ついにWF2009開幕。

出演者を代表して、ファジのアイドル、SATOKO




ツアースタッフは2日間、完全徹夜。

とくに照明さん回り(つまり、照明、電飾、ムービング、LEDなどなど)。

ドリは前日入りで、場当たりとサウンドチェックとリハ。

「よしだみ」の熱血監督のもと、時間が許される限り(実際は、かなりオーバー)リハーサルを決行。

この写真は、ドリハが終わった後、ファジの番になった時に撮らせてもらいました。

今回ファジは自分自身のライヴということもあり、チュラヒップ星野でさえ真剣顔。

JUONのレスポールは、ご機嫌なサウンドを鳴り響かせていました。


アリーナを経験したことの無いビッチの三人は、僕が会場の隅々までご案内。

音を届けるお客様の座標をしっかり確認してもらいました。

彼等もヤルキ満々。


夜中近くになり、のぶタンがリハ。

経験豊富な彼は、ほっときました。


会場から聴こえて来る彼の歌声を聴きながら、「よしだみ」とその一味の反省会は深夜まで及んだのであります。


ホテルに着いた「よしだみ」

エレベーターの中で、半分寝てました。


さあ、いよいよ本番。

大阪ベイビーズのみなさま。

このイベントに多大なご理解を頂き、「よしだみ」共々感謝感激です。


出演者一同、全力で爆発します。


んじゃ、大阪城ホールで!


ヨヨヨ様、全面広告、度肝抜かれました。ほんとにやっちまいましたね。


WF2009イヴ。


こんな嬉しい日に、こんな貴重な瞬間を捉えたDVDが、オンセール。




詳しい経緯については、読売新聞の依田さんがあっちこっちで語っておられるので参照してみて下さい。

参加して下さったアーティストの方々といい、本間さん率いるスーパーバンドといい、ゲストミュージシャンの亀ちゃんといい(東京事変の新譜、ヤバいぐらいいいです)、東MAXといい、マジックが起こったとしか考えられないような一日だけの夢のようなナイトでした。

プラス、上原ひろみちゃんりんこさん

みんなでドリするには幸せ過ぎる。

それが、完全再編集で登場です。

ドリ20thアニバーサリーイヤーだからこそ実現したヨヨヨ企画。

あとは30周年まで待つしかありません。

これから10年、このDVDで思う存分ドリして頂きたいと思います。

んじゃ。

ヨヨヨ様、ほんと、おめでとうございます。

ヨリモもドリも、頑張りましょう。


LOVEと、中澤と、ファジと、ビッチは、僕の音楽系センユウ。

そんな、いまもどこかで何かのために戦ってる、でも、戦争のためでは決してなく、ひとびとを繋ぐ歌が明日リリース。





LOVE『君は僕のセンユウ』

聴いてみてみて下さい。


さて、ドリはWF2009のリハを無事打ち上げました。

毎日、何回も何回も繰り返し練習しました。

高校生の部活みたいなハードなリハーサルに、文句も言わないでつきあってくれたバンドやAKSWF2009スペシャル、スタッフに感謝です。

「よしだみ」は、いつものように全力投球で、音楽リハとパフォーマンスリハの二つのスタジオを、文字通り休むこと無く行ったり来たり。

両面に渡ってプロデューサーの仕事をいっさいの手抜き無くやり通してました。

毎日収録するリハのビデオを、家に帰ってからも5,6時間掛かって徹底チェック。

ちなみにリハは毎日6時間。

自分自身のパフォーマンスはもちろん、演奏や全体のパフォーマンスの問題点を書き出したメモは、何十枚にもなりました。

疲れ切って、ソファーや床の上で朝方まで寝てしまったこともたびたびあるようです。

でも、そんなこともこんなことも、WF2009のお客様がよろこんでくれなければ水の泡。

結果を出せるよう、油断せずに頑張る「よしだみ」とその一味なのであります。

ほかのセンユウ達は、どんな感じだろう。

大阪入りが楽しみです。

んじゃ。


で、ご存知のように、明日はもう一作品がリリースします。

ヨヨヨの、夢が叶います。

シゲとケイタの特別ミッション。

WF2009のリハと同じく、彼等の大切な仕事はコレ。



あっ!ケイタくん、ロシア帽だ!

以下、我が社のスタッフ「ライフセーバー・クボイ」からのレポをコピペでございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


WF2009のリハーサル中なのにも関わらず、AKSがRHスタジオにいない!?と思い追跡した結果!

なんとAKSの二人はゆめ半島千葉国体・ゆめ半島千葉大会イメージキャラクターのチーバくんと一緒に【CARNAVAL 〜 すべての戦う人たちへ 〜】のダンス講習会の為に茂原市市民体育館に行っていたのです。

既に今回の講習会は4回目(会場は毎回異なります)で、一緒に踊っているチーバくんも講習に参加し3時間という僅かな時間でしたが、受講している皆さんは完璧に踊りこなしておりました。

そして何よりも凄いのが、AKS+チーバくん三人の熱いダンス講習です!

AKSとチーバくんの熱い熱い熱が受講者にも伝わり、キッズもお母さん達も、ギャルもおじいちゃんも一緒になり、「♪CARNAVAL!」という掛け声と共に、ダンスをマスターしておりました。

ダンスをマスターした受講者の皆さんが講師になって、学校の生徒さんやお友達に伝えていくそうです。

この分ですと、千葉国体・千葉大会に向け千葉市民の全員が踊れる様になっていくのではないかと思う程の盛り上がりぶりでした!

次回は年明けの3月と少し遠いですが、次は私もこっそり講習を受けてみようかと考えています!

しかも参加するとチーバくんのダンスバージョン特製オリジナルピンバッチがゲットできるそうです。

チーバくんファンとしてはたまらないレアアイテムですので、皆さんも是非参加してみてください。

以上、ライフセーバー・クボイが、千葉県茂原市からお送りしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この二人AKSが、ドリのライヴの出演回数を重ねるごとに声援が増えていることにお気づきでしょうか。

このようなミッションが切っ掛けとなり、二人のファンは増々増えることでしょう。

で、リーサル・ウェポンが加わった「AKSWF2009スペシャル」。

期待できます。

んじゃ。

おまけ。



ドリハーサル、大詰め。

そんなわけで、ついに僕の「NEWマサズ・エンジェル」の名前を発表。

すっかり何のことか忘れちゃったですよね。ドリブログ20090703を参照。



「徹子」に、決定!

WF2009でデビュー予定。

“話の種”「私はNEWエンジェルの名前を知っていた!」に頂いた沢山の候補の中から決めました。ありがとう。

選考理由ですが。

小学生の時、夢中になっていたのがUK制特撮TVドラマ「サンダーバード」。

そこに登場していたのがUKの情報部員「ペネロープ(日本語読み)」

僕は、幼いながら彼女にぞっこんでした。

その「ペネロープ」の声優をされていたのが黒柳徹子さん。

吹き替えというテレビマジックを知らなかった僕は、黒柳さんの声こそが、「ペネロープ」だったのです。

なので「徹子」。

でも、写真を見て頂けると少々違うのに気がつくでしょう。

そう、彼女は昨日届いたばかりの2代目です。

1代目はさらに磨きをかけるため、工房に帰って行きました。

そんなわけで、リハ、めちゃめちゃ頑張ってます。

んじゃ。

LOVEさんのリハ、スパイして来ましたが、かなりイイ感じなのでちょっとビビりました。

でも、ちょっとですよ、ちょっと。

中澤くんのリハは、またちょっとビビりそうだったので、見ませんでした。

「よしだみ」は、バンドやスタッフを笑かしてばかりいて、困ったものです。

決して幽体離脱の瞬間を捉えたものではありません。




はい、腹筋中です。

WF2009のドリ、通常のステージと比べると演奏時間は三分の一と短いのですが、その分中身濃厚混じりけ無し。

同じ体力作りをしておかないと持ちません。

でも、「よしだみ」の運動量に比べたら僕なんて一万分の一ぐらい。

ドリの曲を歌うことだけでも(なんせ歌うところばかりですから。カラオケでドリの曲を歌ったことがあるドリブロガーならご存知)重労働なのに、またもや「DYDCT?ツアー」を彷彿とするようなパフォーマンスが着々と仕上がってます。

いや、それ以上かも。

あのひとの辞書には「まあまあ」とか「適当」とか「力を抜いて」とか「このぐらいで」とかいう言葉が載ってないとしか思えません。

全開バリバリぱらりらぱらりらのステージ。ヤバいです。

しかも、千葉国体ダンス指導でもおなじみ、大人気の「AKS」にもうひとり強力なリーサルウェポンをプラス。

「よしだみ」とパフォーマー三人が繰り出す超重量級ファンキーグルーブは、バンドを飲み込むぐらいの勢いです。

これだけでも一見の価値あり。

冬フェス対バン対策は、抜かりありません。

LOVEさんのファンも、ノブタンのファンも、ファジのファンも、ビッチのファンも、がっつりガツガツいただきます。

目指せ!一人勝ち。

んじゃ。

生ボビーブラウンを見て、ますますアゲアゲの「よしだみ軍団」。「ニュージャックスウィング」未だ鉄板です。

さて、

そんなWF2009リハーサル中もスタチャではグラビア撮影が進んでいます。

ベース・ベイビーズに続きシンセちゃん達も、ステキに撮ってもらいました。

あまりにステキな写真が出来上がってきているので、先日、合間を縫ってついでに僕自身も撮ってもらいました。

自分で言うのもなんですが、アーティストみたいでかなりカックイイです。

アーカイブ制作、進めれば進むほど、悩みは深くなっていくのでありました。


ドリブログが、latestかも!

そう、この作品をご紹介するのはウチが一番遅いかもしれません。






ファジコンlatestシングル(この場合は、最新シングルという意味です)

昨日20091202リリース!

デモテープの段階から聴かせてもらっていたので、こうやって発売になったことがとても嬉しいです。

またまた僕の大好きなファジコン全開な一曲目の『latest』

そして、彼らの新しい一面が出たヴォーカルワークと詩がめっちゃくちゃ良い二曲目の『*secret*』

どちらも強力お勧めです。

僕も車に積みっぱなしでリピートかけて聴いています。

ジャケットのアートワークも秀逸。

ドリの『その先へ』を手がけてくれた通称「いっちゃん」

ドラムのSATOKOの妹さんの旦那さん。

このシングルの世界観が感じられる、これまた新しいアプローチだと思います。

『latest』のMVDCT-TVで絶賛オンネアー中。

やっぱり三人は演奏してるときが一番カックイイ。

WF2009でのパフォーマンスが増々楽しみです。

WF2009に参加予定のドリブロガーは予習を忘れずに。そうすれば楽しさも5割増。

んじゃ。

ちなみに、ドリのWF2009のリハーサルも熱血続行中。

わたくし鬼軍曹中村が、バンドがへとへとになるまでシゴキ上げてます。

ただしバンドがヘトヘトになる3時間前には、鬼軍曹はすでにクタクタになってるのが常ですが。


ドリのオトコのほうの大好物。





う〜んうっとり。ゴージャスな気分。

あっ、食べちゃった後でゴメンなさい。

これを発明したひとは天才だと思います。

パッケージを明ける時のワクワク感といい、食感といい、味といい。

ヤバいっす。もうひとつ食べたくなってきた。明日のおやつタイムよ、早く来い。

一日一回食べないと気が済まなかったシリーズ。

小学生の時、たこやき。中学生の時、おでんのつゆに入れたベビーラーメン。高校生の時、学食で買う焼きそばパン、大学生の時、アパート向かいのスーパーの店頭で売ってた焼き鳥。20代の時、牛丼。30代の時、生姜焼き定食。40代の時@NEW YORK、冷凍ピラフ。で、50代はこれ。

ふ〜。何回も冷凍庫開けてしまいます。

そんなHäagen-Dazsさんが、WF2009のすてきな番組をプレゼンツしてくれました。

題して、

TOKYO FM サンデースペシャル

Häagen-Dazs presents

「Welcome to WINTER FANTASIA 2009 〜 DCTgarden “THE LIVE!!!”」


2009年12月6日(日)19:00〜19:55、TOKYO FMでオンネアー。

MCの柴田玲ちゃんを中心に、僕、中村正人、FUZZY CONTROLWho the Bitch中澤 信栄LOVE、WF2009出演アーティスト全員が登場です。

すっごーい!

関東エリアやその周辺のドリブロガーはお楽しみに。

そして、名古屋エリアのドリブロガーはこちら。

ZIP-FM「TRENTA ANNI RADIO」

2009年12月11日(金)11:00〜14:30

NAVIGATORはRIOさん。

日本ガイシホールでのWF2009公演直前で、僕は13時台に出演予定だそうです。

ZIP-FM STUDIO LACHICで、僕、待ってます。

是非、遊びに来て下さい。

そんなわけで、プロモーション担当のよしゑちゃんにメール一本流されただけでリマインドさせられて、てんてこまいの僕でした。

んじゃ。


あなたの街の紅葉はどうよう?

TOKYO FMから見えるおなじみの景色も、紅葉最終形でこんな感じになりました。




街中では銀杏の木が最高潮です。

もちろん、もうすでに雪が積もってるところもあるし、紅葉の無い街もあります。

多少季節の変わり方に違いがあっても、豊かな春夏秋冬がある日本に生活する僕は、ラッキーだなぁと思います。

さぁて、今年もあと一ヶ月になりました。

みなさんは今年の目標をいくつ達成できたでしょうか。

実は、僕、何一つ達成できないでいます。

少々、いや、大いに焦っていますがそこはケセラセラ。

なんとかならないにしても、どうにかなるでしょう。

どんなに大変でも、どんなに辛くても、どんなに不安でも、どんなに憂鬱でも、来る時は来ます。やる時はやってます。

一日たりとも繰り返すことはありません。

時は全ての人々に公平に流れてゆきます。

その時をどのような心持ちで過ごすかは自分次第。

少なくとも、大きく深呼吸することぐらいは忘れずに生きて行きたいものです。

難題山積。

山のように積もった問題は、ひとつひとつ解決する以外に道はありません。

ドリは、ひたすら頑張ります。


PAGETOP