今日は何の日、ふっふ~。

ここのところ、ウチの(他のスタッフに比べ
ると)若手(その名は、イ・チョウエン)が
、ホームページのバイオをより詳しく更新し
てるんだけど、「過去の今日は何があったの
かなぁ?」と調べて教えてくれたのはその若
手じゃなくて、チーフ・マネージャーのぶー
ちゃんでした。

2003年8月30日31日は、

    史上最強の移動遊園地
DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2003

を、広島県は備北で開催しておりました。

いろんな意味で(独立したり、インディーズ
になったりetc)、とても苦しかった2003年
のドリカム・ワンダーランド。

ひとつの大きな転機でした。

一日一日、ミュージシャンであり続けること
だけで精一杯でした。

たくさんの人が去って行きました。

たくさんの罵声も浴びました。

とくに僕は、身から出た錆が一気に吹き出し
て、身動きもできないくらいでした。

そんな逆境の中、よしだみの笑顔のために集
まってくれた人々こそが、そしてそんなドリ
カムを遠路はるばる見に来てくれたあなたが
、僕らの宝物であります。

この時結ばれた絆と、自らの反省が、今もド
リカムを支えてくれています。

また同時に、最悪の状況を打開すべく、地味
だけど、新しい試みだらけのDWL2003。

スタッフやイベンターをはじめとするドリカ
ムチームが開発したシステムやマニュアルの
一部は、今も様々な夏フェスで生かされてい
ます。

明日から、9月。

あなたは何を思ってますか?

僕はいい機会なので、この夏までのいろんな
反省と、その挽回策を、こねこねっと練って
ます。

中村正人の日記20130830

僕が大人になってからの人生、どこかとどこ
かを行ったり来たりすることの連続。

デビューからしばらくは、東京とロンドン。

次は、東京とニューヨーク。

現在は、東京と沖縄。

外に出るのが嫌いだった子供の頃の僕からし
てみたら、信じられない生活。

とりわけ国外に出るときはいまだにビビるし。

だから、沖縄を行き来するのは気分的にもず
いぶん楽です。

約2時間半というフライトも、ちょうどいい
感じ。

本を読むにも、原稿を書くにも、たまったメ
ールの整理をするにも。

「移動時間」といえば「短縮する」のが現代
社会の運命みたいだけど、あえて移動時間を
つくったり、楽しむというのもいいと思う。

で、

伊江島タッチュー・マニアの僕が喜び勇んで
撮った、写真。

題して、

「ありゃ~、タッチューがクレーンで釣られ
っちゅー!」

「ぜ~んぜん気づかなかった」

とは、「救命病棟24時」第九話の予告編につ
いての、よしだみの言葉。

よしだみとの重要なミーティングが終わって、
少しほっとしていた僕を直撃。

それでは、みんなでもう一度見てみましょう。

「救命病棟24時」第九話の予告動画。
http://www.fujitv.co.jp/kyumei24/story/story_09.html

そうねぇ。

僕が出ているシーン短過ぎて、よしだみじゃ
なくても、ちょっと気づかないかもねぇ。

オンエアーの時はスポンサークレジットと重
なっていたし。

でも、よしだみの「マサくんのシーン、ぜ~
んぜん気づかなかった」の「ぜ~んぜん」と
いう表現には、なんだか憎たらしいニュアン
スが入ってるんだよねぇ。

なんだか、気づかなかったこと自体を勝ち誇
っているような。

「わっつざぽいんと?」

で、この予告動画のページのカバーフォトな
んだけど。

ストレッチャーに横たわっているのが僕だな
んて、今の今まで、僕自身も「ぜ~んぜん」
気づきませんでした。

いくらミュージシャン・オーラを消している
とはいえ、存在感薄すぎでしょ。

ウラワン」で爆発した「そ~せくしい中村」
は、どこに行ってしまったんだ?

「わっつごーいんぐおん?」

それはそうとして。

中村正人の日記20130826の虹の「反対側は
どうなっていたんですか?」という質問が身
内から多数届いたので、画像をUP。

なんか変な感じ。

楽屋の名札に「DREAMS COME TRUE」の
文字が無い。

新堂本兄弟」の収録、無事(だったのかな
ぁ?)終了。

風間俊介くん、いや、広瀬先生の付き添いだ
ったので、ちょこっとだけお気楽でした。

「こういちくん」と「つよっぷ」のコンビネ
ーションは相変わらず完璧。

あんな間近でおふたりの抱腹絶倒のやりとり
を見ることができて、とってもお得な気分。

広瀬先生もお話が上手で、関心しきり。

さすがです。

しかも、よしだみと僕が作った楽曲を、キン
キのお二人と凄腕ミュージシャンのみなさん
が、目の前で生で演奏して下さるという!

ほんと作家冥利に尽きる収録でした。

僕はさておき、出演者のみなさんのパフォー
マンスをお楽しみに。

 9月1日(日)23:15~23:45、オンネアー。

今日は午後から、よしだみと、ヘヴィーでイ
ンポータントなミーティング。

どきどきします。

それにしても昨日の「救命病棟24時」もヤバ
かったねぇ。

第六話と第七話を見返してから突入したので
、またまた涙で目が真っ赤。

小島先生夏目先生の秘密に、びっくり感動。

この前、半生拡散活動の時、「救命病棟24時」
が切っ掛けで、ドクターになったり看護師に
なったりというベイビーズが駆けつけてくれ
たのを思い出し、また胸が熱くなりました。

そう、ひとそれぞれ、大切な「切っ掛け」っ
てあるものなんだなぁ。

毎週火曜日は、もちろん。

救命病棟24時」なんだけどぉ。

ここのところ火曜日が来る度、
「そわそわどきどき」がどんどん増幅してい
るのは「ドリカムの男のほう」ばかり。

「ドリカムの女のほう」は、そうでもないら
しい。

夏風邪も随分良くなったみたいで、それはそ
れで喜ばしい。

そんな半生拡散隊長のスピンオフ活動に、も
うひとつ「そわそわどきどき」が増えたのは
もう知ってるねぇ。

フジテレビ系「新堂本兄弟
9月1日(日)23:15~23:45
にゲストの風間俊介さんの付添人で中村正人
に出演のオファー。

風間俊介さん(僕は「俊ちゃん」と呼んでい
る)と僕を出会わせてくれたのは、あのヨヨ

まぁ、不思議な縁なのですよ、これが。

「救命病棟24時」と「さぁ鐘」(この曲名の
呼び方に関しては、よしだみから正式にNGが
出てます)を拡散するために、ちょっと踏ん
張ってみます。

「つよっぷ」にも会えるし。

楽しみ。

中村正人の日記20130826

ワタクシ、「虹」と「地面」が接している現
場を、生まれて初めて見ました。

まさに、虹の麓。

どんなにキレイな虹であろうが、その始まり
と終わりはいつもどこかわかりません。

なんていうか、ふわふわってしているという
か、フェードイン/フェードアウトしてると
いうか。

とにかく54年間、「ココだ!」と言えたこと
は一度もなかったのです。

ところが昨日の虹は、はっきりと始まりが見
えたのです。

ね、写真にも写ってるでしょ!

みごとに緑の芝と接触しているじゃあ~りま
せんか。

ここから始まった虹は、巨大な弧を描いて、
遠く反対側の山の向こうまで伸びていたので
した。

びっくりしたなぁもう。

虹のネタが多くて恐縮ですが、もうもう、ど
うしてもドリブロガーに報告したくて。

そんなわけで、イヤな予感は的中。

中村正人の日記、続いちゃってます。

ちなみに、昨日の伊江島に行く、伊江村営
フェリー「ぐすく」
の接岸テクニックは、
超すんごいです。

伊江港でも本部港でも、かなりのスピード
で港に滑るように入り込むと、一気にUタ
ーン、少しも迷わずバックして、ピタリと
接岸、衝撃無し。

ウルトラハイ操舵テクニック。

これも、びっくりしたなぁもう。

中村正人の日記20130825

ドリブログのスペースを使わせて頂くことに
ご理解を。

「中村正人の日記」は完全に僕個人の日記で
す。

すみません。

ドリカム関係只今もろもろ進行中で、ドリブ
ログのネタがありません。

すみません。

ということで、ここからは「まぁ中村の話し
だけでも聴いてやるか」というドリブロガー
様は、おつきあい下さい。

ほんと勝手で、すみません。

で、

先日、ずっと行きたくて行きたかった、伊江
(イエジマ)に、行ってきました。

城山(ぐすくやま)に登るのが今回の目的。

本島では、伊江島タッチューの名で親しまれ
ていて、僕が大好きな本部半島備瀬崎エリア
から伊江島を見る度、『こんどこそ!』と思
い続けていたのです。

沖縄八景の1つでもある城山。

城山に関しては、コチラを参照して下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/城山_(沖縄県)

精神的にも、地学的にも、その存在は絶大。

頂上に着いた時は、ただただ感動。

フェリーの時間もあったのであっという間の
滞在だったけど、次回は何日かかけて味わい
たいものです。

実は、ドリブログ2011.12.15でUPしてる写
真に写っているのが、まさに伊江島。

すんごいねぇ。

「S-style」9月号と「V3」をもって。

ドリカムの男、なかむらまが、稼働の限界
に挑んだキャンペーンの結果発表(放送・
掲載)が全て終了。

ドリカムのNEWシングル、

さぁ鐘を鳴らせ/MADE OF GOLD
        -featuring DABADA-

の拡散作業、あとは隊員の諸君にまかせたぞ
よ。

特に、缶バッジをついついもらってしまった
隊員諸君、「拡散の呪い」に掛かっているこ
とを忘れずに。

このバッジ、ユニバーサルシグマのスタッフ
が、飛行機の持ち物検査でさんざんひっかか
りながらも、決してめげず、全国に「バッジ
製造マシン」を持って歩いて、隙あらば「ガ
ッチャン!ガッチャン!」と、ひとつずつ手
作りの超レアアイテム。

だから「呪い」は、僕のじゃなくてユニバー
サル・シグマの「呪い」と心得たし。

これからも半生拡散活動やるときは必ず配る
から、できるだけ参加して、コレクションし
てね。

同じ絵柄は使わないらしい。

配布した箇所をおさらい。

▼TOKYO FM「アポロン」
日程:6月19日(水)
会場:スペイン坂スタジオ
パーソナリティー:齊藤美絵

▼FM沖縄「ForPM」
日程:7月1日(月)
会場:FM沖縄
パーソナリティー:野底美智代

▼東京CP
日程:7月10日(水)
会場:カフェ ネスカフェ原宿

▼福岡CP
日程:7月11日(木)
会場:天神イムズ B2F イムズプラザ
公開録音MC:BUTCH(FM福岡)

▼大阪CP
日程:7月13日(土)
会場:あべのマーケットパーク キューズモール 3Fスカイコート
公開録音MC:RIO(FM OSAKA)

▼名古屋CP
日程:7月14日(日)
会場:ミッドランドスクエア
公開録音MUSIC NAVIGATOR:橋本みのり(ZIP-FM)

▼札幌CP
日程:7月16日(火)
会場:タワーレコード札幌ピヴォ店
公開録音MC:北川久仁子(AIR-G’)

▼仙台CP
日程:7月17日(水)
会場:タワーレコード仙台パルコ店
公開録音MC:井上崇(Date fm)

ふ~。

これだけでも、頑張ったよねぇ。

出会えたあなたに、ありがとう。

今回は参加できなかったあなたに、またね。

9月3日放送の『救命病棟24時』第9話にち
ょこっと出演するのはスピンオフ的活動。

ひょっとしたらスピンオフ活動、もうひとつ
増えるかも。

ドリカムの女、よしだみは、いろいろ忙しい
のもあってか、夏風邪が長引いていて鼻声。

「け~ろけろっ!」

だんとつ「あの夏の花火」

だから、DWL2011「あの夏の花火」

この大花火の下で、よしだみ号泣。

DVDまたはブルーレイで確認してください。

それ見る度、僕も、もらい泣き。

よく泣くなぁ、中村。

年齢のせいじゃないよ、小学生の時からテレ
ビ見て泣いてたし(但し、サンダーバード)。

母に似て、涙もろい。

よしだみも、なんだかんだいって、涙もろい。

昔TVでMCやってた時、風船が降って来ただけ
で泣いてたのは有名な話し。

暦が変わってお盆が終わると、実際の天気が
どうであれ、秋の気配があちこちに。

「気温じゃないのよ暦は、あっはぁ〜。
秋だと言ってるじゃないの、ほっほ〜。」

ついつい替え歌にしちゃうほど、秋が忍び寄
って来る。

ドリカムは年末に向かって楽しいことだらけ
だから寂しさも紛れるけど、DNAが感じるせ
つなさは、たまらん、たまらん。

ってなわけで「お気に入りのドリカム夏歌」
に沢山のリアクション、サンキュ.

ディープな選曲もあって、さすがドリマニア
は、へそ曲がり(へそが曲がると痛そう)

ちなみに僕個人は、

HOLIDAY~much more than perfect!~
(Instrumental Version
       featuring DAVID SPINOZZA)

これ、ジャンルを、フュージョンとかスムース
・ジャズ
とかで発表してたら、
Grover Washington Jrの「Just The Two Of Us」
並に、ヒットしていたと思うのは、僕の勝手。

この曲のベース・パフォーマンスは、ドリカム
のレパートリーの中でも一位二位を争うほど秀
逸であると自負するのも、僕の勝手。

さぁ、フュージョン・ファンの諸君、反撃を。

ドリマニアにフュージョン・ファンが少なか
らずいることを、僕はずっと前から知ってい
る。

最近ハマっているパン屋さんの職人オーナー
が、めっちゃ若いのに、
LEON WARE / Musical Massage
を店頭でかけているのにビビった。

「おぬし、お若いのに、できるなぁ」

「星空が映る海」ならぬ。

「白い雲が映る海」

海が凪いでいると、雲さえ映るんだなぁ。

この写真を撮った時、よしだみが見た「星空
が映る海」はどんなんだったんだろうと、あ
らためて考えちゃいました。

ついでにメロディーを口ずさむと、そのクオ
リティーの高さに「職業=作曲家」の僕は完
全にやられてしまいます。

『高校生で、こんな詩曲をかくなんて、な
んていうヤツだ』

その感想は、よしだみに出会って初めて彼女
のオリジナル曲をアカペラで聴かせてもらっ
た時と、今も、変わりません。

で、

ドリカムはどちらかというと冬のイメージと
言われることがあるけど、あなたのお気に入
りの「ドリカム夏歌」はなんですか?

FBコメント、トラバで教えて。

それから、

スタッフが教えてくれたり、FBのコメントに
も頂いたんだけど、「曲を聴くと元気になる
女性ボーカルランキング」で、ドリカムが1位
だそうです。

gooランキング
http://news.livedoor.com/article/detail/7964617/

僕はどちらかというと根がネガティブなので、
「曲を聴くとどん底になる女性ボーカルランキ
ング」で、ドリカムが1位です。

ちなみに一人カラオケをやっても、歌詩を見
ただけで泣けて泣けて歌えなくなります。

『うれしい!たのしい!大好き!』でさえ
号泣してしまうのは、ちょっと変ですか?

それから、それから、

KB24」、確かに2009.08.26のドリブログ
で触れていました。

トラックバッカーが考えた表記です。

FBコメント、トラックバッカー、ともにサン
キュ.です。

あなたがいて、わたしがいる。

PAGETOP