「SPはまだ寒いの?」

ってなわけで、

僕がAIR-G’をワンデイジャックするんだから、

きいてちょ。

で、ちょっと遅いんだけど、

SPACE SHOWER TV

「DREAMS COME TRUE SPECIAL 〜スペシャもドリしてます!〜」

やっと見れたよ。



僕、以前から大注目のVJ「SHELLY嬢」なんだけど、

思ってた通り、

すてっきーなダークさが全開で、

収録すんごく楽しかった。

僕も相変わらず、

「口からデマサト」全開で、

いい勝負だったみたい。

彼女に次の「ドリMV」の出演を約束したんだけど、

ってことは新曲出すってことだから、

いつになるかわからないよねぇ。

「クリちゃん」のお友達ってこともあって、

なかなかファンキーな姫だよ。

実はあっちでもこっちでも出現してるから、

応援したいよね。

そんな「SHELLY嬢」と僕のダークサイド全開のトーク、

チェキラウトしてないひとは、

まだ再放送があるので。

3月31日(火)17:00〜18:30 4月3日(金)21:00〜22:30

んじゃ。

SP、もちろん僕ひとりだから。

「みーみー」は行かないよ。

いまから言っとけば、ガッカリしないでしょ。

「ふん」

うちのハイビスカス、

一個だけ咲いたのだ。



春めいた日の光に輝いてる。

エコパ、いろんなことがあったけど、

すんごいライヴだったと思う。

あらゆる意味で、

お客様の皆々様に感謝。

なんども繰り返すけど、

たいへんな思いでチケットをゲットしてもらい、

たいへんな手間をかけて足をはこんでもらい、

たいへん貴重な時間を僕らの音楽のために使ってもらい、

また、たいへんな道程を帰ってもらう。

友達を誘うのもたいへんでしょう。

ライヴのために家族に協力してもらうのもたいへんでしょう。

仕事をやりくりするのもたいへんでしょう。

一人でドリするのもたいへんでしょう。

体調が万全でないのにライヴに参加するのもたいへんでしょう。

長距離を運転するのもたいへんでしょう。

飛行機や電車やバスを乗り継ぐのも大変でしょう。

それらのチケットやホテルを取るのもたいへんでしょう。

ただただ、帰り道、

そんなことを考えながら東名高速を走りました。

ひとりひとりのベイビーズの帰り道の様子が、

まぶたに浮かぶのでした。

でも、表情は見えないのです。

それは、笑顔でしたでしょうか。

ちょっと不満で、ほっぺが膨らんでいたでしょうか。

それとも、怒っていたでしょうか。

忌憚なきご意見は、

DCTgardenのTOPから「お問い合わせ」まで。

んじゃ。

明日、僕は、SPに、

ニンニキニキニキ。

やっと会えるよ!

エコパのDAY2。

しかも、今回のツアー

各地の会場で、

あの「クラリティ」にも会えるんだよ。



僕らのツアー車と一緒に、

「FCX クラリティ」のトランポ車も「クラリティ」のっけて、

日本全国ニンニキニキニキ。



本物の「FCX クラリティ」だよ。

ドリのツアーは、

いろんな楽しみがあるのだ。

詳しくはココみてみ。

僕が運転した「FCX クラリティ」に触れてみてみ。

うっとりするよ。

で、

今日も、ドリしまくりまくり。

んじゃ。

FOベイビーズ!

今回は、

「あっしの」じゃなくて

「オレのFOベイビーズだぁ〜!うしししし」



FOは天気がよくて、桜満開で、

オレ、ちょう全開ばりばりパラリラパラリラ。

しかも、

サテライト系や公開収録系が多かったので、

沢山の「オレの」FOベイビーズにお会いできて、

うれしゅうござりました。

「平日だったのに、だいじょうびだったの?」

そんなふうに尋ねてみたくなるぐらい、

各場所、集まって頂きました。

写真はその最後を締めくくったイベント。

ブッチさんとKAEDEさんの強力ツインMCのおかげで、

盛り上がったのねんのねん。

「でも、ほんとゴメンネ。オレっちだけで」

というのも・・・

とあるインタビューでも、

「いやー実は、吉田さんにもお会いしたかったなぁ」

って言われて、

そのお気持ちがよく理解できるだけに、

オレ、ぷてぃダウンしたよ。

まぁ、

それが「ドリの男」の生きる道。

んじゃ。

明日は、

エコパでパパラパ〜!

外の桜は引っ込んじゃったけど、

いただいた桜の花束は、

全開ばりばりパラリラパラリラ。



20周年のお祝い。

「寒の戻り」とはこのことで、

TKはめっちゃさぶかったっすよ。

ボク、実は、

こういう種類のさぶさに異常に弱い。

だって、

先週の暖かかった気候のせいで、

からだもこころも春ポジション。

で、

一度春ポジションに入ると、

対さぶさ機能がオフになり、

すっかりダメダメ。

根がファジーじゃないので、

普通以上にダメージを受けるのねんのねん。

だから、

室内で満開の桜にしがみつきたい気分。

みんなのところは、

どうなのよ。

んっじゃ。

今日はFOに、

ニンニキニキニキ。

0324、ZIP-FMは「ドリしまくり!」

一日中ドリDAY。

だから嬉し過ぎて、

はしゃぎ過ぎちゃったかなぁ。

ってなわけで、「ヨロシクメーター/スマイルカウンター」がMAX。



ZIPのスタッフの皆々様から、

すんごいケーキいただいちゃって、

「いくぜぇー!感激写!」

「よしだみーちゃん」には写真でお届け。



リクエストやメッセージもどっしゃりんこりん。

「ジッピーのみなっさーん、あっざーっす!」

特に、寒い中、延々と「ラシック」の前で、

公開生放送のために待って下さったみなさまのことを思うと、

感謝で胸がキュとなってサンキュ。

と言いながらも、朝から深夜まで出させていただいたので、

僕の芸風、

カメレオン。

おなじみ「いいひとぶりっこ系マサ」から「ダークサイド自虐系マサ」、

「ぷてぃエロ系マサ」まで、

一通り踏ませて頂きMAX。

途中、WBCも同時進行で、

さあたいへん。

「あ〜、面白かった」

ラジオはいいよ!

で、僕のニンニキニキニキニンは続くのでした。

んじゃ。

オリコン系のお祝いメッセ、

ほんと、ありがとね。

でも僕の目標は、あいかわらず、

は〜るか彼方、宇宙の彼方の500万枚なので、

それまではぎゃんばります。

「でっきゃい夢を見ることに、遠慮はいらね〜!」

ポジティヴに切れる僕が好き。

壁に画鋲。

この美しき黄金律を、

母上様の部屋で発見。



しかも、

一旦湿った新聞紙が、時間を経て乾いた質感。

「う〜ん、かなり新鮮」

デジタルな世の中だけに、

こういったアナログな風景は、

かえって僕にインパクトと感動を与える。

しかもこの風景には、

0321の朝、見開き全面広告を発見したときの、

母上様の嬉しい気持ちが、

たいへん良く表れている。

つまり、

「あら〜!正人、何も言ってなかったわ〜」

なんてちょっと不満に思いながらも、

「ひさびさの見開き全面カラー広告じゃないの〜」

なんていう嬉しさが、

20年近く、穴一つ開いていなかった真っ白な壁に、

錆びた画鋲で、

新聞紙まるごと一枚貼付けるという行為に走らせたのだ・・・

と、推測される。

20周年だからって、

「ちっちゃい会社」が、

ナイアガラの滝に飛び込むがごとく大奮発して掲載した広告は、

ささやかな親孝行になったのかもしれない。

そんなことを考えてたら、

ドリボーダーからヨヨヨ情報。

また僕になんの予告もなくナニをUPしたらしい。

しかも、

この広告に関する情報だそうな。

んじゃ。

僕は、まだまだ、

「DO YOU DREAMS COME TRUE?」をお知らせするために、

西へ東へ、ニンニキニキニキニンニン。

「大阪ぁ〜!サンキュなぁ〜!」

この2日間、

「ドリボーン」のために、

めちゃでっかくて、めちゃ暖かい「巣」を、

大阪城ホールにつくってくれて、

あっざーした!

まだよちよち歩きですが、

なんとか巣立つことができた気がします。

今の気持ちを忘れず、

沖縄まで全力疾走完全確約。

で、

やっとこさ僕もゲットしたのだ。

ドリNEWアルバム全3種。



すんごい重量感をやっと実感して僕の五感はドッカン。

自分たちのNEWアルバムを、

まだゆっくり楽しんでいなかったなんて、

ここ何週間かの、

「いっぱいいっぱい DE ぱっつんぱっつん状態」は、

尋常ではなかったっつうことだねぇ。

今日は、

自主練以外はスケジュールも入ってないようだし、

ちょっと(近所迷惑にならないていどに)、

大音量でCD聴いちゃお〜っと。

うしししし。

そうだ!

みんなも感想聴かせてね。

特に気に入った曲のタイトルなんか教えてくれると、

僕、うれしいっす。

トラックバッカーはいつもの通り。

ドリボーダーの統一”話の種”は、

「あっしにDYDCT?を語らせろ!」

あるいは、

「DYDCT?でお気に入りはドリ?」

まで。

んじゃ。

NHK-FMのナニ、

聴いてくれた?

初日、終了直後の楽屋から。

ステージ用のメイクを落とし、

ケイタマルヤマの衣装を脱いで、

リボーンした裸のまんまの僕を、

さらけだしまっせ。



何もかもが、

いろんなことが、

良い意味で、

ぶち切れた夜でした。

昨日大阪に来てくれたみなさん、

そして、

大阪城ホールに来れなくても、

全国、いや世界中からテレパシーを飛ばし続けてくれたみなさんの、

とてつもないパワーが、

吉田美和と僕の心と体を包み込み、

ドリは、

生まれ変わったのです。

「0」になれたのです。

吉田美和が言いました。

「こうして、また、何かが始まるんだね」

この言葉を聞ける日を、

どれほど待ち望んだことでしょう。

それもこれも、

こうして、

ドリしてくださるみなさんがいるからなのです。

ほんとに、ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。

おかえしと言っちゃなんですが、

「TRUE,BABY TRUE.」をあなたに送ります。

んじゃ。

今日も、のちほ。

「東MAX」へ。

本番前に電話くれて、サンキュ。

DCT-TV、大好評で、

スカパーでの再放送が決まったらしいよ。

えらいことになって来ちゃった。

こんなことなら、お互い、

もっとちゃんとやっとけばよかったねぇ。

PAGETOP