左から読んでも1221、右から読んでも1221。


「まさとさま」も同じ。

月曜日です。

昨日は一足早い元旦のような静かな日曜日でした。

撮り溜めた写真を整理したり、のんびり練習したり、CD聴いたり。

で、千歳空港で撮った、ちょっと気に入った写真をUP。




露出が変ですが、それがかえって面白い結果を出したみたいです。


「よしだみ」は何故か家に籠る宣言。

電話してみると、

「ステージ5までいったよ。まだ細かいところまでは追い込んでないけど」

と、謎の発言。

仕事関係の話でないことは確実です。


WF2009も、残すところSTとFO。

LOVEファジビッチ中澤くんのブログやダイアリーを読んでると、この冬フェス、終わりたくないような気持ちになります。

でもWF、終わりがあります。

でも冬フェス、何十回もやるものではないようです。

あと2回、音楽の火の玉となった出演者全員、ますます熱く燃えるのです。


今週も一週間、かならず素敵なことがあるはずです。

どひゃーっ!というような素敵なことがなくても、次の朝、あくびをしながら目が覚めたら、それはそれで、相当素敵だと思います。

んじゃ。


いよいよ明日は、

11:30〜19:30 FM AICHI

「FM AICHI 40th Anniversary DREAMS COME TRUE Special Day

〜 中村正人の出張庭イヂリ in FM AICHI 〜」

イヂリ職人LOVEと、一日中名古屋でイヂりまくり。

名古屋ベイビーズは是非おつきあいを。


冬は美味しいモノが沢山届きます。

幸せなことで、親類縁者仕事関係のみなさまから「ねぎ採れたよ」とか「山芋多めに出来たから送るね」とか、「玄米おくっから」とか。

A嬢関係からもこんな美味しいものが。



カブの自家製おつけもの。

WF2009のリハーサル最中にいただいたのですが、あまりにも美味しくて、写真を撮らないうちにほとんど食べてしまいました。

「あ〜あ。あと二つだ。い、いけね〜。写真撮ってなかった!」

ということで、あわてて証拠写真をパチリ。

この直後、この二つのカブは綺麗にスライスされて、中村一家にさくさくさくと食べられてしまいました。

WF2009は、どういうわけだか通常のツアーより体力を使います。

だから食欲もモリモリ。

3ヶ月ほど前から穀物系食事に変えた僕は、玄米をゆっくりゆっくり味わいながらよく噛むことによって食欲を満たすという作戦にでています。

この作戦が意外なところでも効果を表してます。

薄味になりました。

おつけものが好きになりました。

薩摩芋のほんとうの甘さに気づきました。

極端におなかが空かなくなりました。

玄米納豆チャーハンが大好物です。

「よしだみ」は、実は、穀物系食生活人間の大先輩。

最近の僕の変化に、「あのまささんがねぇ〜」なんて言いながら驚いています。

「よしだみ」といえば、「れっぐ魚」完成して、靴下制作に入ったようです。

また写真に撮らせてもらえるようなので、お楽しみに。

んじゃ。

夕べもイヂってくれてサンキュ。

JR札幌駅東コンコースと札幌ステラプレイス3F特設会場に参上。






お昼からのお仕事がLOVEさんと一緒だったので、つきあってもらいました。

こちらの方も素敵でした。






LOVEはもちろん、WF2009に参加してるビッチファジ中澤くんのパネル&試聴機があったり、ドリモニというハイテクなマシーンがあったり、DCTgarden IKEDAから、ドリの衣装が出張してたり。

とても充実していました。

北海道ベイビーズは是非機会があったら見に行ってみて下さい。

もちろん札幌ベイビーズにとっては、待ち合わせ場所に最適。

で、たくさんのWF2009に来て下さったお客様にも会えて、嬉しかったです。

なんかちょっとした2次会気分になりました。

その後は一路千歳空港へ。

「よしだみ」と合流して、機内ではおいし〜い北海道のお弁当を頂いて、TKに到着。

もう少し、札幌にステイしたかったドリでした。


さて、休む暇もなく今日はリハーサル。

夕べ、ビッチとファジのライヴはどうだったのでしょう。

僕の頭の中は、いろんなことがくるくる回っていて、愉快です。

んじゃ。


WF2009@札幌、無事終了。

ほんとにステキな夜でした。

ビッチLOVEファジ中澤くんも、最高のステージでした。

で、終了後、みんなでご飯を食べに行きました。

その時、ビッチの「ehi」が言いました。

「今日来てくれたお客さんの中には、

深い深い悲しみを抱えている人がいるにちがいない。

どうにもならないことから抜け出せない人がいるにちがいない。

わたしたち「Who the Bitch」は、そんなひとに歌を届けたい。

元気を届けたい。」

と。

僕も心から同感です。

WF2009がそんなイベントであってほしいとあらためて願う、そんな夜になりました。

WF2009の番長「よしだみ」も参加。

みんな、もちろん、大喜び。

すなわち、食事会だけでは終わりませんでした。

ふ〜。

次は、埼玉。

僕らは火の玉となり、あなたのハートを焼き尽くす。

んじゃ。

僕個人としては、JR札幌駅東コンコース・札幌ステラプレイス 3F特設会場にどうしても行ってみたい。

WF2009@札幌、開幕ぅ〜!

全曲予習しました。




宿泊してるホテルで、ベースを弾かないで、楽譜だけで勉強。

以前ドリバンドに在籍し、いまなおレコーディングやストリングスアレンジ、ドリ関係の映画音楽などでお世話になってる大谷幸さんが、この方法で予習してました。

当時は『なんで楽器で予習しないんだろう? 譜面だけで予習できるなんて、やっぱり作曲家で編曲家でピアニストの大谷さんだから可能なんだよな』なんて思ってました。

でも、僕もここ何年か、大谷方式でライヴの予習をしています。

もちろんフィジカルにトレーニングするのは当たり前。

ですが、頭の中に譜面を刷り込む作業も大切だということに、大変遅まきながら気づいたのです。

ジャズではないので、僕の場合、繰り返し演奏してると手癖で弾きがちです。

ところが譜面自体が文字通り「画像」として頭の中に流れていると、本番でさえいろんなアプローチが可能なのです。

しかも、忘れにくい。

たとえ緊張して手が忘れてしまっても、頭の中に見える譜面を読めばいいのです。

この効果には僕もビックリ。

ですからミュージシャンのみなさんには、たとえ暗譜が条件であってもリハーサルの最後のほうまで譜面を外さないように御願いしています。

そんなわけで(これです!ヨヨヨがからかう僕の文体のひとつです)札幌の気温を上げるぐらいのライヴ、出演者一丸となって頑張ります。

んじゃ、のちほ。

もちろん「よしだみ」全開バリバリです。

なんてったって「コニシキ(故郷に錦)ライヴ」ですから。

今日からスタート!






前編の時はあまりの生々しさに、「エ〜、ここまでやるの?」なんてビックリしましたが、気がつくと僕も一緒にNYに行ったみたいな気分になって、とても楽しめました。

後編さっそく見たんだけどますます面白くて、「よしだみちゃんの仲間たち」の会話に、うんうん言ってうなずいてました。

僕のアパートの近所もよく行くレストランも映ってたので、ちょっとNYが恋しくなった僕です。


デビ爺ナイト、最高でした!

今回はいぶし銀の様なセットリストで、デビ爺マニアにはたまらないライヴでした。

終了後「よしだみ」はあまりの感動のため(良い意味の)ショックを受けたようで、

「本物とはこういうことだよねぇ」

「オリジナルとはこういうことだよねぇ」

と、なんどもなんども言っていました。

僕も全く同感で、ドリとして音楽することの意味を新たに確認することができました。


WF2009では、総合司会という役を買って出て、あまりの至らなさに異論反論賛否両論頂いておりますが、今回だけは「言い出しっぺ」の一人としてこの大役を最後まで頑張らせて頂きたいと思います。

デビ爺のライヴといい、WF2009といい、音楽することについて考える機会になっていることは間違いありません。

LOVEビッチファジ中澤くんも、お客様や音楽関係者から大変高い評価をしてもらい、僕らドリはほんとに嬉しいです。

彼等が、どんなことがあっても諦めず音楽し続けてきたひとつの結果なのでしょう。

あとSP、ST、FOの三本、ぶっちぎって行きましょう。


んじゃ。


そういえば昨日、ちょっとした打ち上げもあったのですが、ヨヨヨが僕のドリブログにおける文体をワンパターンだと笑っていました。

当たってるだけに、ちょっとムカつきました。


ついに今日と明日、「デビ爺」、Billboard LIVE tokyoで、ライヴ!







詳しくは、Billboard LIVE tokyoのwebサイトへ。


いやー待ってました、待ってました。

去年のWF2008から、ずーっと待ってました。


年に一度はデビ爺の生ライヴを見ないと、僕も「よしだみ」も、音楽のエネルギーチャージが出来ません。

ましてや、WF2009の真っ最中。

スケジュールがどうなることかとハラハラドキドキ。

でも、絶対行きます。なんとか行きます。

だって、彼のNEWアルバム『ウェア・マイ・ラブ』リリース直後のライヴですよ。

見逃すわけにはいきません。


そんなわけでドリブロガーも是非、ギターの神様「デヴィッド T. ウォーカー」の愛に包まれて下さい。

とろっとろになること完全保証。

ちょっと早いクリスマス・デートにもいいんじゃないっすかねぇ。

んじゃ、今日か明日の夜、Billboard LIVE tokyoで。

ギター小僧は必ず出席のこと。

ドリブロガー・チーム関西は、20091217 、Billboard LIVE osakaへどうぞ。


WF2009@名古屋、無事終了。



名古屋に訪れるたび、こんな写真を撮ってるような気がします。

さて、WF2009@名古屋。

名古屋ベイビーズのハッチャケパワーに圧倒されそうになりながら、「よしだみ」とその一味、負けずに愛の波動砲を撃ちまくりました。

とくに「よしだみ」のバンドを引っ張る力は凄かった。

その秘密は、楽屋でお昼に食べた「みそ煮込みうどん」にあるかもしれません。

スタイリストのケモちゃんに至っては、前夜、「手羽先」と「みそ煮込みうどん」のハシゴを敢行。

ヘアーメイクのタケちゃん始め、他のスタッフの度肝を抜いていました。

実はケモちゃん、WF2009では、ドリコーナーでオンステージしています。

これからいらっしゃるWFベイビーズは注意して見ていて下さい。

開場中のバスキングもヒートアップ。

楽屋から飛び出す、LOVEファジビッチ中澤くんの熱気には凄いものがあります。

謎のオトコ「チュラヒップ星野」に至っては、どう見ても“おぱんちゅ一丁”に見えるような衣装で登場。

お客様の度肝を抜いていました。

それぞれの本番並みに力が入ったバスキング。

ちょっと、心配になってきました。

もちろん彼等のステージは抜群。

「百聞は一見にしかず」とは、彼等のためにある言葉です。

んじゃ。

ヨヨヨが、今日、とんでもないことをしようとしてる様です。

詳しくはyorimo「ドリブログしてます?December 10 . 2009」をご覧下さい。

今日は土曜日なので。

ドリブログはお休みのはずですが、「よしだみ」のスクープ画像をゲッツしたので特別UP。



仕事帰りに「よしだみ」と合流。

ドリ X LACHIC X ZIP-FMWF2009コラボツリーが「生もみ」だと伝えたら、突然見に行こうということになりLACHICへ。

あまりの綺麗さに「よしだみ」感激して生サイン。



名古屋ベイビーズのみなさま。

書き立てホカホカの生サインと生もみのコラボを見に、是非、行ってみてみて下さい。

そして、WF2009@名古屋、乞うご期待。

LOVEも、ファジも、ビッチも、中澤も、燃えてます。

終了後は速攻で帰って頂いて、「夜イヂ」デート。

今日は、忙しいです。

んじゃ、のちほ。

「思ってたより、かなり楽しめた」

WF2009、大阪のあったかーいお客様に支えられて開幕。

これは、多くのお客様から頂いた声です。

今年のWFは、“ドリの”ではなく、冬フェス。

普通なら、出会うことも生で見ることも無いような音楽との“出会い系”イベント。

自分たちのステージだけでもドキドキなのに、イベント自体がドキドキだった言い出しっぺの僕と「よしだみ」は、ちょっと胸を撫で下ろしています。

それは一重に、WF2009の趣旨を理解頂いて来て下さった大阪ベイビーズのみなさんが、音楽そのものに対して心を大っきく開いてくれたおかげです。

と同時に、出演者のみんなの熱いハートがあったからだと思います。

これから年末に向かって、WF2009、大阪ベイビーズの愛を胸に、精一杯駆け抜けて行きたいと思います。

開場中、LOVEビッチ中澤くんファジが、会場を練り歩いて「バスキング」をやってます。

これもWFならでは。

「バスキング」に出会ったら、是非、声を掛けて頂きたいと思います。

それでは、名古屋で。

LACHICサテライトスタジオで待ってます。


PAGETOP