吉田沙保里選手から金メダルパワーを。

頂きましたぁー!!!

AEON presents
25th Anniversary
DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014
-ATTACK25-

名古屋公演だからこそ起きたマジック。

お隣の三重県は津市出身、中京女子大学卒業、
世界大会15連覇を成し遂げた、沙保里ちゃん。

内緒だけど、以前いちど某所でお会いしたこ
とがあったので、沙保里ちゃんと呼んでいる。

開演前「喉、大丈夫ですか?だからこれ持っ
てきました!」なんて、スーパー優しい笑顔
で、僕の首にこんな貴重な金メダルを三つ掛
けて下さった。

アテネオリンピック、北京オリンピック、
ロンドンオリンピック。

首にかけた瞬間、ドリ肌がぶわーと立って、
喉は一瞬のうちに良くなりました。

ありがとう!沙保里ちゃん!

よしだみもものすごく興奮して、「あたしも
吉田!!!」なんて自慢していた。

スーパーヴォーカルの浦嶋りんこも三重出身。

地元愛知県出身のキンタロー。ちゃんも参戦。

会場がおおいに盛り上がったことは言うまで
もない。

ありがとう!キンタロー。ちゃん!

差し入れもサンキュ。

そして、大きなグルーヴでライヴを盛り上げ
てくれた名古屋初日ベイビーズ。

ありがと、ありがと。

オープニングで暗転になった時の、みんなが
振ってくれたペンライトは、まるで宇宙のよ
うでした。

全国のベイビーズはこちらで金メダル。

日本テレビ系
LIVE MONSTER
   MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW

2014年11月30日(日) 23:30~23:55
<司会> 中村正人
<演奏> FUZZY CONTROL

ゲストは、GLAY

もうほんとにいいひとたちで大好きです。

そんなGLAYのみなさんに対する僕の気持が
オンネアーで表れてたらいいなぁ。

いつもの時間に、いつもの場所で。

やっと侵入だー!名古屋ぁー!

どんだけ名古屋に来るまで時間がかかったの
だ。

このツアーが始まった頃は、暑かったのに。

今の名古屋の「紅葉」は「こうよ~!」

いつもの場所からいつものように撮っても、
全然違うんだねぇ。

名古屋ベイビーズ、待たせたねぇ~。

その分、たっぷりとドリカムから愛を注入す
るからね。

ご心配おかけしてるワタクシのMC用の「声」
ですが、いまのところある程度「音」を発生
してます。

いけるとこまで、いきます。

いっしょに盛り上がろうぜ!(昭和のカオリ)

声が出なくなっても、ドリブログは書ける。

それは突然のこと。

熱も無ければ、頭も体も痛くない。

逆に体調はよいぐらいだった。

昨日の午後、スイッチが切れた様に声が全く
出なくなった。

真っ白になった頭にストンと浮かんだのは
「名古屋ベイビーズ」の、顔、顔。

あわてて今日朝一で、ずっとお世話になって
る先生のところに文字どおり駆け込んだ。

「先生!明日、明後日、明々後日、なんとか
声でませんか!!!」と、全く声にならない
声で訴えた。

先生はこう訪ねた。

「相当歌うんですか?」

僕はとっさに答えた。

「いいえ、MCやるだけです!」

えええ!!!オマエ、バッキングヴォーカル
だってやってるじゃない!!!

そんなセルフィッシュでエゴ丸出しで都合の
良い僕にたいして、先生は冷静沈着に診断
/処置をして下さった。

さすが声関係のトップのプロ。

僕みたいにあわててない(当たり前だのクラ
ッカー)

続いて、笑顔がモーレツステキな看護士さん
のやさしい「一刺し」で約一時間の点滴に突
入。

はい、おかげさまで今のところ回復に向かっ
てます。

本当に関係者の皆様には、スケジュール変更
などもろもろ対処して頂き、こころからお詫
び申し上げますとともに、感謝しております。

ツアー中、必ず一回はやっちまうこのワタク
シです。

妙に慣れない3連休があったから体が油断し
たのだと思うのだ。

働け!働け!中村正人。

そんな3連休の最終日。

大渋滞の中、行きに3時間帰りに2時間かけて、
30分の秋を家族と楽しんできた。

これが原因じゃないよねぇ。泣く。

でも僕は犯人を知っている。

「イノダ」だ。

3連休の真ん中。

みんな、どうしてるのかなぁ。

僕らドリカムの二人は〜ぁ、なんと3連休。

世間と、久々の、シンクロ。

ばっとしかし、もちろん、自主練習や喉や
体のメンテナンスは怠りません。

はい、ストレッチ、ストレッチ。

はい、スクワット、スクワット。

はい、モンキーガール、モンキーガール。

でも、3連休。

こんな時こそ、何万というメールや山のよう
に積もった書類の整理に励む。

もちろん『ATTACK25』の「CD」を聴きなが
ら。

ところが、聴いてるうちに手が止まり、譜面
を引っ張り出して、ツアーでの演奏を再確認。

ありゃりゃ。

やっぱり音楽することは休めません。

あんど。

3連休だからといって、週に一度のデートを
キャンセルするわけにはいかないなぁ。

日本テレビ系
LIVE MONSTER
   MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW

2014年11月23日(日) 24:00~24:25
<司会> 中村正人
<演奏> FUZZY CONTROL

ゲストは、倉木麻衣ちゃん

いつもより30分遅いからって、このデートを
すっぽかすにはもったいなさ過ぎる。

だって、倉木麻衣ちゃんの謎の素顔が明かさ
れるだけではなく、男女問わず、彼女の虜に
なってしまうことは間違いなし。

「虜になる」ことを決して拒まない中村正人
の「LIVE MONSTER」。

見逃しちゃ、ダメよ~ダメダメ!

月曜お休みの人は、起きてなさい。

ジョークはさておき。

長野ベイビーズのみなさま。

みなさまの無事を願っています。

父兄参観。

実際は父母参観だったんだけど、よしだみの
ご両親が大阪のライヴに駆けつけて下さった。

今回のツアーは、ドリカムの最新アルバム
ATTACK25』の世界を伝えるのが、最大の
ミッション。

で、幸いにも、その音楽達があなたのこころ
に「侵入」できれば、きっとCDを買ってくれ
ると信じてぎゃんばってます。

これ、25年前と全く同じ。

ライヴの動員数のほうが、CDの売り上げより
多かったわけだから。

話しを戻して。

だから当然『ATTACK25』に収録した「あな
たにサラダ以外も」も披露してるんだけど。

そのモト歌(?!)の「あなたにサラダ」は、
よしだみが高校生の時に作詩作曲したわけで。

当然当時、よしだみの「とうちゃん」と
「かあちゃん」が高校生のよしだみを育てて
たわけで。

僕はそのころは全くよしだみを知らないわけ
で。

つまり、「とうちゃん」と「かあちゃん」が
出会って、結婚して、よしだみを生んでくれ
なければ、「あなたにサラダ」も約30年後の
「あなたにサラダ以外も」も生まれなかった
わけで。

ましてや、このツアーに参加してくれてる何
十万というベイビーズも、何百というツアー
スタッフも、ツアーキャストも、うちの会社
も、ドリカムも生まれなかったわけで。

僕の「ベース大惨事事件」も起こりえなかっ
たわけで。

『「もしも」はなくて』と歌ってるけど、
やっぱり「もしも」を考えてしまうわけです。

吉田美和の「とうちゃん」「かあちゃん」の
顔見ると。

ああ、神様、ありがとうございます。

そんなわけで、「25th」という数字が刻まれた
パン、染みるぐらいおいしかったよ。

大阪公演最終日、しゅ~りょ~。

AEON presents
25th Anniversary
DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014
-ATTACK25-

大阪、最終公演。

いや~、マジックで溢れた一日だった。

僕のベースプレイにマジックは起こらなかっ
たのだが。

終始、よしだみの激しい突っ込みに絶えなが
らのライヴだったんだけど。

ついに「例の曲」で崩壊。

それにしても、よしだみの突っ込み。

いつになく冴え渡りパワフルだった。

「冴え渡りパワフル」だったのは、そのパフ
ォーマンスも。

いい歌、聴かせてもらいました。

で。

そのパフォーマンスを生んだのは「大阪ベイ
ビーズ」のライヴにおける盛大かつ絶妙なリ
アクション。

やはり「観客に乗せられる」ということはあ
るのだ。

「大阪ベイビーズ」の反応が、よしだみやバ
ンド、S+AKSをどんどん乗せて、それが最高
のグルーヴを生み出していく。

ああ、思い出しただけでも嬉しくなる。

ありがとう、大阪。

昨日に引き続き、こちらをご紹介。

sumile OSAKA パティシエ・山内さんの力作。

ごちそうさまでした。

大阪なだけに、「中」打ち上げ。

よく考えてみると、ツアーが無事明けたこと
を祝う「最初の」打ち上げも大阪公演の後だ
ったなぁ。

今回は、ドリカムがプロデュースさせて頂い
た「中之島LOVE CENTRAL(その中に
sumile OSAKAもある)」のバンケットホール
「SUNSHINE」で開催。

ツアースタッフ約130人が大集合。

sumile OSAKAのキッチンスタッフでもある
みなさんの最高の料理と、ホールスタッフの
みなさんによる最高のおもてなしで、夢のよ
うなひと時を過ごすことができた。

いっぱいすごかったけど、まずはこちらをご
紹介。

ベーカリーの戸嶋さんと川辺さんの力作。

すごいでしょ。

日頃はワイルドなスタッフも昨夜はちょっと
おしゃれして参加してくれくれたひともいて
いい雰囲気。

とはいえ、最後の30分は、僕と演出家の向井
さん
の「毒舌ショー」でめちゃくちゃになっ
たけど。

スタッフの笑顔を見ながら『これはやはり
来て下さったベイビーズのおかげだなぁ』
としみじみ。

なぜなら、ドリカムのツアースタッフは、
ベイビーズの笑顔が見たくて日々必死のパッ
チで働いているからなのです。

プロですから「いい仕事」は当たり前だけど
毎回ベイビーズからの(良いにせよ悪いにせ
よ)評価を頂ける仕事をしているというのは
幸せなことです。

今夜も頑張ります。

は~い、大阪。

天気は、いいね。

家事に、勉強に、仕事に頑張ってる~?

でもね、それが終れば、今夜はドリカム。

AEON presents
25th Anniversary
DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014
-ATTACK25-

大阪城ホールだね。

今、スタッフがここにツアーグッズ、並べて
ます。

はやく会場に着いちゃったひとは、15時30分
から販売開始だから寄ってみてね。

で。

久々の平日公演だから、土日ライヴに来れな
かったベイビーズに会えるねぇ。

ぽっ。

よしだみも、僕も、昨日の夜遅い便ですでに
大阪に「侵入」。

準備万端で、今夜、あなたのハートを「アタ
ック」するよ。

ドリカムの「はじまり」と「今」を行ったり
来たり。

そんなライヴになるからね。

んじゃ、のちほ。

本当久しぶりに。

土曜日と、日曜日を満喫。

AEON presents
25th Anniversary
DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014
-ATTACK25-

の公演が無い土日なんて久しぶりだからなぁ。

よしだみは昨日、S+AKSのシゲさんと新しい
ダンスの振りの猛特訓。

さすがです。

僕は僕で自主練習に励み、来る「大阪冬の陣」
に備えているのだ。

とはいえ、やはりスケジュールがはいってない
日曜日は、格別。

なんだか今夜はいつも以上に週一のデートが
楽しみ。

日本テレビ系
LIVE MONSTER
   MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW

2014年11月16日(日) 23:30~23:55
<司会> 中村正人
<演奏> FUZZY CONTROL

今夜のゲストは西野カナちゃん

カナちゃん独自の作詞法には、ついつい僕も
「天才!」と呟いてしまったほど。

だからあんなにもみんなのこころに侵入でき
るんだねぇ。

ライブでの歌唱力もすばらしい。

独特の声の使い方によって広いレンジをシー
ムレスにいったりきたり。

そのピッチの良さは特筆もの。

で、パフォーマンスはエモーショナル。

必見です。

いつもの時間に、いつもの場所で。

林檎ちゃんと、「や~!」

なんで、こ~なるの。

LIVE MONSTER、見た?

それにしても、林檎ちゃんが初めてボーカル
を担当したバンドが9人編成で、ドリカムの
go for it!』を歌っていたというのには
びっくり。

聴いてみたかったなぁ。

そんなわけで、林檎ちゃんがつくるであろう
キャバレーにいくために貯金を始める中村ま
なのでした。

PAGETOP