aikoちゃんのNEWアルバム「時のシルエット」

ドリカムの秋からのツアー「裏ドリワンダ
ーランド」
、つまり、「ウラワン」の公式
キャラクター「ワルクマ」が持ってるのは
、僕が今一番聞いてるお気に入りのアルバ
ム。

それに、オリコン初登場一位も嬉しいじゃ
あ〜りませんか!

aikoちゃんがどう僕のことを思っているか
は知らないけど、aikoちゃんと共演してか
らは、ずっと勝手に妹のように思っている
ので、一位は自分のことのように嬉しいの
です。

もちろん全曲特大の「花丸」なんだけど、
特にお気に入りは、M4の「 ずっと」と,
M5の「向かいあわせ」。

この2曲、詩も、曲も、アレンジも、パフォ
ーマンスも、ヤバいっす。

特にこの並び(曲順)で聞くと、よりヤバ
いっす。

だからアルバムはいいのです。

曲順や曲間にも、アーティスト本人やスタ
ッフの強い想いが入ってるから、ダウンロ
ードでコンプするのもいいけど、アルバム
でその曲順で聴くと、より伝わるものがあ
って格別の味わい。

「みんな〜、好きなアーティストは、CDア
ルバムも買いなさい!」

今回も、aiko印の高い品質。

ワイルドでアコースティックでヘビーで
ロックでポップなトラックに、aikoちゃん
の一語一句が、ウルトラクリアーに届く秀
逸なMIX。

aikoちゃんのメロディーと巧みなコードワ
ークにはいつも唸らされます。

詩に関しては説明はいらないでしょう。

そのまま聴くものの心に染み込む「知らな
いうちに涙溢れ出す」系。

ブックレットだっていいぞ。

aikoちゃんの魅力満載の写真が満載。

う、う、お得感、満載。

「だからCDアルバム買いなさいってば!」

スターチャイルドスタジオ産ブドウ。

何年か前に、スタチャの屋上を緑化した時
に植えたブドウの木に、やっとこさ今年、

    「実がなったぞぉ〜」

北海道は池田町のワイン城にある「ドリカ
ムブドウ園」こと、
 「DREAMS COME TRUE VINEYARD」
も、ついに収穫の年を迎えます。

この「ドリカムブドウ園」物語り、とても
心がほっこりするので、こちらのサイトで
見てね。
http://www.dctgarden.com/IKEDA/VINEYARD/index.html

あのとき一緒に植栽した池田中学校と高島
中学校の約100名の当時中学3年生のみん
な、

「元気ですか〜?」

大雨の中の植栽、忘れられません。

そんなわけで、屋上でも季節が感じられた
り、緑の匂いを楽しむことが出来るスタチ
ャって、かなり自慢です。

エコとかCO2削減とか、その行為自体が楽
しいものであることが一番。

お金もかかるけど「そのために頑張って働
いちゃうってのも悪くないなぁ」なんて思
いながら、「MYブドウ」を見上げて、鼻を
膨らます僕でした。

九州ベィビーズ、大雨、大丈夫ですか?

エスティマ HYBRID DCT1号、DCT2号、発進!

待ちに待った、瞬間。

せっかくなので、2台並べて記念写真。

「う〜ん、かっくいい!」

われらが「ちっちゃい会社」が、なんと
2台購入しました。

「いや〜、ありがとう!」

新しくなった「クルマ」としての
エスティマ HYBRIDの魅力は言うまでも
ありません。

走りも、デザインも、車内空間も、完璧。

僕は、「クルマ好き」ではなく(だって、
メカとかスペックとかはめっぽう弱くて
「クルマ好き」なんてとても言えません)
「クルマに乗るのが好き」で、もう30年
以上もいろんなクルマに乗ってきたんだけ
ど、納車されたエスティマ HYBRIDを運転
して一番に感じたのは、カラダとクルマの
シームレスと言っていいほどの一体感。

この乗り心地には驚いた。

でもね、

この購入を決断した大きな理由はほかにも
あるのです。

それは、僕らドリがお手伝いさせて頂いて
る「CREATE THE FUTURE PROJECT」
を通して学んだことにあります。

つまり、エスティマ HYBRIDが、単に移動
手段としての「クルマ」(また言っちゃう
けど、それだけでも充分素晴らしいクオリ
ティーなんだけど)から、非常時の電源供
給車であり、電源供給機能を持った簡易避
難所として機能する「クルマ」に進化して
いたということです。

非常時の最低限必要な家電を充分にまかな
えるであろう、大容量100V/1500Wコンセ
ント機能。

お年寄りや子供達が充分にカラダをのばし
て、雨や雪、暑さや寒さを凌ぐことが出来
る、様々なシートアレンジが作り出すゆと
りの空間。

それは、起きるかもしれない災害時に(も
ちろん絶対起きないに越したことはありま
せん)、DCT1号、DCT2号が一緒にいてく
れれば、我がチームも誰かのために少しで
も役に立つことが出来るかもしれないと考
えたからです。

そんなわけで、僕らが持っていた「クルマ」
の概念を、根本から変えてしまったエスティ
マ HYBRID。

「天才タマゴ」は「想像を超えるタマゴ」
に。

そんなエスティマ HYBRID に乗って、

     トヨタ エスティマ
  CREATE THE FUTURE PROJECT 
      2nd ACTION

のために、石巻の子供達に会いに行きます。

「まってってね〜」

去年の夏休みを。

なんとかかんとかやりくりして、やっとこの
タイミングで取ることができました。

ってなわけで、ドリブログ、お休み頂いてま
した。

「さみしかった?」

とはいえ、ちょう限られたピンポイント的期
間なのに、まさかの台風4号、5号の二連発に
ばっちり当たってしまい、強風と大雨。

「こりゃ2011年のDWL西日本から、台風
とタイミング合い過ぎでしょう」と驚きの
連続でした。

各地被害も大きかったので、ドリブロガー
のみなさんのことが気になってます。

当たり前ですが、東京とのやりとりも多い
ので、頭は仕事のことばかりでなんだか休
んだ気はしませんが、カラダだけでもここ
沖縄に置いておくことができるのは、贅沢
の極み、ほんとに幸せで自分の境遇に感謝
せずにはいられません。

そんなサボさんな僕に対してよしだみは、
すでに「裏ワン」の準備に余念がありませ
ん。

やるときはやる、やらないときもやる、よ
しだみ。

で、

2012年も早くも後半戦に突入しようとし
ています。

気ばかり焦ってしまうけど、千里の道も一
歩から。

「千里」といえば、大江千里さんがついに
アルバムを発表するというニュース。

「Boys Mature Slow」

強靭な意志を持ち、自分の志す道のために
は努力を惜しまないひと。

僕みたいに元祖ビビリには、その真似すら
出来ません。

「大江千里の音楽」待ち遠しいです。

梅雨明した沖縄の海を見ながら、ニューヨ
ークでたったひとり奮闘する彼にエールを
贈る僕なのです。

6月14日は「世界献血者デー」

何故ならこの日は、ABO式血液型を発見
して、ノーベル賞を受賞したカール・ラン
ドシュタイナーの誕生日。

献血の大切さを再確認し、献血を促進し、
また、献血してくださっているみなさんに
感謝するために制定された「世界献血者デ
ー」に、偉大な「ライヴハウス武道館」
(LOVE in Actionプロジェクトリーダー、
山本シュウ命名)に集まった「武道館ベィ
ビーズ」と DCT recordsのアーティスト達。

日本全国からも、ベィビーズのあたたかい
気持が、武道館のセンターステージに集ま
りました。

その証拠に、よしだみはステージに登場す
るなり「全身で感じたみんなの想いに鳥肌
が立って止まらなかった」と証言していま
す。

山本シュウさんと小林麻耶さんのMCに大爆
笑したり、大泣きしたりと、いろんな気持
が満載のイベント。

ライヴ終了後には、このイベントのために
全てを捧げて働いたスタッフの感動的なコ
メントもあり。

献血はもちろんのこと、ひととひとの繋が
りについて、深く考える切っ掛けを与えて
くれる、素晴らしいイベントでした。

シュウちゃんが言い続ける、
『WE ARE シンセキ』

「武道館シンセキベィビーズ」も、その言
葉の意味を実感できたのではないでしょう
か。

さあ、次はあなた達の番です。

昨日感じたこと、受け取ったこと、繋がっ
たことを、どんな方法でも、いつでもいい
ので、全世界に伝えて下さい。

僕らも、がんばります。

ずっと、ずっと。

武道館に到着!

「LOVE in Action Meeting(LIVE)」の二日
目は、「LOVE in Action」 と我らが、
DCT records」のコラボレーションデイ。

さっき、シュウちゃんこと山本シュウさん
と、日本赤十字社の掛川さん率いるチーム
「 LOVE in Action」にご挨拶したんだけ
ど、昨日の一日目は、もの凄い盛り上がり
だったそうだ。

きっと今日は、献血してくれるひとがわん
さかに違いない。

もちろん、いろんな事情で献血できないひ
とも、いっぱい献血について話していてく
れるに違いない。

僕らDCTファミリーも負けちゃいられない。

全力で音楽して、この活動に協力させて頂
くのだ。

今日武道館には来ることができない全国の
ベィビーズの諸君。

君たちの力も借りたいのだ。

武道館へ、ありったけの想いを飛ばしてく
れぇ!

まってるよ。

それじゃ、のちほ。

「 LOVE in Action Meeting(LIVE)」に参加するために。

Who the Bitch 」遂に、来日!

言い換えると、

「MY TIME TO SHINE」のミュージック
ビデオの主演女優のehiちゃんや、「想像
を超える明日へ」
のミュージックビデオ
で、どういうわけかベースアンプを挟んで
首をブンブン振ってくれてるyatchとNao★
ちゃんがメンバーの、初のヨーロッパツア
ーを見事完走したバンド「Who the Bitch」
が、よれよれになりながらも、やっと、
無事、日本に帰ってまいりました。

帰国一発目にehiちゃんが僕に言った言葉。

「やっぱ、あたし、日本食、好きやわー」

Nao★ちゃんの情報によれば、この台詞、
ヨーロッパツアーの四日目に、すでに始ま
っていたらしく、みそ汁が相当恋しかった
様子。

わかる、わかる。

僕も初めてロンドンでレコーディングした
時は、毎晩夢で日本食の夢を見たもの。

そんな彼女達、旅の荷物を解く暇もなく、
「LOVE in Action Meeting」の準備に突入。

今日は偶然LOVEさんが来たり、ファジコ
がスタジオに入っていたりで、ビッチ
の三人含め、同窓会状態。

そんな一生懸命音楽する娘や息子達に囲ま
れて、僕は目を細めるのでありました。

しかも、午前中から、よしだみとAKSの一
人、KEITAが、またまた激しいレッスンを
していたので、一日中活気に満ちあふれる
スタチャだったのであります。

こんないいムードで武道館に乗り込むので
あります。

「LOVE in Action Meeting(LIVE)」
楽しみです。

今夜のオーストラリア戦も、楽しみ。

さっそくの献血報告。

そして、いろんな事情で献血はできないけ
ど、献血に対する熱い気持、たっくさんあ
りがとう!

お礼と言っちゃなんだけど、シュウちゃん
とチーム「LOVE in Action」のみなさん
にお会いする直前に、NHK方向のすんごい
夕焼けゲットしたので、UP。

でもねぇ、ほんと、みんなが言ってるよう
に、昨日飛んでいってもらったページ見て
読んで、改めて知ったことが多くて、ちょ
っとあせったよね。

「こりゃぁ献血、そく、んでもって、定期
的にちゃんと行かねぇと、マズくねぇ?」

なんて、思わず心の中でつぶやいちゃった
ですよ。

「LOVE in Action Meeting(LIVE)」
まであと一週間。

来週の木曜日だよね。

今、ドリブログってる隣りのスタジオでは
、よしだみとAKSが、大汗かいてリハーサ
ルしてるよ。

ヤツら、はんぱねぇっす。

何だか1000本ノックみたいで、かなりハ
ード。

もちろんケイタは、すでに上半身裸になっ
ちゃてるけど。

ライヴで是非その成果を見てやってくださ
いな。

みんなも出来るだけ、つぶやいたり、いい
ね!したり、シェアーしたりして、
「LOVE in Action 」を広めてちょうだい。

ロゴマークも、カワユス。

今日はまずこのページを見てほしいのです。

「わずか40分で助かる命がある」
http://ken-love.jp/40minutes.html

ドリブログ見てるあなたの環境でうまく見
れなかったら、パソコンがある時でもいい
ので是非、是非。

このことをできるだけ多くのみんなに知っ
てもらうために、僕たち DCT recordsは、
今月の14日、日本武道館で行われる
「LOVE in Action Meeting(LIVE)」
に参加するのです。

そのBIGプロジェクトのリーダー、レモン
さんこと山本シュウさんから、その熱い熱
い想いを受け取って、献血推進活動のため
の根性入れ直しました。

一緒に写っているのは日本赤十字社の掛川
さん(右)と大西さん(左)。

おふたりとも「シュウちゃん」(僕は「山
本シュウさん」のことを「シュウちゃん」
と呼んでます)と抜群のチームワークで
この活動の推進に命を掛けていらっしゃい
ます。

もし、あなたの大切なひとに輸血が必要に
なったとき、あなた自身に輸血が必要にな
ったとき、輸血用の血液が足りなくなった
ら。

献血のチャンスをもってるひとも、献血を
することが出来ない人も、献血の意味を今
一度考えてほしいと強く思うのです。

まずは、ここからはじめましょうか。

PAGETOP