11月、終るぞ。

ほんとだよ、ほんとに終っちゃって、明
日から12月なんだから。

そんな、師走イヴでも、ドリはレコーデ
ィング続行。

バッキングヴォーカルのレコーディング
だ。

ドラムマガジンの表紙になるぐらいだか
らドラムの名手なんだけど、実は唄うた
いとしてもかなりの実力者。

だって、ファジでも、SATOKOがリード
ヴォーカルとると、ちょう盛り上がるし。

よしだみ、作曲なもんで、恒例の息継ぎ
無しメロディー。

よしだみ自身、自分で作曲しておきなが
ら「まささん、このメロディー、ブレス
するところが無いんですけど、もう」な
んて、クレーム言ってる。

そんなむずかしいメロディーを一回聞い
ただけで覚えてしまうSATOKOは、タダ
モノではない。

ヤバいサウンド、さらにヤバく。

で、みんな、どうするの?

今年、あと、一ヶ月なんよ。

DWLイヤー、一ヶ月で終わりなんよ。

大谷さ〜ん、出番ですよ!

昨日は、ピアノの録音。

もちろん、「幸ちゃん」こと、大谷さん

なんだか、DWL2011のツアー中に、120
曲ぐらい仕上げたらしいぞ。

で、DWL2011の北米ツアーで、ますます
パワーアップしたという彼。

よしだみのキュートなピアノが、まるでグ
ランドピアノのようなゴージャスなサウン
ドで鳴り響く。

さすがです。

それにしても、シマシマがはやってるの?

よしだみも、ジュオンも、げんちゃんも、
そして、写真の大谷さんも、僕も、みんな
シマシマなんだけど。

なんか、そのシマシマが、ピアノの鍵盤か
ら繋がってるみたいで、

「おもろいなぁ〜」

日本ブラス界のトップガン、再集結!

すごいメンツだね。

ブラスマニアは、よだれが出るよ。

ドリカムサウンドの要は、ブラスセクショ
ン。

そのレコーディングにまたまた豪華メンツ。

左から、

おなじみDWL2011のホーンセクションリ
ーダー、アルトサックス&ブラスアレンジ
メントの本間将人さん
トロンボーンの実力者、河合わかばさん
トランペットの意地悪ギツネ・シロリンこ
と25年の付き合いで僕のギャグの師匠、
々木史郎さん

テナーサックス界のスーパースターの勝田
一樹さん

ってなわけで、っつうことは、レコーディ
ングやってるっつうことです。

やばいサウンド。

おたのしみにんにんのにん。

久しぶりに。

ほんとに久しぶりに、街に明かりがついて
るうちに、外に出たぞ。

わ、もうクリスマス気分やんかぁ。

ドリの夏は、先日のDWL2011西日本公演
でやっと終ったというのに。

がび〜ん。

ぼ、ぼくのサマーバケーションは?

お盆休みは?

秋の行楽シーズンは?

がぼ〜ん。

なんだか、浦嶋太郎になった気分。

つまり、スタジオはタイムカプセルっちゅ
うことや。

で、タイムカプセルにまたまたイン。

こんど出る時は、来年になってるかも。

がべ〜ん。

ライブハウスを作りたい。

京セラドーム大阪ほどの大きさでもいいか
も。

今夜は早めに仕事が終わったので(だって
毎日午前3時とか4時だもん)エンジニア
げんちゃんと夢の話ししてたのね。

僕がずっと抱いてるのは、「ライブハウス
をつくりたい!」という夢。

内装はウッディーで、壁はパープル。

天井にはゴージャスなモニュメントかシャ
ンデリア。

オールスタンディングだとしても、お客さ
ん全員が見やすくていごこちのいい空間に
したい。

空調もばっちりきいてて、キレイな空気の
ライブハウス。

お酒や食べ物も、高価じゃないけどおいし
いもので一杯にしたい。

音響設備はもちろん最高のものを使って、
「音楽的」なサウンド設計にしたい。

楽屋はゆとりがあるスペースを確保し、大
きな鏡と、男女別トイレ、ウォシュレット
は完備。

ライブがない時は、ファッションショーや
芝居ができるスペースになれば最高。

欲を言えば、最上階にレストランがあって、
sumile二号店にしたい。

ライブを見た後は美味しい食事。

「見る夢(或は、目標ともいう)を自ら
限定したり、遠慮したりしちゃいけない」
「見たい夢を見たいだけみればいい(或は
、目指す目標を持てるだけ持てばいい)」
とは、音楽家の大先輩の22年前のアドバイ
ス。

僕は、それをずっと実践している。

で、

今の最大の夢は、「今やってる仕事達が無
事に期限内に終わりますように!」

はい、見たい夢を見るだけ見てます。

ぎゃっふんだった。

キャナルもきゃなるいいぞ!

WF2011九州は、キャナルシティ博多で。

この場所は、ドリ的には、様々な伝説が生
まれた場所。

また戻れることが、きゃなる嬉しい。

九州ワンダーベイビーズもそうでしょ?

MIXの作業、きゃなるずれ込んでて(もち
ろん延期公演にともない、何週間もスケジ
ュール的遅れたわけで)、でも〆切り日は
変えられないからもうどうしようって感じ

ドリ人生で、一番のピンチかも。

ピンチはチャンスのいいチャンス。

ポジティブに考えるには、きゃなる無理が
あるが、一歩づつ進むしかないね。

どよ〜ん。

だから、僕は飛ばないってば。

飛ぶ飛ばないでいうなら、中部国際空港セ
ントレアでせんとりゃ〜!のWF2011東海
なのだ。

コラボツリーや、ライヴ写真やCDジャケッ
トを使用したキューブオブジェ、室外デッ
キではイルミネーションの点灯が、スター
ト。

12/1〜は衣装展示もスタート予定だって。

DWL2011西日本が終ったばかりなので、
タイミング的にもいい感じになったね。

実は、西日本が台風で延期になったとき、
日本のどこかのWF2011アフターパーティ
ーの開始が、ビフォーパーティーになるん
じゃないかってヒヤヒヤした。

大変な被害を出した台風。

僕らのヒヤヒヤは問題なくなったけど、震
災も台風も、解決しない問題や様々が痛み
が今なお続いているんだものね。

姿勢正して、感謝して、今日も仕事がんば
るぞうさん。

あり得ない角度から攻める、よしだみ。

最初のMCで宣言した「あり得ない角度」
とは、昨日UPした3Dフライングで証明済
み。

でも、こんな所からも攻めたの覚えてる?

これ、曲終了後のメインステージへの移動
と、もちろんセイフティーのためにワイヤ
ーで繋がれているんだけど、歌っている間
は直径1mもない円盤の上に立っている状
態。

「ありえない角度」どころか「あり得ない
場所」で歌ってるよしだみって、ほんとス
ーパーウーマンならぬ、スーパーモンキー
だ。

ここから見る、ワンダーベイビーズ、どん
なだったんだろう。

3Dフライングの時もそうだけど、世界中で
、今までの歴史の中で、よしだみだけが見
た景色なんだよ。

それって、すっごくない?

DWL2011大ファイナル、大終了!

やっと叶ったDWL2011西日本最終日をも
って、約半年に渡った(渡ってしまった)
4年に一度の大イベント、史上最強の移動
遊園地ドリカムワンダーランド2011
が幕
を閉じた。

どれだけの愛に支えられただろう。

全ての愛を引き受けたものの、ドリを支え
てくれたのは、そのみんなからの全ての愛
そのものだった。

そして、各会場から打ち上げた愛は、日本
全国、全世界に飛んで行ったに違いない。

飛ぶといえば、吉田美和。

世界初、世界最大規模の3Dフライングを
実現。

普通ならこのシステムで立っていることす
ら、姿勢を保つことすら困難。

まして、歌うなんて。

「信じられません」

アメリカからやってきたこのシステムのプ
ロ達も言った。

「シンジ〜ラレマシェ〜ン」

DWL2011を総括するにはまだまだ時間が
かかりそうだ。

とにかく、ワンダーベイビーズにはいくら
感謝しても感謝しきれません。

僕が振り返れなくても、みんなはドリボに
どんどこDWL2011の感想カキコしてくれ。

もう、なにも隠しておくことは無い。

すきなだけ、DWL2011の感想を語りまく
ってくれたまえ。

なんて言いながら、大阪から直でスタチャ
にイン。

DWL2011映像作品のMIXと新曲制作に戻
る。

で、僕も言った。

「あんびりーばぶるす」

ドリに休みはない。

PAGETOP