毎回、4枚から5枚のアルバムを。

「フィーチャリング・アルバム」として選ん
で、元DJ(!)のマネージャーに手伝っても
らって繋いでいます。

それは、なにかと申しますと、
sumile OSAKA」「sumile TOKYO」店内の
BGM。

プラス、よしだみの最新おすすめ曲。

CDを買いまくり、つねに新旧問わず音楽を
聴きまくってるよしだみならではの、つうな
選曲。

勉強になります。

みなさんも、是非、タイトルを見て興味のあ
るものは聴いてみて下さいな。

それにしても、さっぶいねぇ。

少女時代との写真撮影でも内股になっちゃっ
たけど、あまりの寒さに、こうしてドリブロ
グ書いてる今も、知らないうちに内股になっ
てました。

なんだかなぁ。

で、NEWS ZEROの「AGAIN」特集また見返
したんだけど、音楽制作のときの僕と、TV出
演用の僕のギャップが凄くてイヤになっちゃ
いました。

まさのまさにダークサイドとジェダイサイド
がクッキリと表れてて、自分でも「別人かよ
!」と突っ込んでしまうぐらいでした。

なんだかなぁ。

みんなは同じようなこと思ったことあるのか
なぁ。

いよいよ本格的に動きだす。

われらドリチーム。

「え?ちょっと遅いんじゃないの〜?」

なんて言われそうですが、とにかく昨年は激
走に激走を続けたので、年始はゆっくりと勉
強に、研究に、休養にあててもらいました。

とは言っても、紅白終了直後から、それぞれ
様々な仕事は続いていました。

そんなもう既に始動しているそれぞれの仕事
が、明日合体し、チームとしてエンジンを点
火するのです。

今年3月21日には25周年を迎えます。

とはいえ、アニバーサリーイヤーに頼らず、
いつも通り一曲一曲を大切に伝えてゆきたい
と思います。

ドリブロガーのみなさまの絶大な支援、よろ
しくお願いします。

同時に、昨年末をもちまして、ミスタードー
ナツ様、ネスレ様のミッションを無事コンプ
リートしました。

愛がたどりつく場所
MADE OF GOLD ―featuring DABADA―

という、僕らにとっても大切な大切な楽曲を
生み出すチャンスを頂きました。

また僕個人としても、様々なイベントに参加
させて頂き、「ドリカムの男」から「ドリカ
ムの中村」にステップアップ。

それをバックアップしてくれたみなさまにも、
こころから大大大感謝。

ありがとうございました。

で、今日、成人式をむかえたみなさん、おめ
でとう。

なかなか人生厳しいけど、「厳しいのが人生
。そんな思い通りにも、簡単にもいかないも
の。それが当たり前。」と腹を据えれば、逆
にちょっとしたことが大きな喜びとなります。

めちゃくちゃでもだめだめでもいいんです。

くよくよするのは早めに切り上げて、一日一
日を思いっきり生きましょう。

少女時代に囲まれて。

ニヤケないようにしようと踏ん張ったら、内
股になっちゃいました。

何故でしょう?

実は、この撮影、ニヤケる余裕が無いほど緊
張した僕でした。

よしだみとのツーショットに慣れ過ぎてる僕
にとっては、過酷な試練。

少女時代を応援するみなさんが見たら、きっ
と僕を八つ裂きにしたくなるでしょう。

なんだかわからないけど、とにもかくにも謝
っちゃいます。

ゴメンナサイ。

そんなわけで、明日の、

日本テレビ系
LIVE MONSTER
   MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW

2014年1月12日(日) 23:30~23:55
<司会> 中村正人
<演奏> FUZZY CONTROL
<ゲスト> 少女時代

ウルトラハードなスケジュールをこなしなが
ら、ヴェリープロフェッショナルで、リハー
サル中はおしゃべりや笑い声が絶えないソー
キュートな彼女達と、ドリカムの男との、め
ったに見れないやりとりをお楽しみ下さい。

成人式を含め、三連休だそうな。

もちろん僕ら仕事組も、なにかしら「いいこ
と」起こそうじゃあ〜りませんか!

どんなささやかな「いいこと」でもいいから。

生きてる間に、どれだけの距離を。

移動するんでしょう。

東京でも、沖縄でも、NEW YORKでも、空
港に向かう途中、或は空港から帰る途中、
そんことを考えて胸が痛くなります。

この感覚は、例えばツアー中でどの場所でも
同じ感覚なので、空港と目的地の道中に生ま
れる感覚だと思うのです。

せつない。

だから、移動が頻繁だとせつなさに襲われる
頻度も高くなって、けっこうしんどいです。

ましてや夜の空港なんてヤバイです。

さて、そんなヤバイ男、中村正人の「NEWS
ZERO
」インタビュー見て頂いてありがとう
ございます。

よしだみの感想をまだ聞けてないのでちょい
と不安ですが。

「AGAIN」

かなり評判いいのでよかったなぁ。

これがなによりです。

え?僕、ちょっと元気無い?

そんな時もあるんです。

明日、番組予約を忘れずに。

リアルタイムで見れない諸君は、ね。

日本テレビ・NNN系列「NEWS ZERO
2014年1月9日(木) 23:00~23:59

みんなからの大反響がうれしすぎて、かなり
おだってしまった中村正人のインタビューが
放送される予定でございます。

「NEWS ZERO」新テーマソング「AGAIN」
について、楽曲に込めた想い、制作秘話など
語りました。

オンネアー後、よしだみにダメだしされない
様に注意深くお答えしたんだけど、結果はい
かに。

ちぇっく、よろしくです。

で、新年そうそうもう恋しくなった、
中之島LOVE CENTRAL」の撮影スポット
をご紹介。

行って、撮って、みてみて。

冬は冬で、また、ロマンチックでっせ。

『NEWS ZERO』の。

新テーマソングを書き下ろしました。

ドリブログ2013.12.30」での予告通り、ド
リカムの新曲の詳細発表!!!

仕事始めの足取りを軽くしてみせましょう。

タイトルは、

       「AGAIN」

カタカナ表記は「アゲイン」だと思ってたん
だけど、よしだみの強い意向で「アゲン」に
決定。

またもや、よしだみとワタクシ中村正人が、
渾身の力を振り絞って書き上げた作品です。

しかも、ひさびさのバラード調。

サウンド的にはドリカム・クラッシックのス
タイルで責めます。

つまり、「ドリカムらし過ぎる!」ってな感
じですか。

2014年は、ソチオリンピック、ソチパラリン
ピック、サッカーワールドカップ等々、スポ
ーツのビッグイベント目白押し。

様々なニュースとともに、浅田真央さんをは
じめとするアスリート達の勇姿に、僕らの胸
も高鳴るはず。

そんな必ずや目撃できるであろう感動の映像
を支えるに相応しいと言って頂けるような楽
曲を目指しました。

責任重大。

しかも、去年のイベントでコラボした絢香ち
ゃん
の「ツヨク想う」に続く楽曲です。

さあ、たいへん。

どじょうがでてきてこんにちわしないまでも、
かなりのプレッシャーでございます。

今夜はその一回目。

一回目限りの特別バージョンでのお披露目と
なります。

楽曲自体の発売は未定です。

みなさまのリアクションが全て。

手のひらの孫悟空状態。

ニーズがあれば、NEWアルバムでの収録を
待たずに、リリースできるかも知れませぬ。

よろしくバックアップお願いします。

日本テレビ・NNN系列「NEWS ZERO」
月~木:23:00~23:59/金:23:58~24:58
<番組サイト> http://www.ntv.co.jp/zero/

さて、年始は陸前高田から東京でサイドステ
ップ踏んで、沖縄へと移動しました。

空港で美しい夕日に出会ったので、パチリ。

さあ、年末年始休みもフィナーレへ。

もちろんずっと休みなく働いていたり、勉強
していたりする諸君。

「おっつです!!!」

で、そんな諸君の憩いとなれば、また、休み
明け再始動の切っ掛けになればとの願いを込
めまして。

日本テレビ系
LIVE MONSTER
  MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW

特別編「Golden Circle」特集
<放送日時> 2014年1月5日(日)
              24:00~24:25
<司会> 中村正人
<演奏> FUZZY CONTROL
<ゲスト> 寺岡呼人

呼人さんの話しはもちろんウルトラ興味深い
し、「動く」奥田民生さん、「動く」桜井和
寿さん、「動く」ゆずのお2人のメッセージ
も頂くことができたりなんかして。

この番組のスタッフにしかできない内容。

いっつも僕、楽させてもらってます。

とにもかくにも、ご覧下さいませ。

もちろん深海ザメの「メガマウス」並に貴重
なマサマニアには、お久しぶりの「動く」中
村正人をお楽しみ頂けます。

放送時間だけはお間違いなく。

んじゃ、いつもの場所で待ってます。

あけましておめでとうございます!

衣装はもちろん、KEITA MARUYAMA

紅白も、みなさまからの強力なバックアップ
テレパシーのおかげで、なんとか無事パフォ
ーマンスを終えることができました。

よしだみは、歌い終わってからもしばらく足
の震えが止まらず、あわわわ状態でした。

そんな状態でもなんとか歌い通せたのは、み
なさまのおかげです。

そして、なによりも、この中継に大きな理解
とたいへんなご協力を頂いた、高田小学校を
はじめとする陸前高田のみなさまのおかげな
のです。

岩手県立不来方(こずかた)高校音楽部
岩手県立釜石高校音楽部        
岩手県立大船渡高校音楽部       
宮城県気仙沼高校合唱部  

のみなさんのあの美しい歌声が、「さぁ鐘を
鳴らせ
」をさらにパワーアップさせてくれた
のは言うまでもありません。

よしだみの「約束」を果たす機会を与えて下
さった紅白にも大感謝。 

新年から「ありがとう!」満載のドリカムで
す。

PAGETOP