バババババーン!!!

DREAMS COME TRUE、デビュー25周年。

アニバーサリー・イヤーがいよいよ始まります。

ただただ、感謝感謝の25年。

DREAMS COME TRUEの音楽を愛してくれ
たあなたに、サンキュ.

そして、これからもよろしくお願いします。

夢を持つこと、語ることを、恐れずに、恥ず
かしがらずに。

でっかい夢を持つことは、全ての人類に与え
られた平等の権利。

「自らその夢に制限を与えてはならぬ」

とは、25年前に頂いた大先輩の教え。

途方もないでっかい夢をこの胸に抱いて、
今日からまた一歩踏み出します。

ドリカム誕生日イブ。

なんだか神聖な気分。

明日、25歳になるドリカムは、どこへ歩いて
行くんだろう。

昨日一日、たっくさんの取材を受けながら、
ずっと考えてました。

まだまだやりたいことはいっぱいあるし、見
たい世界も増えるばかり。

25周年だからといって、音楽に対する姿勢が
変わるわけもなく。

デビューの時からずっと全身全霊を込めて音
楽してきたわけだし。

気づいたら、その一日一日が25年積み重なっ
ていたわけで。

ただただ僕らの音楽を届けることによって、
みんなの「最強の笑顔」が見たいわけで。

今日朝が明けたら、引き続き、25周年につい
て、NEWシングル「AGAIN」について、沢山
取材して頂きます。

だから。

考え続けるでしょう。

ドリカムがどこへ歩いて行くのか。

25年というメモリーを刻む明日のために。

出来立て、ホ~ヤホヤ。

来週、3月26日(水)にリリースする、僕ら
DREAMS COME TRUEのデビュー25周年記
念シングル「AGAIN

工場から出来上がってきましたぞ!!!

あ~ちっちっちっ!!!

なんと愛おしいんでしょ。

何回も頬ですりすりしてしまいました。

よしだみにも、スタッフがこのできたてホヤ
ホヤのCDを届けてくれました。

みんなにも早く届けたいなぁ。

当たり前だけど「25周年記念シングル」は、
もう二度と発売できないんだし。

実質「記念の品」なわけで。

あら、写真撮った後、またすりすりしてしま
いました。

あなたも、すりすりする?

「DO YOU すりすり?」

今日は、「LIVE MONSTER
  MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW

の収録してきました。

午前10時にスタジオ入りして、終了したのが
午後10時半。

長丁場だったけど、今をときめくアーティス
ト達のライヴとお話は、アルバム制作中の僕
にとってはすんごいエネルギーになりました。

オンネアー、楽しみにして頂戴ませ。

そうこうしてるうちに、ドリカム25周年ま
で、あと2日。

ヤバクネ?

で、なにげに発表しちゃいますが、17枚目の
アルバムタイトル、決まりました。

もちろん、よしだみが決めました。

「いつ発表するの?」

「まだでしょ」

あ!そして、21日の読売新聞朝刊は、必ずゲ
ットして下さい。

ドリカム25周年まで、あと3日。

チーム・ドリカムとしては、いろんなカタチ
でみなさんにこの25周年を楽しんでもらおう
と企んでいます。

そのひとつ。

3/21(金) 、
「DREAMS COME TRUE
    × sumile TOKYO × sumile OSAKA
コラボレーション企画がスタート。

「デビュー25周年スペシャルデザート」

先日、大阪はsumile OSAKAで行われた、
sumile TOKYOチームとsumile OSAKAチー
ムの打合せの様子をゲット。

左から、本村シェフ、パティシエの山内李佳
さん、木川シェフ。

ドリカムの世界観を「食」で表現すべく、熱
いやりとりが行われたそうです。

よしだみとふたりで、細々とNYの片隅で始め
たsumileプロジェクトがこんなに成長したか
と、嬉しさがじわじわ。

大阪に、東京に、是非遊びにきて下さいませ。

以下、オフィシャルから。

~「sumile」(スミレ)とは?~

ニューヨークで誕生したDREAMS COME TRUE
の思いが詰まったレストラン。
吉田美和のソロワークとしてリリースされた
ファーストアルバム「beauty and harmony」
シンボルフラワーであるスミレの花をモチー
フに、人々の笑顔 = Smile(スマイル)を願い
「sumile」と名付けられました。

配布スタートしてますよん。

それは、「月刊ローソンチケット」4月号。

ドリカムが表紙なんて、めずらしいじゃあ~
りませんか。

「8月からスタートするデビュー25周年を
記念した全国ツアーヘの構想を、中村正人が
語る!」

はい、語れる範囲で語ってます。

「裏ワン」の時から暖めていた構想なので。

「デビュー25周年記念シングル「AGAIN」が
まもなく発売となるが、この楽曲への想いや、
今年8月からスタートする全国30万人を動
員する全国ツアーに向けて現在の心境を中村
正人が語ります」

はい、心境そのものは穏やかではありません
が。

必死に冷静を装って語ってます。

何故穏やかじゃないかというと、まっこと久
々のアルバムツアーなのに、そのアルバムが
製作中ということで。

まだ完成もしてないアルバムのツアーを決め
てるわけで、こりゃあ冷静を装うしかありま
せん。

「チケット購入にむけてのアドバイスも!?」

はい、「ドリカムのチケットは、プラチナチ
ケットで手に入らない」という都市伝説(誤
解とも言う)を覆したいのです。

以上、詳しくは「月刊ローソンチケット」4
月号をゲットして読んでみて下さい。

さあ、今週も頑張るぞ!

なんてたって、21日の25周年記念日をかかえ
る今週。

ドリカム、25歳まで、あと4日。

ガウガウ。

それにしても、メンバーの「一匹」が日本語
しゃべることができて、ヨカッタヨ。

Jean-Ken Johnny、サンキュ.

さすがにオオカミ人間語の通訳となると、な
かなか見つからないと思うし。

見つからなかったら番組が成立しないわけで。

ほっと胸を撫で下ろす僕が見れるのはこちら。

日本テレビ系
LIVE MONSTER
   MASATO NAKAMURA MUSIC SHOW

2014年3月16日(日) 23:30~23:55
<司会> 中村正人
<演奏> FUZZY CONTROL
<ゲスト> MAN WITH A MISSION

スタッフがそれぞれのオオカミ人間の名前と
席順をMC席の机の上に貼ってくれたんだけ
ど、番組収録の最後まで見分けがつかなかっ
たこと、深く反省してます。

「人と(或は、オオカミ人間)と話す時は、
相手の目をしっかり見なさい」と教育された
僕にとって、彼等の目を見て話すことは至難
の業でした。

MCとして、スキルがUPできた貴重な一本。

LIVEは、収録中ずっと前田Pがノリノリだっ
たのが何よりの証拠。

興奮MAX.

とくとご覧あれ。

いつもの時間に、いつもの場所で。

のちほ。

作曲中の密かな楽しみ。

それは、僕自身による「仮歌入れ」。

スターチャイルドスタジオほどの機材は揃っ
てないんだけど、プリプロ用機材はパーフェ
クト。

機材はラックにも入れないで、山積み状態。

そんな雑然としたプリプロ・スタジオで、ひ
とり熱唱する僕。

まだよしだみも、人類誰一人も聞いたことが
ない、新しいメロディー。

仮歌をいれる一声一声が、創造の瞬間なのだ。

その姿は、機織りの鶴のごとく、誰にも見ら
れたくない、見せられない。

しかもその仮歌は、よしだみ以外、永遠に誰
も聞くことができない。

じゃじゃ〜ん。

で、仮歌を入れたデモをよしだみに聴いても
らって、アルバムに入れるか入れないかを判
断してもらうのだ。

一世一代の大勝負。

いまのところ、採用曲、連発してます、はい。

話しは変わるけど。

3月26日(水)に発売されるドリカムのデビ
ュー25周年記念シングル「AGAIN」のカップ
リング、

HAPPY HAPPY BIRTHDAY
           – 25th Anniv. Mix –

の試聴がスタートしたよ!

僕も聞いたけど、あんまりにもちょびっとな
のでみんなに伝わるかなぁ。

とにかく、1993年のアルバム「MAGIC」に
収録されたオリジナルヴァージョンに負ける
ことなく、20年以上経った今も、よしだみの
ボーカルはパワフル&ハッピー&セレブレー
ションフィーリング。

再録したなんて、アンビリーバブル。

ボーイズも頑張ってるし、なんてたって
CMJKのトラックが楽しさMAX。

バースデーパーティーのマストアイテムに
なること1000%なので、CDゲットしてよ
ねんのねん(わっかるかなぁ〜)。

追伸。

今日の午前中に電気屋さん、カミング。

ビリビリ&ファイヤー、ドントウォーリー。

コンセントから、電気じゃなくて。

水が出た。

1年半前から使ってるプリプロ・スタジオで
の事件です。

慌てて機材のACコードを引っこ抜いた。

こんなことで、今作業中の新曲達のデータが
ぶっ飛んだら、えらいこっちゃ。

念のため、全楽曲のバックアップを取る。

日本全国、荒れ模様。

僕の心は、晴れ模様。

気をつけましょ。

なんて言いながらパソコンの日付を見たら、
ホワイトデー。

LOVE LOVE LOVE」の元歌は、僕がセッ
ションミュージシャン時代に、詩も書いた
ホワイトデー」というタイトルの曲だった
って話しは何度もしたけど。

よしだみ、ことあるごとに
「ねえ、『ホワイトデー』ってどんな詩だっ
たっけ?」なんて意地悪そうな顔でわざと聞
いて、僕に歌わせようとする。

ぎゃふん。

そんな「ホワイトデー」のままだったら一生
日の目を見なかったであろうこの楽曲。

よしだみのおかげで、名曲に生まれ変わりま
した。

僕にも奇跡は起きる。

で、もちろん「ワタドリ」にも収録。

「美和」ちゃんの歌を「miwa」ちゃんが歌
ってくれました。

「私がDREAMS COME TRUEさんのライブ
に初めて行ったのは2007年の国立競技場で
行われたドリカムワンダーランドです。
サプライズ連続の素晴らしいライブに圧倒さ
れ、興奮しっぱなしだったのを覚えています。
なかでも「何度でも LOVE LOVE LOVE」を
会場全員で大合唱したのは本当に鳥肌でした。
いろんな方にとって「LOVE LOVE LOVE」
はとても大切な曲だと思うので、カバーさせ
ていただけることを大変光栄に思います。
また、今回アレンジを担当してくれるejiさん
は私をデビュー前から支えてくれているバン
ドメンバーですが、以前DREAMS COME
TRUEさんのサポートをしていた経験もある
のでご縁を感じます。」

そうなんだよ、ejiさんは僕らのライヴに参加
してくれたんだ。

miwaちゃんは「LIVE MONSTER」にもゲス
トで出て頂いたし。

ほんとに「ご縁」を感じます。

miwa「LOVE LOVE LOVE」
3月12日(水)着うた配信スタート
3月19日(水)フルサイズ配信スタート

現在オンエア中でございます。

ドリカムの「何度でも」とともに流れる映
像。

CM見る度に、うるうる来ちゃいます。

しかも、ドリカムのオフィシャルHPには、
浅田真央選手の笑顔が。

HP開ける度に、微笑んでしまいます。

どんなに制作に行き詰まっても、やるきがも
りもり出てきちゃう。

ソチパラリンピックの熱戦をみたり、この浅
田真央選手や、葛西紀明選手の激闘を目撃し
て「10001回目は、ほんとに来るんだ!」と
、僕自身、あらためて勇気づけられています。

是非あなたも「住友生命」TVCM第4弾をテレ
ビでチェックして下さいませ。

必ず元気が出る、魔法のCM。

ワタドリ」では、Flowerさんが「何度でも」
をカバーしてくれました。

鷲尾伶菜さんのメッセージ。

「今回、小さい頃から憧れていた
DREAMS COME TRUEさんの楽曲を歌う機会
を頂けたことを本当に光栄に思います!
中学時代に毎日のように聴いていたとても思
い入れの深い楽曲でもあるこの「何度でも」
を、自分たちらしくみなさんに伝えられるよ
うに歌いたいと思います!
頑張ります!!」

Flowerさんらしいダンスチューンに仕上げて
くれました。

これまた元気が出ます。

お試しあれ。

ドリカム中村 X いきもの水野

このタイトルだと、なんだか新人プロレス
ラーのデビュー戦みたいだけど。

朝早かったけど、見てくれました?

水野さん、ほんとに緊張なされてて、申し訳
なかったなぁ。

ドリカムの中村って、なんだか威圧感がある
みたいで、やな感じだねぇ。

よしだみにも、コトある度に「えらそうにし
ゃべるから、気をつけなさい!」と注意され
てます。

そんな僕と忍耐強くお話ししてくださいまし
た。

お話の内容は、目から鱗。

「J-POP」とは?

水野さんからたくさん学ぶことがありました。

こんなステキな機会を作って下さった「ナタ
リー」に感謝感謝。

この対談インタビューの完全版は、音楽情報
サイト「ナタリー」で2014年3月25日(火)
から掲載される予定だそうです。

25日といえば、「AGAIN」もフラゲできるぞ。

水野さんと会える切っ掛けにもなった
ドリカムのデビュー25周年を記念して3/26
(水)に発売されるカヴァーアルバム

     『私とドリカム
   -DREAMS COME TRUE
25th ANNIVERSARY BEST COVERS-

YouTubeでのダイジェスト映像も始まって、
ますます巷で盛り上がりをみせてます。

ダイジェスト映像見た僕の感想。

自分で言うのもなんだけど、威圧感満タンで
言っちゃいます。

  「なんだ、名曲ばかりじゃないか。」

PAGETOP