秋だから、夏の思い出、心に染みキュウ。

シアトルで宿泊した、ホテルの門で。

なんか、観光気分な写真。

実は、ちょっと珍しいよね、こういうの。

つまり、毎年ツアーしてるけど、ホテルの入り口あたりでうろうろ
する暇もなく移動車に乗り込み、楽屋口から会館に入るだけの繰り
返しなので、観光気分系の写真は激減してる。

それで、新鮮なんだよね、この「夏の思い出」シリーズの写真。

さて、今日は「ぴあ」のイベントのリハがあった。

久しぶりに共演するミュージシャンがいて、楽しかった。

そのうちの一人の方の写真をゲットしたから、明日UPするね。

お楽しみに。

それにしても、よしだみ、時差で睡魔に激しく襲われつつも、めっ
ちゃエネルギッシュギルガメッシュで、バンドや、昨夜帯広で遊び
過ぎで声の枯れたケイタくん含むAKSを、ぐいぐい引っ張ってるよ。

すんごいなぁ。

んじゃ、おやすみ。

ちょっと待ってぇ。

明日から11月!!!

秋だから、夏の思い出、心に染みエイト!

エイト!エイト!エイト、エイト、エイト!
エイト!エイト!エイト、エイト、エイト!

僕は、弾よりも早くは走れない。

LAの公演会場で、虹がかかるなんて、ミラクル。

これ、スタッフが撮影に成功した貴重な一枚、だと思ったら、キャ
ストの何人かも成功してたみたいで、ドリブログでは使わなかった
んだけど、見れば見るほどミラクル度が高いので、やっぱりUP。

で、何がミラクルだったかというと、ドリブログでも報告済み。

本番、ベースアンプのスイッチが入っていなかったのだ、

僕は日本のツアーではめったにベースアンプを使わない。

何故かというと、ご覧の通りの役柄から、いっつもバンドとよしだ
みの間をうろうろ、ステージの右端から左端までとことこ、定位置
がないのでベースアンプを置く所が決められない。

また、ベースアンプをあちこちに置いたとしても、僕が聞こえるよ
うにボリュームを上げると、ベースが爆音になって、よしだみから
クレームがくること100%トゥルー。

ってなわけで、イヤーモニターからだけでプレーできるよう訓練し
たのだ。

最初は、音圧はないし、イヤーモニターがダメになったらそれまで
なので不安MAXだったけど、慣れちゃったねぇ。

だから、北米でベースアンプが使えるっつうことで楽しみだったん
だけど。

ま、いろいろあるね。

さて、期待の名曲は、今日のよしだみとのミーティングでお蔵入り。

そのかわり、よしだみに名曲が降りて来たので、結果、オーライ、
オーライ、バックオーライ。

ぐすん。

ま、いろいろあるよね。

明日は月曜。

今日までのことは全て忘れて、ぎゃんばろーんにゃろー。

ファジコンのミニライブは、どうだったんだ?

秋だから、夏の思い出、心に染みセブン。

セブーン、セブーン、セブーン、セブーン。
セブン、セブン、セブン!セブン、セブン、セブン!

北米ツアーの楽屋は、キャスト全員が収容できるスペースが確保で
きたところはほとんど無し。

だから楽屋の集合写真は珍しい。

やっぱり、日本でのツアーは恵まれてます。

でもね、よしだみは楽屋の大きさ、全然関係ないんだって。

どこでもOK。

宿泊する所だって、どこでもOK。

僕なんて、エレベーターが昇降する音とか、エアコンの音で眠れな
くなっちゃうから、結構わがまま言ってスタッフ困らせるんだけど。

そんなところでも、よしだみのおおらかさとか謙虚さに感心するん
だよね。

昨日の「Mステ」ドキドキしたよ。

でも、作曲したイメージ通りのパフォーマンスだったから、KinKiの
お二人にはとっても感謝。

特にサビの後のダンサブルな部分は、僕のこだわりだったので、名
アレンジャーの武部さんがさらにカッコ良く仕上げて下さって、作
曲家冥利に尽きます。

よしだみの詩は、ドリカム品質なので完全保証。

是非、ドリブロガーも応援して下さい。

今日は、土曜日。

週末、「夜イヂ」なくなっちゃて寂しいけど、ドリのDVDでも見な
がらお酒でも飲むのもいいかも。

んじゃ、ハヴァナイスウィークエンド。

今夜のMステ。

絶対見て下さいませ。

KinKi Kids「願う以上のこと 祈る以上のこと」

ドリの二人で心を込めて作った曲を歌ってくれるそうです。

シングルじゃないのに!

僕、毎日仕事始めに聞いてるんだけど、いつもよしだみの詩に泣け
て来ます。

DCTgarden Newsより。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
KinKi Kidsが「絆・軌跡・感謝・感動」をテーマに、これまで楽
曲提供をうけた豪華作家陣と再びタッグを組み、ニューアルバム
『K album』を発売!!
その収録曲としてDREAMS COME TRUEが新曲を書き下ろしました!
タイトルは「願う以上のこと 祈る以上のこと」
(作詩:吉田美和 作曲:中村正人)。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

秋だから、夏の思い出、心に染みム。

シアトルの後、みんなより一足先にNYに帰り、米国の悪友(アメリ
カのベストフレンドと読む)、ミキシングエンジニアのブライアン
の新居におじゃました。

マンハッタンから車で約一時間弱。

トラフィックもベリースムースなので、ノーペイン。

ちかくにはこんな素敵な湖があって、ワンダフル。

で、写真をパシャリ。

超長い遊歩道に架かる橋から撮ったんだけど、この遊歩道、もとも
とは線路だったらしい。

どおりで超長いわけだ。

張り切って遊歩道の終点まで歩くつもりだったけど、アズスーンア
ズ鉄道の跡と知って、そこから逆戻り。

だって、気づいたらシアトルに戻っていたなんて、いやだからねぇ。

アメリカの鉄道だったらありえそうじゃない?

シアトルでシーフードとステーキ食いながら、「マサさん、どうし
たんすか?NYに移動したんじゃなかったんすかぁ〜?」なんて、
細い目をした浮世絵顔のジョーニャンに突っ込まれるの辛いもんねぇ。

さて、TKは秋晴れが続いてんだけど、僕の心はなかなか晴れない。

う〜ん、曲がね〜。

名曲なのは分かってるんだけどねぇ〜。

音楽の神様、ちょっと早めの週末に入っちゃってるようで。

SONGS」見た?

秋だから、夏の思い出、心に染みゴー!

「わたしだ!」

今日は、いや、今日も、朝から忙しくて、目がまわっティング。

今日のお写真は、シアトルに着いて、アガるミュージシャンと
AKSの面々。

普段の僕なら、こういう写真を撮りまくりなのだが、マースといの
っちがでっかい一眼もってがしゃがしゃ撮りまくるもんだから、戦
意喪失。

最近「喪失」するなぁ。

話は変わって、現在福岡に向かって車で安全に瀑走中のこの写真に
も写っている元祖「わしだ!」が、ドラムマガジンの表紙になるこ
とになった。

うれしーーー!

ミュージシャンにとっては、リットーミュージック系の専門誌
表紙になることが夢の一つのひとも多いはず。

僕も「サンレコ」の表紙になった時は、「ぴあ」に初めてライブの
インフォが載ったときや、小学生の時、学研の「学習」に初めて投
稿したイラストが採用されたときとおなじくらい嬉しかった。

親父が生きてたら、絶対本屋さんで10冊は買って親戚に配ってる
と思う。

でも、ベースマガジンじゃないところが微妙。

昔々その昔、ベーマガのコラムでドリカムがこき下ろされてたのを
読んでショックを受けてから、表紙になる夢は喪失。

ぐすん。

ちなみに、僕は庄司 薫さんの小説「喪失」が大好き。

話しを戻して、だからSATOKOのは、うれしいなぁ。

もちろん実力と同業者の支持があるから表紙になれるわけで。

その観点からも、僕は、ぐすん。

目指すは「デジモノステーション」の表紙のガンダム枠。

もうやめなさいって。

んっじゃ。

秋だから、夏の思い出、心に染みフォー!。

「4」は「フォー!」としか読めないでしょうなぁ。

LAのダウンタウンに戻る途中で、走るタクシーから撮ったら、こん
なにクーールなフォトだった。

僕、テンサイ(転載、天才、天災、てん菜、のうち、ひとつお選び
下さい)

北米中も、北米から帰って来てからも、ドリブログがなくて寂しか
ったというやさしいドリブロガーもいるが、僕、体調絶不調の上に、
大忙しということで、(何度も言うけど、激しい時差も)平均値を
遥かに越えたネガティヴ思考になってて、伏し目がち。

ひさびさ、がっくりしてました。

でも、がっくりしてるのに飽きたので、ちょっとスイッチ入れ替え
たのがよかったのか、少しづつ上向き傾向。

ドリブログカクノガ、アイシテルのサイン。

プラス、ドリブログで書こうと思ってたり、ドリブログで公開する
にはあまりにもスペシャルすぎる写真(こういうのは出し惜しみし
て、PPPのネタにするとか、何かのインタビューまでとっておくと
か)がファジコンを筆頭に、AKSの3人から、毎日でるわでるわ。

お父さんの気持も知らないで。

そんなわけで、このドリブログの優位性が完全に喪失。

僕のモチベーションも喪失。

しかも、みんなのつぶやきやブログが、面白杉、屋久杉、吉野杉、
秋田杉(ムダナテイコウ)。

文体も、SATOKOジョーニャンのスタイルに影響されちゃって、
自分らしさを完全に喪失(でも、AKSのには影響を受けない)

書き出しが「わたしだ!」で、結びが「ちんたまにあーな☆」にな
りそうで怖い。

そんなヤツらのつぶやきやブログのURL書いとくから、また僕がド
ロンしたら、そっちに飛んで、寂しさを紛らわしておくれくれたこ
ら。

それ!

http://www.fuzzycontrol.jp/diary/index.html
http://twitter.com/#!/fc_satoko
http://twitter.com/#!/joe_the_lion
http://ameblo.jp/doridance
http://twitter.com/#!/doridance

で、新曲、降りて来つつあります。

うんじゃ、またね。

ちんたまにあーな☆

秋だから、夏の思い出、心に染みサン。

「心に染みスリー」だと思ったあなた。

まだまだ甘いなぁ。

英語日本語よりも、「音」にこだわるのがミュージシャンなのだ。

日本のライブでは、何から何まで、手取り足取り、テトリス上海、
ローディーの松ちゃんがセッティングしてくれるので、すっかり
甘やかされていた僕は、ベースのケーブルを巻くことすらできな
くなっていた。

LA公演で苦笑い。

ほらね、贅沢してると、足下からすくわれますよ。

お父さんみたいになりたくないんだったら、何から何まで自分でで
きるようにするんですよ、子供達のみんな。

せめて、ケーブルぐらいは巻けて、交換用の弦と電池ぐらいは持っ
て、チューニングメーターも忘れちゃダメよ。

アンプはもちろん自分で運びなさい。

僕はいやだけど。

スーツケースだって、自分で運ばなきゃ。

ちなみに、弦は張ることができます。

6本もあるのに、ちゃんと張れます。

でも、弦切るニッパー用意するの忘れて、いっつも劇場のスタッフ
に借りたけど。

しまいにゃぁ、「ちゃんと返してくれよ!」なんてマジ顔で言われ
たり。

北米公演では、現地スタッフ99%が、ライブが終わるまで、僕のこ
とをスタッフだと思っていた。

「俺もドリカム」なのに。

ドリブログ、そんなに喜んでくれるなら、明日もね。

読んでくれるだけでも、まあ、嬉しいけど、トラバしてくれたり、
ドリボにカキコしてくれたら、僕がほんとは人気があることが世間
に知れて、より、日々充実するんだけど。

隠れファンが圧倒的に占める「ドリカムの男のほう」は、北米でも
隠れたファンに愛されているのでした。

TKは変に暖かいよ。

秋だから、夏の思い出、心に染みツー。

「夏の思い出」なんつってるのに10月の思い出。

だって、LAはまだまだ暑かったし、とくにオフ日に行った
サンタモニカは、かなり夏だった。

写真は映画にもしょっちゅう登場する、サンタモニカピア。

ビーチには海水浴を楽しむ人も一杯。

でもねこのビーチ、波は強いし水は冷たいので、僕は一回
足をちょろちょろとつけただけ。

過去のドリブログでも、僕のサンタモニカ物語りあるので
飛んでみてぇ。

今読んでもなかなか面白いよ。

ロスアンゼルス 思い出の場所巡りシリーズ その1

(どういうわけか)息を潜めて雪が降り出すのを待っていた。

この日は、北米ツアーのミュージシャンもほとんどがサン
タモニカに来ていたらしいと判明。

みんな正しい判断。

夜は、古くからの知人と、シーフードを堪能。

ほんの一瞬でも、幸せと感じることの大切さを、旅は思い
出させてくれる。

一歩前に進もうとすると、心も体も、痛かったり傷ついた
り自信無くなったり何もかも分からなくなったりとなかな
か厳しいけど、この一瞬があるだけでも僕はほんと恵まれ
てるわけで。

サンタモニカの夕日に、細い目をもっと細めながら、しば
らく動けなくなるのでした。

今日はこれから、SATOKO関係のミニインタビューと、
KinKi Kidsさん関係のお仕事。

曲書きは続行中。

なんだか名曲が降りてきそうで、怖い。

また明日なの?

秋だから、夏の思い出、心に染みワン。

DWL2011の自主練や、曲書きで一秒でも惜しいのに、こんな写真
をUP。

DWL2011の沖縄の夕べのとき、呼ばれるようになにかの偶然で、
世界遺産、今超話題の「斎場御嶽」に訪れることができた。

SATOKOも一緒だったのが、意味深い。

沖縄にとっては神聖かつとてつもなく重要な場所なので、観光気分
からは遠く離れた気持になり、自分でも驚く。

うん、緊張さえしました。

緊張したといえば、昨日のLOVEさんのライブも最初は緊張したなあ。

いつも思うんだけど、父兄参観てこんな感じなのかなぁ。

でもそんな緊張も、ライブが進行するにつれ、のりのりモードに。

「のりのり」って表現、現在も使いますか?

最後は大満足で、いい汗かきました。

DCTrecordsの父としては、来て下さったお客様ひとりひとりに頭
を下げさせていただきました。

また是非、LOVEのLIVEにおこしあれ。

ちょっと、思い出シリーズ続けていいなら、また明日。

PAGETOP