日曜深夜の「LIVE MONSTER 」

「MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW」
どうだった?

わざと告知しなかったんだけど、忘れなかっ
たかな?

ちょっと意地悪だっだたもしれないけど、
「ドリブロガー力」をテストしたのです。

気を抜くと、寝ちゃうのが日曜日のこの時間
帯。

はい。

感想(もちろん、いいのだけ)をどしどし、
スタートです。

関ジャニ∞のみんなも、いつもとはちょいと
違う質問だらけで戸惑ったとは思うけど、誠
心誠意、受け答えしてくれました。

アイドルとは、総合エンタテインメントの極
みなり。

僕らも、彼等に学ぶところが多いです。

さて、実際、現在も学ぶことだらけの中村が、
頭を丸めてとったアー写のうちの一つをUP。

この作品の場合、上に広がる白い空間が最も
大事な部分。

つまり、「ドリカムは、まだまだ伸びしろが
ある!」っつうことを言いたかったのです。

ね、深いでしょ。

たかがアー写、されどアー写。

昨日の正解は、
きみにしか聞こえない」のアー写だそうな。

もう、僕には、全然ワカリマシェ~ン。

さあ、台風、準備は万全ですか?

ちょっとチカラが入ると。

自分らしくない写真になることもある。

ちょっと中村の顔、へんだよねぇ。

まるで、中村らしくない。

チカラが入ってるというよりは、顔がむくん
でいるのか。

外の光が眩し過ぎるのか。

とにかく、「らしくない」写真だ。

よしだみは、いつもの通りなのに。

長年、撮影をやっていても、なんだか調子が
出ないことがある。

もちろん一生懸命撮影に望むのだが、なんだ
かダメなときがある。

この写真が典型的な例だろう。

ポーズもぎこちない。

パリコレでモデルをやっていたとはとても思
えない(無意味なウソ)。

かっこつけてベルトに触るのはいいが、結果
、ずり落ちるジーンズを押さえてるかのよう
な変なポーズ。

そんな絶不調の中村が記録されたこのアー写
はいつのか分かるかな?

「わっかんね~だろうなぁ」(無意味な懐古
趣味)

で、昨日のは「もしも雪なら」のアー写。

でも、こうやってアー写並べるのは、結構面
白いね。

昨日は、1年前にやらなければならなかった
ことをやっと実施。

ホッとしました。

感謝の一日でありました。

ああああ、そうだ。

10日前に言わなければならないことを言って
ない。

10月10日は、みなさんにお祝いを言ってもら
った通り(ありがと!)僕にとっても大事な日
なんだけど、よしだみのおとうさん(通称カエ
ルパパ)のお誕生日でもあるということを言い
たかった。

この一年も、どうぞお元気で。

ドリカムでは「吉田」「中村」が普通の並び

だから、「よしだ」「なかむら」で、

     「よしなか」

ところが、掟破りの並び、「中村」「吉田」
にした瞬間、奇跡が起きた。

「なかむら」「よしだ」で、

     「なかよし」

これを思いついたのはもちろん「よしだみ」

コロンブスのたまごだねぇ。

この時以来、アイデアに詰まったら、僕はな
んでもかんでも逆さまにすることから初めて
いる。

発想とはそういうものだ。

目の前に、答えがあることが多い。

灯台下暗し。

あなたがずっと探し求めている「愛」といっ
しょ。

目の前にあるのに気づかない。

ちょいと話しがズレました。

実際、「Aメロ」と「サビ」をひっくり返し
てみると、「ぴたっ!」と収まることもある。

よしだみが僕のデモを聞いたときもよく言わ
れる。

「まさくん、このサビ、Aメロじゃないの?」

ポルノの晴一くんも「LIVE MONSTER」で
同じようなこと言ってたし(一番と二番の歌
詞を入れ替える)。

おもしろいねぇ。

昨日の答えは「JET!!!/SUNSHINE」のアー
写。

みなさん、正解です。

「JET!!!/SUNSHINE」の
「きくみるセット CD+DVD」には、あの
オカルト的人気を誇る映画「アマレット」の
DVDがついている。

しかも、¥1,260(tax in)な~り。

どう考えても、今でもなお、webでなんでもか
んでも見れちゃう時代でさえ、お買い得でしょ。

出血大サービスの企画パッケージだったけど、
あまりウケなくて「きくきくセット CD+CD」
の方が売れちゃったというお話し。

現実は、コロンブスのタマゴのようなわけには
いかないのだ。

「きくみるセット CD+DVD」、幸いにもCD
ショップで見つけたら、必ずゲットしなさい。

で、

すでにゲット済みの諸君。

あなたが買ったのは「ドッチワーデス?」

急にひゃこ~い空気。

昨日ちょっと外で時間を過ごすことがあった
んだけど、だんだんと冷えてくる感じがして
「おっと、風邪ひきそうじゃない?」なんて
慌てました。

「LIVE MONSTER
  MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW」

が始まってから、体調管理はさらに気をつけ
る様になりました。

毎日TVに出てるタレントさんはすごいねぇ。

変な話し「ものもらい」ひとつできちゃいけ
ないもんねぇ。

僕なんか目が弱いもんだから、「ものもらい」
じゃないにしても最初に目に異変が起きるん
だよねぇ。

幸いいまのところ収録と収録の間で起きてる
からいいけど。

ましてやアスリートの方々は体調管理大変だ
なぁ。

もちろんセンターに立つヴォーカリストも。

みんなも気をつけようって「へっくしょん!」
言ってる先から大きなくしゃみ。

で、
 
ドリブログ2013.10.16は、「OLÁ! VITÓRIA!
のアー写でしたぁ。

よくわかったねぇ。

じゃぁ、これも難しいぞ。

台風26号。

こころがずきずき痛みます。

信じ続けます。

台風26号、気をつけて!!!

もうほんとに気をつけて。

外出ちゃだめよ。

なんやらかんやら心配だと思うけど、危険な
ところに様子見に行っちゃダメよ。

平気だと思ってもダメよ。

昨日の深夜まで、TV収録。

お客さんも、スタッフも、ちゃんと帰れたか
しらん。

でも、無理して帰ろうとしないでね。

安全なところで、台風が去るまで動かないで
ね。

で、昨日のアー写は「マスカラまつげ」の時
のもの。

じゃあ、これは?

台風去るまで、考えてていいから。

メンバーが二人のバンドなので。

アー写の構図が背中合わせっていうのは多い
のかもしれません。

昨日のは、2010年春のアー写。

季節ごとにとる時もあれば、リリース作品に
よってとる時もある。

いろいろです。

さて、

「LIVE MONSTER
  MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW」

感想沢山ありがとうございました。

感想「いいのだけ」を見るのは、非常に嬉し
い。

頑張ります。

で、東京に舞い戻って、録画を見ようとした
ら、が~~~~ん。

失敗していました。

おかしいなぁ。

ちゃんと予約したのになぁ。

てっきりしてたなぁ。

意外と機械音痴だからなぁ。

そんなわけで、ますますみなさんからの感想
が頼りだったというわけです。

来週は絶対リアルタイムで、同時に録画なん
かもしちゃったりしてチェックするぞ!と固
く誓いながら、力が抜けてゆく感じが、秋ら
しい。

まだ、ちょっと暑いけど。

台風また来るぞ!

備えあれば憂い無し。

「ソナエアレバウレイナシ」

カタカナで書くと「ナシ」の新種の学名みた
い。

月曜日が休日だって。

日曜夜の、

「LIVE MONSTER
  MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW」

についてのコメント(いいのだけ)やトラバ
をさぼってはいけません。

どしどしたのんます。

なんせ、番組のスタッフが大変喜びますので。

実は、僕も、見れませんでしたが。

がぁ~ん。

何で沖縄ではやらないんだー!

おかしい、どう考えてもおかしい。

沖縄の親戚や、半生拡散隊沖縄支部の諸君が
見ることができないなんて。

はい、お察しのとおり、今、沖縄です(もう
すぐ東京に戻りますが)。

さて、このアー写は覚えてますか?

僕は覚えてませんでした。

そんなわけで、話題はあっちこっちに飛びま
すが、新曲完成後の隙をついて沖縄へ。

新曲完成後の2,3日は、みんなホッとしちゃっ
て、僕がどこに行っても気づかないので。

でも、すぐ「LIVE MONSTER」の収録のため
東京にトンボ帰り。

この番組、ブッキングが凄まじく幅広くて、
テレビのMC初心者としては力量が試されてま
す。

夜イヂ」はちょいと楽だったなぁ、LOVEさ
やよしだみがいてくれたから。

もちろん音楽のあらゆるジャンル(音楽にジ
ャンルなんてない!でも・・・ぶつぶつ)の
モンスター達がブッキングされるわけですが。

ゲストの資料や、事前の取材内容は穴が開く
ほど読みまくり、頭に叩き込んでいます。

だから、でも、ねえ、「LIVE MONSTER 」
どうだったの?

見れなかっただけに、いち早く知りたいみん
なの感想。

今夜こそ、23時30分と思っていたら。

日本テレビ系

「LIVE MONSTER
  MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW」

の放送時間は、24:00~24:25だそうです。

親戚や友達に「23時30分から」と言いまくっ
てしまったので、どうしよう。

で、トークテーマは
「ハイヒールで踊るPerfumeの振り付け」

軽々と可憐に、かつ精巧に舞う3人。

実はその裏側では、プロだからこその大変な
苦労や工夫があったのです。

それに加え、「チームPerfume」の限りなき
挑戦。

最新テクノロジーをエンタテイメントに融合
させるアナログな努力は、同じくステージを
つくるものがみても「なるほど!」の百連発。

そこらへん、番組では深く探ってまいります。

ステージ作りに興味がある人、将来この道に
入りたい人、必見です。

さて、ご心配お掛けしたようですが、「重要
な決断」とは、あくまでも前向きに進むため
にはこうしよう!という僕個人の決断です。

とはいえ、やっぱり僕にとっては大きなこと
なので、ドリブロガーと共有したくなってし
まい、日記としてしたためた次第です。

すみません。

驚かせてしまいました。

なんで一番を目指さなきゃいけないの?

前政権の「仕分け」でも話題になりました。

そうです。

勉強でも、仕事でも、日々の生活でも、誰か
と比べるのではなく、自分が思う一番を目指
すのは、辛く果てしない努力と継続が必須で
す。

場合によっては、理屈では通用しない状況
(体調や病気も含め)が何十年も続くこと
があります。

やりたいことがやれない時だってあります。

言葉にできないぐらい、きっついコトばかり
です。

でも、

一番を目指していると、百番になれる可能性
はあります。

一番じゃなくても七番になれることもあるか
もしれません。

ドリカムだったら、生涯二番目に好きなミュー
ジシャン・ランキング一位になれるかもしれ
ません。

僕は、ドリカムがそんなバンドであってほし
いと、25年間切実に願い、ひたすら走ってき
ました。

そしてよしだみも、その信念に共感し、僕が
へこたれた時もチームをリードしてきました。

それでいいのです。

結果がどうであろうとも、その気持が大事な
のです。

それは、ドリカムの「うた」を愛してくれる
あなたへの、そして、過去や未来に、ドリカ
ムの音楽に触れてくれるあなたへの、ささや
かなお返しになるべく持ち続けるべき大切な
「気持ち」なのです。

ドリカムの音楽を伝えたい一心、ただそれだ
けです。

だから、チームひとりひとりが、「一番」を
目指す意志と覚悟と向上心と実行力を持たな
ければなりません。

矛盾ではありますが、結果、一番ではなくて
もいいのです。

順位は問題ではありません。

その「気持ち」と「努力のプロセス」が大切
なのです。

それはドリカムのためだけではなく、チーム
一人一人のそれぞれの人生に、きっと役に立
つものとなるのです。

この信念に基づき、25周年を控え、僕は決断
をいたします。

この決断が、ドリカムの未来に繋がるという
強い信念を持って。

ってなわけで、重大な決断は、思いもしない
切っ掛けでなされるものです。

だから人生は面白い。

しかも、「重大な決断」は、僕にとってだけ
「重大」なのが面白い。

こんなことを書いてしまうのは、ドリブログ
では御法度かも。

これからも、御法度含め、おつきあいを。

PAGETOP