「愛しのライリー」配信開始。

半年に渡る「愛しのライリー」プロジェクトが、

ついに配信の日を迎えた。

ディズニー/ピクサーの長編アニメーション20周年記念
作品『インサイド・ヘッド』(7/18公開!!!)

その、日本版オリジナル主題歌「愛しのライリー

「日本版オリジナル主題歌」なんて光栄な表現をして頂
いてる。

でも、僕らが作ったのは『インサイド・ヘッド』のCM
ソングなんだ。

この曲を切っ掛けに劇場に足を運んで欲しくて、

愛情一発で、

でも、

丁寧に、丁寧に、

祈りにも似た感情を込めて、

完成させた曲なんだ。

さっそくダウンロードしてくれたあなたに、

心からありがとう。

僕らも、ダウンロード済み。

7月15日リリースの、

「インサイド・ヘッド」 オリジナル・サウンドトラック

にも収録される。

あとは、『インサイド・ヘッド』の公開を待つばかり。

吉田さんと二人で、

「なんていい曲、つくっちゃったんだろうねぇ~」と、

しみじみ手前味噌を満喫中。

今日、東日本ワンダーベイビーズに嬉しいことが。

あるかもしれない。

いや、控えめに言っておこう。

東日本ワンダーベイビーズの中には、

嬉しい人がいるかもしれない。

26日の午前4時に情報解禁。

嬉しいと言えば。

ハワイのライブのアンコールで、

このケーキが登場した時、

吉田さんはとても嬉しかったに違いない。

ただ、

強風の中、必死で点けたロウソクが、

吉田さんがお願い事してる間に消えてしまったことが、

ちょいと残念だったに違いない。

ところがどっこい。

今年はワンダーランドイヤー

吉田さんの願い事は、

ベイビーズが叶えてくれるに違いない。

[マサブログ] 今年2度目の札幌ドーム。

男二人旅。

ドリカムワンダーランドのステージプロデューサー・向
井さんと。

いやいや、

二人だけでは成立しないこの旅。

各セクションの担当者も参加。

既に、

東京、福岡、札幌、大阪の各ドームの視察を終了。

機材の設置方法の検討や測量も行われる。

ドーム全てが全然違うので、

困難を極めるプラン作り。

でも、実際ドームの端から端まで歩き回ると、

いろんなアイデアも出てくる。

やはり、

現場に行くことはとても大切。

[マサブログ] 万博記念公園は、僕の夢の跡。

ワンダーランドイヤーだからこそ叶ったドリカムのベス
トアルバム「私のドリカム」

そのリリースを記念して行われるビッグイベント。

「MBS presents 私のドリカム THE LIVE in 万博公園」

会場となるのは、「大阪LOVER」に登場する恋人たちに
縁が深い万博記念公園。

1970年当時、小学6年生だった僕。

子供料金が適用する最高年齢をいいことに、電車で、自
転車で、何度もこの会場を訪れた。

特に自転車の時は、会場には入らず、周回道路を一周
するだけで大満足。

頭の中ゼンブが怪獣とサンダーバードでできた僕にとっ
て、大阪万博はまさに「夢の国」、現存する「未来世界」
だった。

太陽の塔は、その中心にそびえ立つ神的存在。

あれから45年後。

まさかその夢の国があった場所で、こんな素晴らしいイ
ベントを開催してもらえるとは!

今日は第1弾の詳細発表があるらしい。

[マサブログ] 虹の生まれる島。

今まで、短期間にこれだけたくさんの虹を見た
ことはなかった。

まずは、ダイアモンドヘッドにかかった、絵は
がきのような虹。

しかも、うっすらとだけど二重。

次は、そのダイアモンドヘッドのてっぺんに登
った帰り道に、眼下に広がる虹。

いずれも、虹のふもとまではっきり見えた。

そして、2015.05.06にアップしたのは、ハワ
イでの最初の夕食を頂いたお店から見えた虹。

虹を見る度、天地真理さんの歌を口ずさむの
は、僕らの世代の宿命。

日中含め、滞在中風が強くてすこし肌寒いく
らいだった。

そんな気候とは反対に、現地で出会ったみな
さんの暖かい行き届いたホスピタリティーに
感謝。

「アロハ」

もともと出不精の僕が、これまた先入観で行
き渋っていたワイキキのイメージが大きく変
わったのは言うまでもない。

台風が日本列島を駆け抜ける中、僕らの音源
制作は既に始まっている。

吉田美和の誕生日に行われたライブを真空パ
ックにしてみんなに届けたい。

吉田美和の誕生日、無事終了。

スカパー!さんや沢山のみなさんのおかげで、吉田美和
の節目の誕生日が素晴らしい一日となった。

お父さんやお母さんや兄弟達、その家族達に囲まれて
、吉田は本当に幸せそうだった。

「こうして今も歌えることがとても幸せ」

そう彼女は言っていた。

日本から、世界から、お祝いのメッセージ。

それが何よりのプレゼントであるし、彼女が50年生きて
きた証でもある。

2015年5月6日。

また、忘れられない景色がひとつ、僕のメモリに記録
された。

拝啓、吉田美和様。

blog150506

お誕生日、おめでとう!!!

2015年の今日5月6日は、ほんとにスペシャルです。

なんてたって、

あなたの生誕50年周年記念日なのですから。

僕が、まだ、あなたと出会ってなかった20年間、

そして、あなたと出会ってからの30年間、

いろんなことがありました。

歌うひととして、作家として、ひとりの人間として、

あなたが歩いてきた50年間を、

僕はこころからリスペクトします。

これからも、DREAMS COME TRUEの相方として、

あなたの笑顔と、泣き顔を、

ひとつもらさず受け止めて行きたいと思います。

中村正人より。

PAGETOP