新潟ウラワン!ベ イ ビ ー ズ !!!

ずいぶんご無沙汰しちゃいいました。

朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
、約3年9ヶ月ぶりだそうです。

あいたかったよ。

「FANCL presents
  裏ドリワンダーランド2012/2013」

よしだみ率いる、よしだみ以外全員が「寒
がり」の「ワルクマ軍団」、やっとこさ、
ここが地元のスタッフが沢山いる、新潟に
到着!

日本一長〜い信濃川と、重要文化財の萬代
橋に、「おひさで〜っす」

「雨男」レインマンから脱却かと思いきや
、スノーマンにスムーズに移行。

新潟市内は雪積もるの珍しいそうで。

やれやれ。

でも、「ワルクマ軍団」のあっついハート
が、あなたの心に積もった雪を溶かしてみ
せましょう。

仕上げは、僕の、ソーセクシー光線でメロ
メロになっちゃうから。

S+AKSと黒ドリダンサーズ、朝早くからハ
ードなリハーサルをやってる。

これから僕らも合流して、一汗流します。

ベイビーズも寒さ対策バッチリして、この
わくわくなひと時を過ごしましょう。

昨日は「ワルクマ」が言いたい放題で、し
っつれいしました。

お仕置きしておきます。

んじゃ、のちほ。

雪は嫌いじゃないぜ。

オレ、ワルクマ。

雪の中では、「シロクマ」

あ、ふつうじゃん。

東京は、まだまだ、雪残ってるぜ。

これ、2013.01.05のファジコンのJUON
のDIARYにインスパイヤーされて、写真撮
ったんだけど、寒いって!

写真撮った、まさがだけど。

でもさ、よしだみの様子を知るには、同じ
くファジコンのSATOKOのDIARYのほうが
、ドリブログよりいいかもな。

そういっちゃ、もともこもないけど。

まさじゃ表現できないような名文で、よし
だみのリアルな姿、ベイビーズに伝えてい
るものな。

詩を書くヤツ=文才のあるヤツらは羨まし
いぜ。

しかも彼女、絵も、天才。

絵本とか出したらいいのに、マジで。

数は少ないだろうけど、まさのことを知り
たいなんて希少価値の天然記念物ベイビー
ズは、JOEのDIARYだな。

ベーシスト同士、お互い尊敬し、愛し合
ちゃってるんだけど、その愛情が、なんだ
か行き違ってるというか、すれ違ってるの
がいいよな。

JOEはハンサムだから、女子ベイビーベイ
ビーズに絶大な人気。

役者とか挑戦したらいいのに、マジで。

S+AKSや、DCTホーンズや大谷さんや、ゲ
ンちゃんや、ファジコンはさ、ドリカムの
バックじゃなくて、おまいらベイビーズの
コトを一番に考えて、ドリカムの音楽を届
けるために全力で突っ走ってるんだよな。

よしだみが、どんなにヤバくなっても、ベ
イビーズに愛の波動法を打ちまくるために
、彼等はガッツリ支えてくれてるんだよな。

まあ、まさがやっちまった時は、よしだみ
が支えてくれるんだけど。

だから、もっと彼等のことを知ってもらい
たいんだよな。

それイコール、よしだみの姿が伝わるっつ
うことなんだよな。

まさが伝えようとすると、なんか下心が見
え隠れするんだよな。

で、よしだみは、おまいらに何を伝えたい
か。

それは、よしだみの、声が枯れても歌いま
くる歌声の中に、そこまでやらなくてもい
いでしょってなパフォーマンスの中に、滝
のような汗の中に、うれしくてジャージャ
ー流れる涙の中に、おまいらに深々とお辞
儀をする姿の中に、全てがあるんだよな。

前から言ってるんだけど、よしだみは、綺
麗に上手に歌を歌うひとじゃないんだな。

ぐっちゃぐっちゃで、どんがらがっしゃん
で、じたばたして、毎回精も魂も使い果た
しちゃって。

ライヴ見ないとわかんないよな。

最近だって、CDショップの人が、ライヴで
そんなよしだみ見てくれて、「僕、ドリカ
ムずっとナメてました。これから違った気
持でCD売ります」って言ってくれたらしい
ぞ。

嬉しいジャマイカ。

そんなライヴができるのも、おまいらのお
かげだ。

おまいらがいて、よしだみがいて。

よしだみがいて、おまいらがいて。

音楽って、すごいな。

そんなわけで(まさみたいな表現だ)、

「FANCL presents
  裏ドリワンダーランド2012/2013」

まだまだ、ぶちかますぜ。

おまいらも、よしだみ率いる「ワルクマ軍
団」の愛、全世界に広めてクレヨンしんち
ゃん。

で、「おまいら」なんて呼んでゴメンな。

これもオレの屈折した愛の表現だからさ。

んじゃ、新潟で。

オレもオープニングで出てるからさ。

え?ネタバレ?

ご、ごめんなさい。

「ニュートン・フォークナー」の3rdアルバム日本盤。

ついに、発売!!!

2009年「NHK紅白歌合戦」でトゥゲザ
ーして、僕らとともに「もはや伝説!」と
評判頂いてるステージを作り上げたニュー
トン

彼の待望の3rdアルバム
『ライト・イット・オン・ユア・スキン』

なんと全英チャート1位を獲得したのだ。

よしだみと僕、その日本盤発売を祝して、
心を込めてコメントを書いたぞ。

ドリブロガーにも読んでほしいので、UP。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

NEWTONの、シンガーとして、またソング
ライターとしての「言葉では表現できない」
素晴らしさは、吉田美和がきっと「言葉」
にしてくれると思うので、楽器を演奏する
ものの端くれとして一言。
「NEWTONのアコギ、ますますヤバいぜ!」
デビューした時点で、そのオリジナリティ
ー溢れるギター奏法は確立していると思っ
ていたが、このアルバムで聞かれる彼のパ
フォーマンスは、僕の想像を遥かに越えた
より創造的なものだった。
60年代70年代、ロックでもフォークでも、
天に二物(それ以上)を与えられた数々の
イノベーターが出現した。NEWTONは、ま
さに今を生きるイノベーターだ。
是非DVD付属のアルバム(*)を手に取ってほ
しい。そこには、あまりにもやさしくて融
けるような笑顔をもつ、イノベーターが映
っている。

— DREAMS COME TRUE 中村正人
(*)DVD付属のアルバムは初回生産限定盤と
なります。

丁寧に誠実にきっちり作ってきた!
やりたいことも明確で 彼自身がいろんな
音楽のファンであることも伝わってくるめ
ちゃくちゃ気持ちの良い一枚です!
聴くとうれしくなっちゃいます!!
言葉も 彼ならではの名比較、名ライミン
グがあちこちで光りまくりです!
しかも優しいんだよ、とっても。

ライヴ収録分のギターがまたいい音してる
んだよなぁ。
今度会ったら、どうやって録ったのか聞い
てみよっと!:):)

—ドリ よしだみ

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

さらに、5/18(土)&5/19(日) 横浜赤
レンガ倉庫で開催される
「GREENROOM FESTIVAL ’13」
http://greenroom.jp
にも出演が決定!

みんな、見に行くべしべし、けむんぱす。

【ニュートン・フォークナー: 
          バイオグラフィー】

英国出身のシンガーソングライター。13
歳でギターを手にし16歳でアカデミー・
オブ・コンテンポラリー・ミュージックに
入学、“タッピング・ギター”という、リ
ズミカルでパーカッシヴなスタイルに目覚
める。
ソウルフルなヴォーカルと並外れた超絶ギ
ター・テクニック、そして懐かしくも新し
いハイブリッドなアコースティック・サウ
ンドは作品毎に磨きがかかり、本作は1st
アルバムに続き2度目の全英チャート1位を
記録した。
ここ日本では、2009年「NHK紅白歌合戦」
で、DREAMS COME TRUEと共演も果たして
いる。

それにしても、みんな、例の雪は大丈夫だ
った?

うちは、シャワルームの天窓が雪の重みで
抜けて、星空シャワールーム(極寒)にな
ったよ。

やれやれ。

DCTオフィシャルFbで、報告待つ。

へっちゃらちゃら〜。

FANCL presents
  裏ドリワンダーランド2012/2013

どんなにMC噛んだって、すべったって、

へっちゃらちゃら〜、へっちゃらちゃら〜。

何故なら、よしだみの大阪ウラワンベイビ
ーズが、なんだかんだいったって、僕も応
援してくれてるからさ。

本番前、そのグレイトな大阪ウラワンベイ
ビーズのひとりになってくれたシャーちゃ
ん(シャーリー富岡さん)の番組に呼んで
頂いた。

FM802「Saturday Amusic Island」生出演。

そしたらファジコンの3人も一緒に出演さ
せてもらちゃって、僕は心強かったけど、
番組自体は大混乱。

とくにJOEにゃんの一言には、全身凍り付
きました。

しょうがないねぇ。

何事にもリスクはつきもの。

今日のところは、

「リスク=JOE」の公式が成り立つ。

でも、よしだみがラジオ聴いててくれて
「楽しかったぁ〜」なんて言ってくれるも
んだから、ま、いいか。

シャーちゃんとは、もう、30年以上のお
つきあい。

なんだか心の底から嬉しいんだよね、会え
るのが。

ここのところすれ違いだったので、特に。

シャーちゃん、スケジュールが許せば、
2月16日(土)大阪 Music Club JANUS
「ファジビッチ!! 2012-2013
      〜 special guest AKS 〜」
supported by ミスタードーナツ
に来てくれるみたい。

みんなも、是非、おこしやす。
ファジビッチ!! 2012-2013
      〜 special guest AKS 〜
それにしても、大阪ウラワンベイビーズ
2日目も凄過ぎて、キャスト一同煽られま
くり。

でもそこは、よしだみちゃん率いる「ワ
ルクマ軍団」

きっちり、愛最高の波動砲打ちまくりまし
た。

愛のエクスチェンジ、大成功。

大阪に頂いたパワーで、これからのツアー
さらにヒートアップでバストアップ。

「大阪ぁー!愛してるぜー!」

「大阪LOVER 」の女の子は。

新大阪駅だけじゃなくて、大阪伊丹空港も
時々使うはず。

よしだみに、聞いてみよーっと。

だって、実際、どれだけのウラワンベイビ
ーズが、

「FANCL presents
  裏ドリワンダーランド2012/2013」

に参加するためにこの空港に降り立ったか
想像するだけで、ありがたくて涙じゃあじ
ゃあでるよ。

その想いが爆発したのが今日のライヴだっ
たんだなぁ。

僕のソーセクシーMCが、どんなに空回りし
ようとも、大阪ウラワンベイビーズのバッ
クアップは、ハンパありましぇんでした。

それに、よしだみのあのアドリヴには、泣
いちゃったですよ。

24年前に、どこよりも早くドリカムを見
つけてくれた大阪でのライヴは、格別であ
りました。

大阪1日目は、やばちょふやばちょふふる
しちょふ。

「もう、どうにでもして〜!」っていう感
じ。

ファジコンのJOEにゃんじゃないけど、パ
ンツ脱いでしまいたかったですよ。

「この一球は、無二の一球なり」のごとく
、一つのライヴに全生命を掛けて歌うよし
だみの、これまた全生命を掛けて歌う2日
目の「歌」って、どうなっちゃうの?と心
配しながらも、『そうだよね。それが吉田
美和なんだよね』と、半分泣きながら見守
る僕なのでありました。

よしだみにとって、「生きること」は「歌
うこと」。

毎回、これで最後かと覚悟を決めてステー
ジに立つよしだみの後ろ姿を、その歌を、
みなさんの目に耳に、焼き付けてほしい。

そして、当たり前のごとく、僕の今日も、
あなたの今日も、これで最後なのだから。

「れっつはゔぁぱーてぃー!」

僕らとともに、ソーセクシーな「明日」と
いう一日のために。

想像を超える「明日」のために。

大阪ウラワン!ベ イ ビ ー ズ !!!

よくぞ2013年まで待っていてくれまし
た!!!

FANCL presents
  裏ドリワンダーランド2012/2013

よしだみ率いる、全員が「大阪LOVER
の「ワルクマ軍団」、ついに愛が辿り着く
場所
、大阪に到着!

そして、このツアーではめったに無い、
「は、は、は、は、晴れだーーー!!!」

2012年は「レインマン」の呪縛から逃れ
られず、十中八九雨が降ったんだけど、
今年はさい先いいぞ。

January 08, 2013ドリブログの笑激に、
DCTオフィシャルFbへの絶大なる反響、
ありがとうございました。

ただ、今日、明日、お越しになるウラワン
ベイビーズ全てのみなさんがドリブログを
読んでいるわけではないので、僕にお声を
掛けて頂けるなら「ヒゴさ〜ん!」ではな
く、「ソーセクシー中村ぁ〜!」でお願い
します。

なんせこの件については、ダチョウ倶楽部
の肥後さん本人にはまだお知らせしておら
ず、なにかと失礼があってはならないと考
えます。

そこのところお察し頂かれば、「ソーセク
シー中村」が、ますます輝くことができる
という段取りでございます。

よしだみは2013年も元気です。

夕べも「ドリカムミーティング」を開き、
これからのことをあれやこれやと話し合い
ました。

気の早い話しで、鬼が爆笑するかもしれま
せんが、来年は25周年、再来年はワンダ
ーランドと、わくわくが止まりません。

その始めの一歩として、大阪公演、ウルト
ラ最高のライヴをやりまっせ。

どうぞ、こころもからだも裸になって、ド
リカムの音楽のシャワーを存分に浴びて下
さいませ。

それじゃ、のちほ。

「ドリカムのヒゴさん、キーボードの」

2013年も

「FANCL presents
  裏ドリワンダーランド2012/2013」

を全力で走りまくるべく、走りまくった
2012年をリセットしようと、しばし本州
から離れたところで(だから、沖縄だって
ば)リラックス、あーんど、リフレッシュ
な約一週間弱。

たまたまランチのために立ち寄った沖縄料
理店で、そのお店の料理長(女性)に声を
かけて頂いた。

彼女の手には「色紙」が2枚。

それをめざとく見つけた僕は、ちょっと鼻
膨らましながら、こう思った。

『おお、オレも有名になったもんだ。よし
だみが隣りにいなくたって、自ら名乗らな
くたって(当たり前だ)、化粧してなくた
って(全くもって当たり前だ)、「ウラワ
ン!」のスタッフTシャツ着てなくたって
(ふざけるな!)、ドリカムの中村だって
バレちゃうもんねぇ』

すると予想通り彼女が言った。

「あのー、申し訳ないですけど、サイン頂
けますか?」

なんて丁寧、ヴェリーポライト、やさしい
笑顔。

せっかくのお声がけ。

料理長に僕との思い出を少しでもいいもの
にして頂くために、ユーモアにかけてはず
ば抜けたセンスがある僕は、冗談のつもり
で、こう切り返した。

「あははは、サインなんて光栄だなぁ。た
だ、僕の名前をご存知じゃなきゃ、サイン
しませんよぉ。ははははは」

すると料理長、満面の笑みでこうおっしゃ
った。

「わたし、ずっとドリカムの大ファンなん
です」

「わー、ありがとう!」

「大阪のライヴも行きました!」

「わー、ほんとにぃ!じゃ当然、僕の名前
もご存知のはずだぁ。さっすがぁ」

「もちろん!」

「じゃあ、僕の名前はなぁーんだ?」

「ドリカムのぉ・・・」

「ドリカムのぉ?」

「ドリカムのぉ・・・・・・・・・・・」

この時点で、僕は多少の失望感とともに、
当然のごとく察したのであった。

『ああ、やっぱりね。オレの 名前はわか
らないのねんのねん。ちょっとショック、
フナムシチョーック!』

その次の瞬間、料理長から発せられた言葉
に、僕は驚愕した。

彼女はちょっと口の中でモゴモゴしながら
こう言ったのだ。

「ヒゴさんですよね?」

『え!!!!!!!!!!!』

僕の心の中で、僕の一番大切にしていた何
かが(それはなんだ?)、あっという間に
破壊されてゆくのを感じながら、なんども
口には出さず繰り返した。

『え!!!!!!!!!!!』

『え!!!!!!!!!!!』

『え!!!!!!!!!!!』

心の中の破壊された何か(だから、それは
何なんだ?)にまみれながらも、僕は必死
で考えた。

『ちょっと待てよ。彼女は、実は本気で、
僕をダチョウ倶楽部の肥後さんと間違えて
いるのかもしれない』

さらに僕は、真っ白になっているにも関わ
らず、恐ろしく冷静な頭で考えた。

『そうだ、そうにちがいない。だから冗談
で「ドリカムのヒゴさんですよね」なんち
ゃって言ったに違いない。なんてジョーク
の上級者なんだ。ははははは。でも、僕が
本物のドリカムだって気づいたら、たいそ
うびっくりするだろうなぁ。うひひひひ』

水戸のご隠居の印籠のごとく、ダチョウ倶
楽部の肥後さんじゃなくて、ドリカムの男
のほうの本物であることを彼女に告白する
ことで、この不利な戦況を一挙に打開しよ
うする僕。

「ははははは。ダチョウ倶楽部の肥後さん
だと思ってたんでしょう?まったぁ。もう、
冗談うまいんだからぁ。でもね、残念でし
たぁ。僕、ホントのドリカムの・・・」

「だから、ヒゴさんですよね!キーボード
の!」

そんなわけで、僕は、きっちりとサインを
書いて、この貴重な経験を決して忘れるこ
とのないよう、彼女と写真を撮ってもらう
ことにした。

去年は「ウラワン!」において「ソーセク
シー中村、ちょう拡散&浸透しつつあるよ
ねぇ」なんて、スタッフに自慢しながら自
惚れていた僕にとって、現実を知るという
意味で、この出来事に心から感謝している
(本当に感謝してるってば!)。

2013年。

ただならぬ幕開けであった。

おーしーまいっ!

ニヨから、新年あけおめメール(っていっ
ても、昨日送ってきた。昨日だよ。彼にと
っての僕に対するプライオリティーが、去
年に比べて、確実に落ちていることを物語
る)に返事しなきゃ。

明けましておめでとうございます!

「FANCL presents
  裏ドリワンダーランド2012/2013」

カウントダウンライヴ@福岡、大成功!

特別にその瞬間をUPして、この幸せを、
世界中のみんなと分かち合いたい。

ドリカムの音楽を聴いて下さるみなさま
への、尽きることのない感謝と、最大級
の想いを込めて。

みなさんの心に触れ、その心にずっと住
み続ける音楽を、一曲でも生み出したい。

よしだみ軍団、2013年も、ぶっちぎり
で最高の音楽を届ける覚悟でございます。

とにもかくにも、楽しいお正月を。

そして、今も働いているあなたも、素敵
な一日になりますように。

明け方、雪降る福岡から、

愛を込めて。

PAGETOP