新曲のMIX、ついに終了!

最難関の「よしだみチェック」は、よしだみ
によるいくつかの修正ポイント改良後、無事
パスいたしました。

こんかい、MIXエンジニアのエドさんが指定
した、ドリカムサウンドを完成させるために
使用したハイエンド機材はこちら。

上、

The MANLEY VARIABLE MU® LIMITER
COMPRESSOR
http://hookup.co.jp/products/manley/stereovariablemulimitercompressor.html

「MANLEYバリアブルミューリミッターコン
プレッサーは、MANLEYのベストセラーです。
MANLEYの顔といっても過言ではありません。
既にこの機種はマスタリングスタジオのデフ
ァクトスタンダードになり、数え切れないほ
どのヒットレコードを生み出してきました。
また、これからも生み出し続けるでしょう。
“Mu”とはチューブ専門用語でゲインという意
味です。
Variable Muは、MANLEYの登録商標になり
ました。
いまや入手困難になってしまったヴィンテージ
機器・フェアチャイルド670は、まさにこの技
術を採用しているオールチューブコンプレッサ
ーです。
この機種は既に廃版となっており、入手困難で
あることは周知の事実です。つまり今日、この
タイプのリミッター/コンプはMANLEY社のこの
機種のみなのです。
参考価格498,000円」

と、

Manley Mastering Version Massive Passive
Stereo Tube EQ
http://hookup.co.jp/products/manley/massivepassivestereotubeeq.html

「Craig Hutchison氏が設計し、Manley社が
自信を持って世に送り出す3U仕様の2chEQ、
Massive Passive。
まず目を引くのがそのユニークな概観でしょ
う。しかし驚くのはその外観だけではありま
せん。 このモンスターマシンが作り出すサウ
ンドは一聴に値します。
豊かなヘッドルームから送り出される圧倒的
な音圧。4バンドEQにHPFとLPFを加えたコ
ントロール部は、他のEQでは得られない独
特のサウンドを紡ぎだします。
ナチュラルかつアコースティックな音は、自
然に一番近い方法で処理される必要がありま
す。
これを現実化するために、音質加工パーツに
金属皮膜の抵抗とフィルムコンデンサ、ハン
ドメイドのインダクタ等パッシブパーツを使
用しました。
”パッシブ”というネーミングはこれに由来し
ます。これによって各々のバンドでクリップ
無しの20dBブースと/カットを実現。
アーティスティックで味付けを極限に抑えた
音が、オールチューブ使用のゲインアンプ部
を通過して得られるサウンドを是非体感して
ください。
HFを思い切りブーストしても歯擦音(s音、z
音等)が目立ちません。
参考価格548,000円」

ドリカムサウンドを最終行程でこの二つの機
材を通すことによって、さらに高みに挑みま
した。

さあ、あなたに聴かせたいドリカムの新曲。

解禁はそんなに遠い未来ではないはず。

そして僕は、昨日、声優としてもデビューを
果たしました。

スピンオフ活動は、アンリミテッド。

テン!テン!

よしだみと僕で「10」を表現してみたことが
あります。

僕のポーズの方が楽そうに見えるけど、中腰
なので足がプルプルしました。

よしだみはご覧の通り。

す〜いすい。

軽々と「0」を表現しています。

MIXも、す〜いすい。

そーふぁーそーゔぇりー順調。

エドさんが、ジェットラグと戦いながら、朝
9時開始で、恐ろしい集中力で仕上げていま
す。

これなら、最後の難関「よしだみチェック」
もパスするはず。

僕は歌ドリが終了してホッとしたのか、どっ
と疲れが出て、レコーディング前からトラブ
っていた「象サンの目」の状態が最悪に。

なんだか弱っちくてやだなぁ。

さて、

僕にとっても、よしだみにとっても、今日は
特別で大切な日。

あなたにとっても、10月10日がステキな一日
でありますように。

「さよなら!ピカチュウジャンボ!」

密かに航空機マニアな僕は、

「泣いちゃったですよ」

9月30日、ピカチュウジャンボ「JA8957」が
退役をむかえました。

ピカチュウジャンボは1992年7月にANAに導
入された後、2004年5月24日にこの塗装で就
航、9年間大空を飛び回りました。

ジャンボファンでもある僕は、せつなさ100%。

「747-400」は、どんどん日本の、世界の空か
ら姿を消してゆくのです。

こんな写真が撮れたのも、僕のジャンボへの
愛が強かったからかもしれません。

「お疲れさまでした」

さて、ドリカムは新曲のMIXに突入です。

よしだみは、永遠に歌い続けるでしょう。

僕は、いつか「退役」をむかえるまで、音楽
という大空を飛び回りたいと思います。

よしだみが歌入れで使ってると紹介した昨日
の機材のホームページがあったので、機材マ
ニアのあなたのためにコピペ。

まずはヘッドホンの「ゼンハイザー HD800」

「10年以上の長い年月をかけて、満を持して
登場したゼンハイザーヘッドホンの最高峰。
ドイツのゼンハイザー本社で卓越した技術を
持つマイスターによって作られ、組み立てら
れたメイド・イン・ジャーマニー。
HD 800 に採用されたリング状トランスデュ
ーサーの大きさは56mmと業界最大。豊かな
音場感とクリアでナチュラルなサウンドを余
すところなく表現します。
目標としたのは”パーフェクト”。ヘッドホン
の歴史の新たな1ページを刻むヘッドホンの
登場です。」

次はキューボックス。

「(株)スタジオイクイプメントSEC07 」

「徹底的に頑丈に造ってあります。そのため
敢えてリニアフェーダーは使用せず、ロータ
リーポットを採用しました。
また、ボディはアルミの切削加工品を使用し
たので、長年使用しても鉄板を使用した時の
様にサビが浮いてくることは全くありません」

そんなわけで、いい歌録れました。

ヴォーカルレコーディング中です。

よしだみが歌入れをする時に使う、ヘッドホ
ンとキューボックス

キューボックスは、新曲のいわゆるカラオケ
をモニターするもの。

逆に言うと、もちろん新曲だから歌がないわ
けです。

これを調節してモニターしながら歌のレコー
ディングをします。

よしだみは特別に耳がいいので、モニターの
ヴォリュームは極めて静かです。

時々、僕が歌入れに使ったままのヴォリュー
ムのセッティングで、よしだみが歌入れを始
めてしまうと、あまりの音量の大きさに、び
っくりして「まさくん、音でかいっ!」と怒
ります。

で、よしだみ、昨日も言ってたんだけど、ヘ
ッドホンをして歌入れをしてる時に、あごの
関節(?)がヘッドホンに圧迫されながら何
時間も歌うことを30年近く続けているので、
その疲労が蓄積してしまったのか、口が上下
にあまり大きく開かなくなるという職業病み
たいなのに四苦八苦してます。

よしだみの顔の骨格にもよるところがあるの
だろうけど、続けるということは大変なこと
だなぁと、しみじみしてしまいました。

小さなサイズのヘッドホンもいろいろ試しま
したが、やはりいい歌を録るには、モニター
するのにベストなものを使わなければならな
いよしだみ。

いつも難しい選択が伴います。

そんなわけで、歌入れしてるってことは、詩
が書き上がってよしだみも峠を越えたという
こと。

あっぱれ、よしだみ!

でも、歌入れは、また違った大変さが満載。

一息つくにはまだまだです。

ところで、

「LIVE MONSTER
  MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW」

感想いっぱいありがとう。

評判も上々なようで、ホッとしています。

「LIVE MONSTER」どうでした?

ちょっと照れくさいので、顔隠しときます。

感想(良いのだけよ~ん)どしどしトラバや
FBコメントでお待ちしております。

ファジコン」のちょうちょう最高のライブ
(「LIVE MONSTER」のスタッフも来てく
れたぞ!)の後、速攻でスタジオに戻り、レ
コーディング作業を続行。

ミキシングエンジニアのエドさんも無事来日。

いよいよ崖っぷち。

後戻りはできません。

よしだみ共々、ぎゃんばります。

あらためて、

「LIVE MONSTER
  MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW」

をご覧頂き、まことにありがとうございまし
た!

来週も、お楽しみに。

今日6日は、待ちに待った、二本立て!

一本はもちろん、今日深夜24時30分スター
トの、

「LIVE MONSTER
  MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW」

ポルノグラフィティ」マニアのドリブロガ
ーの諸君、必見です。

デビュー15周年イヤーを飾るお二人の最新曲
2曲(そのコンセプトめっちゃ気に入りまし
た)、

 「青春花道」 「東京デスティニー

のハイクオリティーLIVEをお楽しみ下さい。

さて、

それまではどうやって日曜日の夕べを過ごす
のか?

もう一本の、これしかないでしょう。

「LIVE MONSTER」でも生演奏で番組を盛
り上げる「FUZZY CONTROL」が、10周年
とNEWアルバム「ROCKS」発売を記念して、
遂にワンマンでZEPP TOKYOに登場。

10th Anniversary Party ~ROCKS~
OPEN 16:00 / START 17:00

「FUZZY CONTROL」マニアのドリブロガー
の諸君、必見です。

ドリカムの二人は、激闘レコーディング中!

よしだみ、昨日も、「しおしおのぱ~」にな
るまで頑張ってくれました。

僕は僕で仕事で寝不足が祟って、瞬きする度、
象サンの目に激痛が走って「せっしょぼ~ん」

でも、妙に元気でエキサイトしているのは
スペシャルな「二本立て!」のせいかも。

今日から始まる、「エキサイティング・サン
デー」

わくわくするねぇ。

全国(しかし、沖縄では「LIVE MONSTER」
見られない。何故だー!台風23号24号気をつ
けて!)のドリブロガーの諸君、お風呂入っ
て、家事を終えて、歯を磨いて、予習して、
明日の準備して、仕事の隙をみて、テレビの
前で会いましょう。

のちほ。

キーマンは、藤井チーフ・プロデューサー。

LIVE MONSTERリニューアルのMCとして、
ワタクシ中村に声を掛けて下さったのは、
写真中央の、藤井チーフ・プロデューサー。

朝が得意で、サーファーで、とってもやさし
くて、でも仕事には厳しくて、お酒はちょい
と弱い、日テレの音楽エンタ番組関係の、え
ら〜いひとなのだ。

実はドリカムがデビューした当時に出会った
ので、もう25年ものおつきあい。

当時、藤井チーフ・プロデューサーは、まだ
アシスタント・ディレクターでした。

それからお互い、必死のパッチで働き続け、
やっと一緒にお仕事ができることになりまし
た。

時間は掛かるけど、夢は叶うのだ。

そのお隣は、これまた僕にはやさしい前田プ
ロデューサー。

演出の江成プロデューサーとともに、僕のつ
たないMCを全面バックアップして下さって
ます。

現場スタッフのみなさんも、ゲストアーティ
ストの音楽をみんなに届けるために、情熱満
タンで仕事をしています。

セットも品があって、素敵だぞ。

そんな「チーム藤井」がお届けする、

「LIVE MONSTER
  MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW」

明日、深夜24:30(いつもは23:30~)、
スタートです。

当日は、日本全国一斉に、それぞれのテレビ
の前で、僕と一緒にドキドキしよう。

初回だけは(いや、それ以降も)眠らないで
頑張ってね。

スピンオフ活動、遂に始動。

「ドリカムの男の方」中村が、

明後日10月6日(日)から、

日本テレビ系
(NTV系ネット28局+TOS/UMK)

「LIVE MONSTER
  MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW」

のMCを担当します。

オフィシャルと被りますが、日テレからこんな
感じでお知らせします。

「毎週日曜の夜、人気アーティストの魅力を
 ライブとトークとともにお伝えしている
 「LIVE MONSTER」。

 この秋、「LIVE MONSTER」が新MCを迎
 えリニューアルします。

 その新MCは、まさにモンスターバンド
 DREAMS COME TRUE の中村正人さん!

 トークの見どころは MC・中村正人とゲス
 トの“アーティスト同士の対峙”

 新生 LIVE MONSTER には、タレントゲス
 トがいません。MCとアーティストのみで
 す。

 アーティストとしての視点で中村正人さん
 がゲストアーティストに切り込む、

 「アーティストとアーティストの対峙」が
 、新生「LIVE MONSTER」トークコーナー
 の見どころです。

 リニューアル初回ゲスト・ポルノグラフィ
 ティ
のトークテーマは、 “曲を作るって大
 変ですよね?”!!

 これまで音楽番組ではあまり語られなかっ
 た楽曲制作の方法や その想いを語るポルノ
 グラフィティの2人。

 音楽好きでなくとも、聞くと「へぇ~」と
 唸る興味深い話の連続です! デビューして
 15年のお二人も「こんな話をする事が無
 かったから逆に緊張する」とのこと。

 今後も「LIVE MONSTER」では、アーテ
 ィストの生み出す音楽そのものに切り込ん
 でいきます。」

ってなわけで、

ドリブロガーには是非見て頂きたいし、見守
って頂きたい。

よしだみ公認、半生拡散隊長スピンオフ活動。

日曜日の深夜、テレビでお会いしましょう。

お楽しみに。

3カ所。

みんなの指摘の通り、「間違い探し第二弾」
の正解は「僕の表情」含め3カ所。

すんません。

ヨヨヨがFBをUPしたのを見て、「あっちゃ
~!オレの表情も違うじゃん!」と慌てたと
きは遅かった。

みんなにイヂられるの覚悟で、トラバ&コメ
見てました。

意外と同じ表情するの難しいねぇ。

さて、「よしだみ写真館 009」
(ちなみに2013.09.30の「連れ連れ」のが
「よしだみ写真館 008」とします。変なとこ
に几帳面)

よしだみに見えているものは?

この写真も、コラージュでは使ったけど、単
独では初めてかも。

よしだみの番となった詩&曲作り。

天岩戸も少し開き、音楽の神様との交信が始
まった模様。

よしだみが音楽の神様とチャンネルを合わせ
ることの大変さに対しては、僕とて助けるこ
とも分かち合うこともできません。

まさに、想像を超えてるといっても過言では
ないのだ。

「やっと、やっと、始まった」と電話してき
てくれたよしだみ。

電話口で、お互い、嬉しくて、涙してしまっ
たくらいです。

「よしだみ、ガンバレ」

『だから、ガンバッテルでしょぉ、もう』

あれ?またどこかで声がした。

昨日はベーシック(僕が打ち込んだ音の素材
。リズムセクションだけで30種類以上の音色
を使いました)と、ギター(アコギ4トラック
とエレキ3トラック)のレコーディング。

まる一日掛けて、一音一音、心を込めて丁寧
に録音しました。

サンレコ」的には、恐ろしくいいのが出来
てます。

祝いのお言葉、ありがとうございます。

昨日は訳あって一日中仕事で、誕生日パーテ
ィーのかけらもない誕生日だったんだけど、
(そのかわり深夜まで、秘密ミッションの
スタッフと焼き肉反省会しました)ほんとに
沢山のお花やらプレゼントやらをいただき、
感謝感激雨あられ(台風、気をつけて!)。

何よりも、朝方読んだ、みんなからのコメン
トやトラバに涙がキラリ。

ぜ~んぶ、ひとつずつ、噛みしめながら読み
ました。

ありがとうございました。

で、ヨヨヨからもプレゼントもらったんだけ
ど、なんだかよしだみの「好物」なので、横
ドリされそうで怖いです。

ということで、プレゼントが僕のもののうちに
「間違い探し第二弾」

要領は前回と同じ。

下の写真に似た写真を、ヨヨヨが彼のFB
UPします。
さて、どこが違うでしょうか?

今回は2カ所。

どんどん答えを、トラバで、FBで、送って
ね。

さて、以前から匂わせている、僕がなんでこ
んな様子なのか(だから秘密ミッション)発
表できる日を、発表。

「10月4日(金)AM0:00!!!」

ドリブログでもお知らせ出来ると思います。

半生拡散隊長のスピンオフ活動に、乞うご期
待。

今日からレコーディング。

よしだみは、まだ、天岩戸の中。

PAGETOP