「ファンケル」よしだみ、キターーー!

昨日からゼロ睡眠で作業を続ける僕のほと
んど開かなくなった象サンの目をパチリと
開けてくれた読売新聞の全面広告。

ウ〜ン、やっぱりびゅーちふる。

みんなチェックしたよねぇ。

TVからも流れ出してるようで、わくわく
するねぇ。

それに対して、この僕は、ミュージシャン
人生最大のクラッシュ修復中。

なんと直前に迫ったレコーディングのため
に、東京やらNYやら、あっちこっち行きな
がら造り上げたすんばらしい2曲のデータ
が、ディレクトリが壊れてしまって取り出
せなくなった。

つまり、全滅。

昨日からの徹夜の作業は、そのため。

ピンチはチャンスのいいチャンスなんて言
っときながら、大ピンチはやっぱり大ピン
チ。

大ピンチを大チャンスのいいチャンスにす
べく、必死のパッチで働いております。

明日はエイプリルフール。

でも、今は、冗談も言えないぐらいへこん
でいます。

ほな、さいなら。

はゔぁ ないす エイプリルフール!

今日の嵐、まるで僕の心のよう。

「丸山敬太的艶姿桜祭」

ここ2,3日のドリブログは、衣裳つながり。

っつうことは、「丸山敬太」つながりっつ
うこと。

で、3/28(水)から新宿伊勢丹で開催さ
れている
   ISETAN JAPAN SENSES
   「丸山敬太的艶姿桜祭」

いつもはDCTgarden IKEDAに展示されて
いる「2010年紅白歌合戦」のよしだみの
ピンクの着物が、28日から一週間、新宿
伊勢丹本館1Fのザ・ステージ(という名
前のスペース)で見る事ができるぞ。

散歩がてら、お買い物がてら、立ち寄って
みてみてみてね。

なんていってたらね。

制作作業の心臓、パソコンが壊れた。

大大大大大大ピンチ。

何日もの努力が水の泡になる可能性大。

バックアップはマメにとりましょう。

いつもならマメなのに。

今日に限って。

時差ボケか?

とほほほほほほほほほーほけきょ。

今日はこの衣裳。

自転車に乗ってメインステージを飛び出し
たよしだみは、スタジアムやドームを踊っ
たり二人乗りしたりしながら一周したあげ
く(もちろん歌いながら)レッドキューブ
の「わっる〜い」よしだみバージョンに変
身するのでありました。

もちろん「わっる〜い」AKSも素敵だった
よね。

ドリのオフィシャルfbには、スタッフがUP
してるDWL2011の写真も豊富なので、み
てみてみてね。

東京はいきなり暖かくなってきたね。

あっ、ただいま〜。

New Yorkから帰って来るなり、スタチャ
入りして、制作続行。

ぎゃんばります。

絶賛発売中DWL2011に。

映っている僕らの衣裳の展示が、
DCTgardenIKEDAで始まったぞ。

これ、オープニングの衣装。

この衣裳を身にまとい、「何度でも」の
ファンファーレ・イントロが高らかに鳴る
なか、よしだみは、天女のように宙に舞っ
たのだ。

つうことは、この衣裳も、よしだみと同じ
目線でワンダーランダーズの最高の笑顔と
泣き顔を目撃してるはず。

ドリの男の方は、決して見ることができな
かったあの奇跡の光景を。

くぅ〜。

衣裳にジェラスな僕って、いったい何者?

そんなわけで、冬は冬で最高な池田町に、
是非立ち寄ってみて下さい。

よしだみが生まれ育った池田町の空気は、
絶対スペシャルに違いない。

DCTgardenIKEDAからカキコすると、
リボ
にアップされるというシステムも素
敵。

UPされるたび、池田から便りが届いたみ
たいで(実際そうだ)、とても嬉しいの
です。

次は、あなたからの便りを舞ってます。

木の花。

桜ではないけど、NYに咲く木の花は、美し
い。

コンクリートジャングルのようにいわれる
NYだけど、TKよりもはるかに緑は多い。

実に絶好のロケーションで配置される公園
も手入れが行き届いていて、いつも驚かさ
れる。

公園に必ずといっていいように設置される
子供用の遊び場も、その手入れの細かさと
いったらTKの比にならない。

もちろんペットは入れない仕様で、毎朝丁
寧に整備され、砂場に至っては、そこまで
やるかと思えるほど、ケアーされている。

じゃあペットに冷たい街かと思いきや、ペ
ットを愛するニューヨーカーが大多数をし
めるので、ドッグランをはじめ施設は充実
している。

東京もNew Yorkも経済状態でいろいろある
けれど、現在の住環境に於いては、NYはな
かなかいい線いってる。

じゃあ東京はダメなのか?

いえいえ、東京が勝っているところも実際
沢山あるのです。

こうなると優劣ではなく、好みや街との相
性の問題。

弱ってる時の僕は、東京が好きです。

強気の時の僕は、New Yorkが好きです。

あなたの日曜日はどんなんでしたか?

NYではこれから本格的に日曜日。

そんな日曜日に「ファンケル」CMのムー
ビー撮影現場をご紹介。

あのスケール感は、日本最大級のスタジオ
で撮影したたまもの。

CGで合成じゃなかったんだねぇ。

ほんと現在はCGも素晴らしいけど、本物
の奥行き感というのも、凄い説得力。

そこで、ひとりっきりで堂々とパフォーマ
ンスするよしだみのリアリティーは圧巻で
した。

「ファンケル」CMにであったら、そのへ
んあらためてチェックしてみてね。

さて、

NYは昨日からまた寒くなって、この週末、
冬に逆戻り。

油断してると風邪ひきそう。

オフィシャルfbも、みんな利用してくれて
るみたいでよかったなぁ。

店内ドリだらけ。

猫灰だらけ、店内ドリだらけ。

またまた日本から情報がはいった象。

つまり、こういうことらしい。

我らが相棒、ユニバーサルミュージック
にあるLAWSON 『赤坂8丁目店』では、現
在、DWL2011発売記念で店舗全体がドリ
カムジャック仕様になっております。展開
は、4月10日までです。

むむむ、やるなぁ。

お近くでお仕事なさってるドリブロガーの
みなさま、もちろんお近くにお住まいのド
リブロガーのみなさま、是非、お立寄りく
ださいませ。

一枚の写真では表現できないくらい、ドリ
だらけだそうです。

そんな盛り上がってる日本の様子に、ます
ますクリエイティブなパワーがみなぎるド
リでございます。

ちなみに、NYでは、桜が咲いています。

むむむ、やるなぁ。

で、僕といえば、今朝のジョギング中に、
またもや、犬のおうんこを踏んでしまった
のです。

むむむ、やっちゃうなぁ。

でも、ちょっとだけよ。

やっぱり僕が。

美しさを解き放たなくってよかったぁ。

スタッフから送られてきた「FANCL銀座ス
クエア」の写真をみると、この大役は、我
らがよしだみ以外考えられないものねぇ。

ドリボやトラバやfbに、『DWL2011DVD
&ブルーレイ』
の感想たくさんで嬉しいん
だけど、やっぱりよしだみのことばかりに
なってしまいがち。

まあ、時期が時期だから仕方ないけど、僕
の感想もカキコしてね。

って、言いながら、でも納得なんだよね。

だって、僕、ほとんど映ってないもの。

まあ、MCのシーンはドリカムの男の方だ
から映って当然なんだけど、楽曲中は少な
めでしょ。

そう、曽利監督がわざわざ選んで下さった
僕のカットを使ってでも、他に見せたいシ
ーンが山ほどあったので、編集の西山さん
に残念がられながら、僕のカット減らしま
した。

で、たまたま映ると、ちょっと顔とかの表
現がオーバーなような感じでしょ。

でもね、これ、DWL1995のとき、演出家
のケニー・オルテガ(マイケルの演出家で
もある)に教えられたのね。

「スクリーンに頼るな!」って。

「1秒たりとも怠ることなく、どんなに距
離があっても、6万人全員に届くような表
情をしろ!」って。

「そのアティチュード(心構えや態度)を
リハーサルの時点から本気でやらないと、
お客さんを楽しませることなんて絶対でき
ないよ!」って。

その教えをココロに刻んでずっとLIVEやっ
てます。

だから、映像的にはちょっとやり過ぎ感が
あっても、大目に見て下さい。

ってなわけで、具体的にどのシーンが好き
だったかも教えてね。

みんなのカキコ、よしだみにとっても、制
作作業の大きなエネルギーになるはず。
 

Facebook DREAMS COME TRUE オフィシャルページ!

0321についにオープン

たくさんのオフィシャル開設のご要望にお
答えします。

こちらへもコメント、ばんばんお願い。

おおきな発表が目白押しだったので、頭が
熱くなりっぱなしのこの何日間。

正直、あんまり眠れなかったような。

ちょっと頭を冷やしに、近所のハドソンリ
バー・パークに散歩に出掛けた。

グランド・ゼロの跡地に建設されているリ
バティータワーもこんなに高くなった。

よしだみの発表から、たくさんのお祝いの
メッセージ届いています。

ほんとに、ほんとに、ありがとうございま
す。

本人も、感謝の気持ちを、歌に、パフォー
マンスに乗せて、10倍返しするはずです。

で、

贅沢を言うわけではないのですが、『DW
L2011』
の感想も聴かせてもらえたら、今
やってる制作作業のエネルギーになります
ので、はい。

だって、完全にリリースのことぶっ飛んじ
ゃったでしょ。

ドリボでも、トラバでも、Facebookでも、
あなたの好きな方法で、ドリにタッチして
ください。

あなたにタッチされるたびに、僕のハート
は、キュンキュンと鳴くでしょう。

それと、

これは贅沢な話ですが、ヨヨヨのブログ
も何らかのリアクションお願いします。

読売新聞にあんなすんごい広告を打ったの
で。

彼、ああ見えて、センシティブの固まりな
んです。

ちなみに、ヨヨヨがよしだみの件を知った
のは、ドリブロガーのみなさんと同じタイ
ミングです。

僕の時もそうでしたが、ヨヨヨの本業、記
者としてのプライドに多少傷がついたのは
否定できません。

よろしく、みなさまにフォローお願いしま
す。
 

よしだみと樹音くんへ。

めでたい!

音楽の神様に祝福されたふたりだもの。
素晴らしい音楽がどんどん生まれ、
その音楽に包まれながら、
沢山の笑顔とともに、
うれしくて、
たのしくて、
大好きな毎日が訪れるに違いない。

愛、最強!

PAGETOP