワンダーランド2007の開始と前後して、容態が急変し緊急入院となりました。

 ご両親や吉田の昼夜ない必死の看病のもと、末田監督は、強い意志と強靭な精神力で病気と闘いました。

 吉田がこのような状況で国立競技場公演までやり通せたのも、「ドリカムワンダーランドの最終公演まで、どんなことがあってもステージをしっかり勤め上げる」という末田監督と吉田の約束があったからでした。

 吉田も、末田監督の回復を強く信じて、一公演一公演、渾身の力を振り絞って歌い、踊り、走りました。 

 それに対して僕は、ただふたりを見守ることしかできない自分の無力さに、打ちのめされる日々でした。それは、たった今も。

 末田監督や吉田と一緒に、世界中いろんな所に旅して出会ったいろんな出来事、NEW YORKで3人だけで機材を担いで手作りした「もしも雪なら」のミュージックビデオをはじめとする数えきれないほどの撮影、どんなときも穏やかで微笑む末田監督の顔が、溢れるように僕の瞼に映ります。

 そうしてるうちに、吉田の心の一端に辿り着いた時、その限りなく深い悲しみに包まれた彼女の心を思うと、僕の胸は張り裂けるばかりです。 

 スーくん。

 「ア・イ・シ・テ・ルのサイン 〜わたしたちの未来予想図〜」を、スーくんに捧げます。たとえスーくんと吉田が別々の世界にいようと、ふたりのアイシテルのサインはお互いに届いていると信じています。

 だから、どうか、吉田を見守ってください。吉田がスーくんに触れることができなくても、彼女が歩き出せるよう力をください。できたらいっつも吉田のそばでうろうろしていてください。

 僕は、吉田がこの歌をまた歌える時がくるまで、静かに待ちます。

 スーくん。

 僕も遅かれ早かれそっちに行きます。それまでは寂しいけど、ちょっとさよならです。

 スーくん。

 ほんとに、ありがとう。またね。

業務連絡

ドリブロガーのみなさんへ。ドリブログは暫くお休みさせて頂きます。勝手を言ってゴメンなさい。でもテレパシーは飛ばし続けます。

親愛なるドリブロガーのみなさん。

 いつもアクセスしてくれてありがとう。

 「ドリカムの男」が、気ままに綴るブログを読んで頂けることに、感謝しない日はありません。

 なんせこの日記は、「ドリカムやDCTgardenに集うアーティストに触れるチャンスを少しでもつくりたい」という願いでやってますから、できるだけ本当の自分の気持ちを、しかも真っ直ぐに表現することを鉄則としてきました。でないと、みなさんの心に触れることなど、とうてい出来ません。

 しかしながら、ここ数ヶ月、ある重大な理由で、本当の気持ちをひたすら隠してドリブログを綴らなければなりませんでした。

 これは、ある意味において、ドリブロガーのみなさんを裏切っていたのではないかと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 残念ながら、その理由となった事柄について、僕の想いを綴らなければならない時がやってきてしまいました。

 こんなドリブログだけは絶対に綴りたくありませんでした。

 今夜中には書き終えたいと思っています。ほんとうに残念です。

あの、そんなつもりじゃなかったんすよ。

 ドリカムの新曲DWL2007の国立競技場最終公演でもYahoo!のトップページのトピックス欄で紹介されたことないのに、これは、マジで、かなり、マズいっす。

 あの、ほんと、「複雑」ったって、文句言ってるんじゃないっすよ。

 大事な所は、「1位に選ばれて嬉しい!」ってことで、あとは、ほら、シャレですから。

 自虐ネタ系、っていうか、僕一流の語り口系っつうか。

 ドリブロガーなら分かりますよねぇ。そもそも、僕は、いつも言うことにかなりシニカル味、入ってるじゃないっすか。

 まあ、それが「ダース・マサー」と言われる所以なんですけど。

 でも、「公」の場になると、こんな感じになるんですね。微妙にニュアンス、違いますよね。

 ああ、どうしよう。これでドリカムの好感度落ちたら、吉田さんに何と申し開きをしよう。

 NEWシングル発売直前の大切な時期ですよ。このシングル、ドリカムにとって、名実共に「天王山シングル」なんすよ。

 ってなわけで、ブログルのがマッチモアザンビビリバビデブーになってしまった「中村正人(だんなぁ、アメーバニュースさんも、Yahoo!さんも、名指しですぜ!)」ことドリカムの男のほうでした。

 しおしおの、ぱ〜。

ドリブログなので大声で言おう。

 ビデオリサーチ2007年8月度「テレビタレントイメージ」女性タレント人気度1位はDREAMS COME TRUEだそうだ。

 1位マニアの僕は、たいへん嬉しい。嬉しいけど、寂しい。寂しいけど『ああ、よかったなぁ』と心から思う。

 まさに「うれしい!さびしい!よかったなぁ!」

 つまり、

1位=DREAMS COME TRUE>女性タレント=吉田美和

という式がなりたち、よって1位は中村正人ではないという結論が導き出せるからだ。

 でも、吉田さんが1位なんだから嬉しい気持ちは確かなわけで、なんか複雑だなぁ。

 あっ、わかった!

 ビデオリサーチさんの「DREAMS COME TRUEが女性タレントである」という定義が、そもそも僕の心を分かりにくいものにしているのかもしれない。

 定義といえば、ドリカムはメディアでユニットと呼ばれる場合が多い。実は僕ら二人はこれに密かに反発している(だが、決して公では反発しない。なぜなら僕がビビリバビデブー)

 でもここはドリブログなので大声で言おう。

「ドリカムは、バンドだーーーっつうの!」

 もちろん広辞苑やWikipediaで調べると『間違ってないなぁ』とも思うんだけど、ユニットって呼び方、なんか「ある目的のために一時的に組んだグループ」っていうニュアンスがあるような気がしない?

 でもバンドは「オレら、一生かけて、一緒に夢追いかけるぜっ!」て感じがして、ドリカムはこっちなんだよなぁ。

 ねぇ、吉田さん!(でも1位、理屈抜きで嬉しいね!あっざーしたっ!)

 ってなわけで、「天王山シングル」シ・ク・ヨ・ロのサイン。

an・an、みてみてみた?

 ちなみに、この写真は吉田さんがそん時履いてた靴。

 靴まで写ってなかったので、ドリブログで特別公開。ねぇ、あのワンピにナイスなコーディネートはこーでねーと。

 さっすが、ケモちゃん、グッドジョブ!(ケモちゃんの犬には噛み付かれたけど)

 もちろん僕、自称「ドリカムの男」は表紙には参加できず。SWITCH現象は業界では当然のごとく必然的常識。

 しかしながら本文中の写真では健闘(してると思わない?)。お寿司のガリのごとく、メインにはなれないけど、なくてはならない存在としての地位をギュリギュリ確保。

 かくなる上は、この生き方を追求するのもまた人生。

 「ドリカムの男」改め「ドリカムのガリ」を名乗ることにした。

 作家中村正人の第二弾のタイトル“のみ”決定!

 「俺もドリカムのガリだ!〜なんとなく美味しい存在〜」、略して「俺ガリ」

 うわさのan・an、DVDまで「♪ついてるねぇ〜、のってるねぇ〜♪」

 ダルビッシュさんの表紙号をゲットした人は、この号もマストゲット。とくに、A嬢。

★ドリカムなかよし通信★

「がんばれ、がんばれ、吉田!うぉーーー!!!」

うしししし。

 ドリカムの男を担当してると良いことあるもんねぇ。

 映画「未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜」のキャンペーンのプレゼントの携帯ストラップ、頂いちゃったもんねぇ。

 これが、結構、かわゆいのよ。ヘルメットもよくできててフィギュア・ファンの僕にとっても納得の仕上がり。うしししし。

 DWL2007の最終日には、松下奈緒さん、竹財輝之助さん、蝶野監督はじめ蝶野組の皆さんが応援に来てくれて、とても嬉しかったっす。

 僕も自主制作ながらも映画製作を少しかじった事があるので、ライヴで「ア・イ・シ・テ・ルのサイン 〜わたしたちの未来予想図〜」を演奏したとき、蝶野組の皆さんがどんなふうに感じたか凄く想像できる。

 できることなら、僕も蝶野組の皆さんと一緒に、この曲を国立競技場で聞いてみたかったなぁ。

 映画「未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜」のサイトに行くと「未来予想図II」のオルゴールヴァージョンが流れてて、コンピューターで仕事をする時のBGMにピッタリっていうのに気づいて、重宝している。

 イヴェントも盛りだくさんのようなので、いっぺん寄ってみてみてね。

 ドリボーダーが「天王山シングル」カウントダウンしててくれて助かってます。

 オリコン4位の壁を打ち破れるか、けっこう今から緊張してます。

 蝶野組のためにも、ドリカム、頑張ります。

★ドリカムなかよし通信★

吉田さん、体調はどうですか?少し心配しています。もちろん1205って言ったのは、あくまでも希望であります。したがってプレッシャーと感じずに、納得のいく詩が降りて来るまでじっくりと待って頂いて結構です。その間、WOWOWやってます。どうぞご心配なく。

「芝さん」

 呼吸するための沢山の穴が開いた、しかも、光を通す素材で出来た特製保護板の下で、72時間じっと我慢してくれた、国立競技場の「芝さん」。

 つまり「芝さん」は、DWL2007のファイナルをずっと見守ってくれたっていうことだ。「あっざーっす」

 遠くには、恐れ多くも点火までさせて頂いた聖火台が、威風堂々と立っている。(報道によると、ミュージシャンとしては初点火だったそうな)

 膨大な数のドリボのカキコ エーンド、ドリブログへのトラックバック、これまたほんとに、「あっざーっす」

 それでもまだまだ夢見心地な僕。

 そんな、“しゃーわせー”な気分でスケジュールを確認してたら、さーっと冷や汗が流れた。

 つまり、DWL2007最終日翌日から、WOWOWの映像制作が始まってるっていうこと。

 あわててスターチャイルド・スタジオにすっ飛んで行くと、エンジニアのR嬢が既に作業してるじゃーあーりませんか。

 ここで質問。

 「あの、僕、NEWアルバム、1205にリリースするって言いましたっけ?」

★ドリカムなかよし通信★

はははは、吉田さん、ドリブログではあんなこと言ってますけど、はははは、ちゃんとスケジュール通り、ははは、やってますから、はははは、心配しないで下さいねぇぇぇ〜ん(泣き笑いでお願いします)。

DWL2007、大終了!

 あー、なんだか夢から覚めない、感じ。

 でもA嬢が送ってくれた写真を見ると、『あー、やっぱり終わっちゃったんだなぁ』と夢の中で実感してる、感じ。

 チーム最終日、もちろん「マッチモアザン花丸エスト賞(金メダルに相当)」。

 6万人の愛しいワンダーベイビーズにウケるためなら、手段を選ばなかった僕のMCについては、「もっと頑張りま賞(警告文に相当)」。

 44万人のワンダーベイビーズのみなさん、ほんとうにありがとうございました。

 そして、昨日発表した究極の「夢かなプロジェクト」、1205発売予定のドリカムのNEWアルバムの完成目指して、頑張ります。

★ドリカムなかよし通信★

 吉田さん、ステージ上でNEWアルバムのお願いをしてしまって、すいませんでした。ほんとにほんとにお疲れさまでした。吉田さんにも「マッチモアザン花丸エスト賞」、進呈いたします。吉田座長!立派でした!

DWL2007@国立競技場、初日

 僕は何の疑いも無く、こう思う。

 『世界の果てまで、6万人の大合唱は届いたはず。』

 吉田さんからは、もちろん、マッチモアザン花丸エスト、頂きました。

 0923はチーム最終日の出番。「何度でも LOVE LOVE LOVE」歌い納め。

 全国のワンダーベイビーズも、それぞれの場所で、それぞれの時間に、是非一緒に歌おう。なぜなら、この想いは、すでに時空を超え始めているから。

 大ファイナル、ありったけの祈りを込めて、あなたに捧げます。

いよいよ、DWL2007のファイナルがやってきた。

 僕は、この国立での2日間のライヴを、DWL2007に来たくても、残念ながら今回は来ることができない、あなたに捧げます。

 6万人の国立ワンダーベイビーズと叶える夢を、テレパシーに乗せて、あなたに送ります。

 そして、4年後のDWL2011で、必ずあなたに会えると、信じています。

PAGETOP