4月1日(月)は、大発表あり!

新年度が月曜日というのも、スキッとして
ていいじゃあ〜りませんか。

この前「ウラワン」でカウントダウンやっ
たと思ったら、もう新年度が目の前。

エイプリルフールに、ドリカムから嬉しい
お知らせが届く予定。

パソコンやスマホで、ちぇっくしてね。

で、今日のチェックは、自称「オレの名前
JOE」のブース。

彼の本業「ファジーコントロール」では、
バカテク&バカアクションで、バッキング
ボーカルをやってるとき以外はステージ狭
しと動き回るので、ドリカムの仕事の場合
は、「JOEブース」という名の「檻」に閉
じ込めておかないと、僕より目立ってしま
うので、さーたいへん。

その「JOEブース」には、遊園地並みにい
ろんなモノがあって楽しそう。

こんなにたくさんの楽器をベース並みにプ
レイしまくるのは、世界でJOEだけ。

タンバリン必死でたたき過ぎて腱鞘炎にな
るのも、世界でJOEだけ。

で、注目すべきは、おなじみファジコン5
弦ベースの隣りにある、ヴィンテージのベ
ース。

これ、最高の音で、ベースマニアの僕も羨
ましくてよだれが出る逸品。

「楽器は音が命」という、当たり前だけど
、なかなか出会うのが難しいイイ楽器なの
だ。

僕も若かりし頃、超高価な「ヴィンテージ」
のJAZZベースを、超ロング分割払い(60回
だか66回だか)で買ったことがある。

「さすがヴィンテージは違うねえ」なんて
自慢しまくりだったんだけど、ある日修理
のために分解したら、「ヴィンテージ」だ
ったのは、なんと、ネックだけだった。

ボディーからピックアップまで、ほとんど
が、ヴィンテージに見えるニセもの。

がっびーん。

そんなわけで、ますますJOEが羨ましくな
るのです。

そんな僕の憧れの楽器を持つJOEは、僕の
声が出なくなったとき、よしだみも公認し
た「二代目」として、僕の代わりに「ワル
クマ軍団」の気合い入れをしてくれたとい
う強者です。

「ウラワン」DCTホーンズ。

「ウラワン」では、マンホ(Sax)、シ
ーシーウー(Tb)、シェイカー(Tp)と
いう凄腕3人が、鉄壁のファンクサウンド
を高らかに響かせました。

ドリカム・サウンドにかかせないホーン・
セクション。

彼等の使用する楽器も、これまた特別製。

光り方が違います。

ドリカムのライヴは、デビュー前から既に
ホーンセクションが大活躍。

つまり、お客さんが2人の時でも、ホーン
セクションは2人いたのです(なんのこっ
ちゃ)。

これ、僕が、EW&Fや、シカゴや、クール
&ザ・ギャング
や、オハイオ・プレイヤー
や、初期コモドアーズや、ブラッド・ス
エット&ティアーズ
や、タワー・オブ・パ
ワー
や、ブレッカー・ブラザーズ・バンド
などなど、ホーンセクションが要のバンド
が、ウルトラ大好きだったのが理由です。

だから僕のホーンアレンジには、彼等から
学んだものがギュッと詰め込まれています。

しかも、ホーンプレイヤーにとっては地獄
の、吹きっぱなしアレンジ。

それだけでも、DCTホーンズの仕事は大変
なのに、よしだみが要求する、ピッチ感と
リズム感を満たすのは、ウルトラ至難の業。

なんせ、よしだみ団長、あんなに歌って踊
っているのに、メンバーひとりひとりのプ
レーを完全に聴き取っているのだから。

そんなわけで、セクションとしては、ウル
トラタイト&グッドピッチ&ラウドヴォリ
ュームを求められ、ソロパートでは、強い
個性とよしだみ並の「無二の一球」パフォ
ーマンスを求められるDCTホーンズ。

す、すごい!

よく観察してると、ナイスな振り付けもあ
るでよ。

よしだみのボーカル・レベルについて。

写真は、タイトルと関係無し(ありゃ)。

ウラワン」最終日の最終リハーサル終了
後の様子。

一番左は、全力出し切ってふらふら状態の
よしだみをおぶわせたら世界一、でっかい
背中の、舞台チーム・リーダーのケンジ。

その隣りは、ドリカムファンにはうんざり
するほどおなじみ、ミスチルさんのツアー
の演出もてがける、向井ステージ・プロデ
ューサー(よしだみは彼のことを「きぐお」
と呼ぶ)

その奥には、最終リハーサルの最終チェッ
クに余念がない、S+AKS

開場時間ぎゅりぎゅりまで、全力を尽くす
よしだみ軍団。

さて本題。

WOWOWオンネアー時のよしだみのボーカ
ル・レベルについてご説明を。

ドリブロガーならご存知、ライヴミックス
エドさん、マスタリングはヴラドーさん
という、超豪華NEW YORKトップエンジニ
アコンビで音源が制作されています。

必然的に仕上がりは、かなり「洋楽味」が
濃いめ。

ましてや、ヴラドーさんのマスタリングは
、「一般的」に使われるどんな再生機でも
迫力が出る様に、低音と高音がかなり強調
されますので、ボーカルレベルが全体的に
どかんと大きい邦楽に比べると、多少よし
だみのボーカルはオケに馴染む様なレベル
になっています。

また、今回のドリカムのライヴ作品は、そ
の時の臨場感をできるだけ真空パックして
再現することがコンセプトですので、CD作
品に比べると、ボーカルレベルがわずかに
小さく感じるベイビーズもいらっしゃるで
しょう。

昨今の再生機器は、機種によってはもとも
と低音が強調されるつくりになっています
ので、ボーカルがもうちょい聞きたいとい
う方は、お手持ちの再生機の低音を少しカ
ットしていただいて、音量をもうちょい上
げて再生して頂けるとよろしいと思います。

いずれにしても、以前にブログしたとおり
、今回のライヴMIXは、「24年で最高の出
来!!!」との自負をもって完成し、お届
けしたものです。

録画チームは、是非、この方法で再度トラ
イしてみて下され。

それにしても、たくさんのご意見、ご感想
、まっこと、ありがとうございました。

みなさま激怒の「泣く泣くカットした部分」
は、いつの日か皆様にお届けできるよう、頑
張ります。

でも、アイツのアノ曲はぁ、ちょっと、ど
うなんでしょ。

ネタ的にはかなりギリギリで、しかも業界
的には一番高いハードルを飛ばなければな
りませんし。

ふう。

WOWOWの『表』『裏』見た?

う〜ん。

時間の制限があって完全版とはいかないも
のの、よかったよねぇ。

そんなエクセレントなサウンドの要は、こ
のドラムセット。

めっちゃ一杯叩くものがあるのでしょう。

ちっちゃいカラダに、でっかいタイドのチ
キンハート。

SATOKOは、DNA+家庭環境+努力で、
まさに、二代目手数王。

DREAMS COME TRUE
  裏ドリワンダーランド 2012/2013

ハマちゃん監督&ヤーマンプロデューサー
・コンビが、文字通り「命がけ」で編集し
た作品。

モンキーガールと、アンドレと、サービス
タイムを、これまた文字通り「泣きながら」
カット。

でも、よしだみ率いる「ワルクマ軍団」の
魂は、ぎゅぎゅっと詰め込んで、全て表現
されてるはず。

僕のMCがなかったのも、逆に良かったみ
たい。

アノ手のMCは、会場にいてこそ意味があ
るものらしく、映像作品にすると、スベリ
具合が尋常じゃなくて、視聴にたえがたい
という意見もちらほらーまん。

『表』『裏』を一挙に公開なんてアイデア
を思いつくとは、WOWOWって「ワウワウ
〜!」

え?僕がほとんど映ってないって?

思い出して下さい。

常によしだみとS+AKSの裏側にポジション
していたことを。

『裏』の「裏側」
    =「映りましぇ〜んかんばっく」

そんなわけで、トラバでも、DCTオフシャ
ルfb
でもいいので、感想お願いします。

それにしても、ああ、よしだみって、なん
て「男前」なんだろう。

MADE OF GOLD のスーツを着て。

恐れていた通り、かなり浮いてましたが、
MCなんとかやり遂げました。

ヨヨヨと、ゲストミュージシャンと、パチ
り。

ドリブロガーには、あまりにもおなじみの
ミュージシャンたち。

それにしても、マエストロ・栗田博文先生
率いる東京フィルハーモニー交響楽団は、
まっこと凄かった。

気鋭のアレンジャー(大谷幸含む)による
難易度超高しのドリカムナンバーの数々を
高度なテクニックと豊かな表現力で、見事
にパフォーマンス。

作曲家でアレンジャーでもある僕としては、
その一音一音が超感動でありました。

途中のMCでヨヨヨが、「今夜このかたに
聞いて頂けたことが僕はほんとに嬉しい!」
なんて大興奮して客席を指差したそこには、
よしだみがいたのでありました。

オーチャードホールは、エキサイトMAX。

そんな大騒ぎの中、僕だけが『なんだ、会
場に来てるんなら、ゴールドのドレスでも
着て、いっしょにMCやってくれてもよかっ
たのにぃ』なんて、筋違いの恨み節。

しかも、去年、僕も同じ様に紹介されたん
だけど、よしだみのほうが千倍ぐらい大き
な会場のリアクション。

わかっちゃいるけど、ちょっとスネ夫君な
ソーセクシー中村でありました(あ!!!
「ソーセクシー中村」って自己紹介するの
さえ忘れてた)

そんなことはどうでもいいのですが、ほん
とに素晴らしいコンサートでした。

次は、「オケコン」初大阪公演

よしだみが来ないことを願うばかりです。

「上原ひろみ」は、ヤバ過ぎ。

よしだみと、JUONと、「上原ひろみ」@ブ
ルーノート東京25周年記念ライブシリーズ

に行ってきたぞ。

ああ、僕、また、3日は完全に立ち直れま
せん。

上原ひろみの素晴らしさに打ちのめされて
、ミュージシャンの端くれとして、自分の
あり方に自問自答の3日間が始まります。

これ、いつものこと。

過去のドリブログを見てもらえればわかる
と思います。
December 13, 2006
October 23, 2009
December 04, 2011

完成しながら進化するって、どういうこと?

それが、上原ひろみ。

あまりにも興奮した僕は、どういうわけか
ヨヨヨ(今は、日テレの依田さんなので、
ニヨ)に電話。

「ねえねえねえ、ひろみちゃん、さらにヤ
バいから、絶対見にいってヨヨヨ!!!」

すると、ヨヨヨからはこんな答え。

「リハ、順調ですよ!」

「?」

「明日、よろしくお願いします!」

「?」

あ、あっちゃー!!!!

明日はヨヨヨと、

「SYMPHONIC GOLDBLEND
-Songs from DREAMS COME TRUE-
Supported by
 the Nestle Japan 100th Anniversary」

の、本番日でした。

そういえば、午前中、MCで着る衣装合わ
せしてたじゃあ〜りませんか(この衣装、
すんごいよ。だって、オートクチュール
なんだから)

「そ、そ、そうだよね。うん、あしたよろ
しく〜!」

わ、いよいよじゃありませんか。

前回はお客さんだったので、めっちゃ楽し
めましたが、明日はヨヨヨとMCです。

今度は、みなさまに楽しんで頂くために、
頑張ります。

んっじゃ、明日!

0321のトラバ、DCTオフィシャルfbコメ
ント、ほんとたっくさんありがとうござい
ました。

そして、ファジビッチ追加公演にお越し下
さったドリブロガーのみなさまにも、ここ
ろから感謝です。

今日は、ドリカムの誕生日!

そう、配列が良すぎる0321は、ドリカム
1stアルバム1stシングルが発売された
日。

それは、1989年のこと。

つまり、今日は、デビュー24周年!!!

四半世紀まで、後一年となりました。

「おめでとう!ありがとう!」

僕のダークサイドが炸裂するたび、何度も
よしだみにバンド解散通告を受けながらの
24年間。

よく、持ちこたえています。

そんなことを考えてたら、「持ちこたえさ
してるのは、アッシでしょ!もう」という
よしだみの声が、頭の中でガンガン響きま
した。

そう、そうでございます。

「それに、ドリの音楽を聞いて下さってる
アッシのベイビーズ達のおかげでしょ!」

も、もちろんでございます。

そんなわけで、24周年を向かえた今日、あ
らためてみなさまに御礼申し上げます。

「ありがとね!!!」

ウラワンの夕べ」ツアーが終るやいなや
、新曲のプリプロに突入。

まだまだ先のお届けになるけど、楽しみに
してて下さいませ。

WOWOWの映像も、ついに完成。

ぎゅりぎゅりでした。ふ〜。

24日も楽しみ。

だって、ドリカムワンダーランドの「
と「」一挙公開だものねぇ。

いつもDCTオフィシャルfbにコメントあり
がとう。

トラバ組も、少数精鋭で頑張ってくれてる
し。

ほんとドリカムは、幸せ者です!!!

岩手・盛岡の空に。

史上最強の愛、打ち上がりました。

宮城からもらったパワー。

福島からもらった愛。

今日のライヴめがけて飛ばされた、日本全
国からの、世界中からのテレパシーを集め、
空高く打ち上げました。

その空は果てしなく、きっと大切な人たち
が住む世界にも繋がっていると強く感じる
ことができました。

よしだみの目から、涙がじゃあじゃあ出て
、視界こそぼやけたものの、その想いの行
き先は、はっきりとわかりました。

FANCL Presents 裏ドリワンダーランド
2012/2013 〜ドリカムの夕べ IN 岩手〜

このライヴをもって、「ウラワン」の全行
程を終了です。

泣きじゃくりながらも、終了を告げるよし
だみの宣言は、あまりにも清々しくありま
した。

それは彼女がやれることの、いや、やれる
以上の全てを出し切ったという証でもある
のです。

そして全て、このツアーに、「夕べ」に参
加してくれたベイビーズのおかげだという
ことは言うまでもありません。

ありがとう!ありがとう!ありがとう!

またね!またね!またね!

まだまだ肌寒いけれど、晴れ渡った東北の
空。

いつまでも忘れません。

さあ、また明日からの一日一日を、大切に
歩いてゆくのです。

盛岡駅に、と〜ちゃく!

さっそく、よしだみ、このでっかい鉄瓶に
興味津々。

しまいにゃ、持ち上げようとしたり、大鉄
瓶の注ぎ口(?)に腕を突っ込んでたりし
てたぞ。

「ちょっとちょっとちょっとぉ、どんとた
っち!」

ついに、ついに、ついに、岩手県にIN!

約束通り、戻ってきましたぞー!

ここはまさに「ドリがたどりつく場所」

FANCL Presents 裏ドリワンダーランド
2012/2013 〜ドリカムの夕べ IN 岩手〜

つまり、大ファイナルの、大ファイナル。

ツアー開始から約半年、この日を待ちわび
てました。

こんなに待ちわびてたのに、ここで、よし
だみ率いる「ワルクマ軍団」解散かと思う
と、さびしい気持もじわじわとしたりして
、複雑な気持ち。

でも、でも、でも、岩手ベイビーズととも
に、明日、その日を迎えられるのは究極の
幸せ。

「ワルクマ軍団」の本望なり。

岩手県民会館 大ホールで、史上最強のでっ
かい愛、打ち上げてみせましょう。

みなのもの、こころの準備はよいか!

えい、えい、お〜っとっと。

「ファンケルよしだみ」、見納めです。

昨年から一年間に渡っての大役、ついに終
了です。

「歌うこと意外、自分を表現することがま
るでダメ」と言い切るよしだみが、ウルト
ラ頑張って務めさせて頂いた、大役。

こんなすばらしいチャンスを与えて下さっ
た「ファンケル」のみなさまに、こころか
ら感謝致します。

この大役を頂いたことをきっかけに、
MY TIME TO SHINE』という名曲(自画
自賛であしからず)が生まれたし、なんて
たって、先日大好評(これはみなさんの評
価)のうちに幕を閉じた「FANCL presents
裏ドリワンダーランド2012/2013
」を開
催することができたし、「ドリカムの夕べ
の実施も可能となったのです。

テレビでもいっぱいよしだみが見れたし、
全国の「ファンケル」のお店ではもちろん
のこと、街中で「ファンケルよしだみ」に
出会うことができました。

そのだびに、スキップするほど嬉しくなっ
ちゃったのは僕だけではないはず。

残念ながら「ファンケルなかむらま」(本
人はやるき満々だったんだけれど)の実現
には至りませんでしたが、それでもこの一
年はドリカムにとっても素晴らしい一年と
なりました。

これからも音楽で「あなたの美しさを、解
き放つ。」べく、この貴重な経験を大切に
しながら、ドリカムも前進したいと思いま
す。

「ファンケル」さん、ありがとうございま
した!

『MY TIME TO SHINE』、大切に大切に、
歌い続けます。

PAGETOP