V6がV3のドリカムのV4を阻止してV1達成!

なんだか文章だけを見てると仮面ライダーの
決戦の中間発表みたいで面白い。

V6のみなさんは、LIVE MONSTERでお会いし
てから益々各人のお人柄に惚れてしまいました。

前にも言ったけど、V6メンバーが一堂に会し
た時のアベンジャーズ感はほんとすごいんです。

さあ、そんなこんなでドリブログ、一ヶ月のご
無沙汰です。

何をしてたかというと、皆様ご存知の活動
(しかも、ひとつひとつがとてつもなく重量級!)
の他に、ひたすら新プロジェクトのプリプロと、
「私のドリカム」の口コミ宣伝をしてました。

業界では、およそここ20年のドリカムで最大の
メディア・プロモーションだったと言われてます
が、やはり最後は(最初も)口コミと執念。

PPの皆様はもちろんのこと、ドリカム宣伝隊
ユニバーサルミュージック、DCTスタッフの
皆様のおかげで、なんと先週までV3を達成す
ることができました。

ちなみに、7月月間でも1位!

宣伝隊の中には、プロモーションキットでさ
らにオリジナルプロモーショングッズを作っ
てくれた方やCDショップの担当者の方もいら
して、我々それを目にする度、感無量MAX。

吉田美和共々、厚く御礼申し上げます。

で、なにより嬉しいのが、その吉田美和が
大変喜んでいるということなのです。

彼女は、オリコンで一位を取ったとき、
もの静かに、しみじみと、噛みしめる様に、
そして、独り言の様に、こう言いました。

「ああ、よかったぁ」

そう、その通りだよ!よしだみちゃん!

よしだみちゃんも頑張ったじゃないか!

CDが売れるということは、ドリカムの音楽を
聴いてくれるひとが多くなるということなの
です。

ということは、僕らの音楽が、そのみなさん
の心に住み続ける可能性があるということ。

それが何より嬉しい。

逆に、聴いてもらえないこと、CDを買っても
らえないことほど残念なことはありません。

また、(全曲がそうだけど)愛情目一杯詰め
込んで送り出した楽曲が、想像もしていなか
った状況から、願っていたように届かなかっ
たり、酷い言われ方をされることほど辛いこ
とはありません。

これもこの職業の厳しさとは重々承知。

インターネット/Twitterの時代になった今、
評価や評論、自由な表現はウェルカムなのが
大前提として、
無意識とはいえ世間に放たれ、直接的にも間
接的にもおかまいなしに投げかけられる罵詈
雑言に対しては相当な筋力をつけたはずの僕
のハートでさえ、なかなか耐えるのが困難な
ことです。

「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカ
ムカ」「ビビリ」の感情達が、激しくセンタ
ーを取り合うここ数ヶ月でした。

いよいよワンダーランドの準備も本格化。

プレッシャーもハンパありませんが、「史上最
強の移動遊園地」の名に恥じないよう、頑張る
のみです。

今日広島は、70回目の原爆の日。

「もう二度と、この地球上にこのようなことが
あってはならぬと、ひとりひとりがその意識
を強くしていくしかない」という言葉に、心の
奥底から頷く中村なのです。

猛暑が続いています。

ドリブロガーの皆様、くれぐれも体調に気をつ
けられますよう。

てんてこ舞いの沖縄のスタジオより。

PAGETOP