DWL2015のチケット、ソルドアウト!!!

3年前「DWL2015を冬のドームで実施したい!」
という、会場のブッキング希望を提出した頃
は、「果たして大丈夫なの?」なんて動員が
心配されていた札幌ドームを含め、全ドーム
全席完売となりました。

こころから御礼申し上げます。

「オークションやチケット売買仲介サイトに
流れるチケット」に関してはまことに残念。

もちろん「インターネット・オークション」
自体を批判しているわけではありません。

不正なチケット購入対策が、インターネット
の進化に追いつけていないのが現状なのです。

ましてや、PP優先のチケットの流出に至って
は、大変な思いと時間と手間とお金をかけて
希望公演のチケットを確保できなかったPPメ
ンバーの皆様のお気持ちを考えると、お詫び
する言葉も見つかりません。

個人IDによる認証をトライしたものの、一部
不正購入発見のために、多くの皆様に多大な
ご迷惑をおかけしてしまい、サービスとして
は本末転倒な結果になってしまった経験があ
ります。

とはいえ、このようにお詫びする事態になら
ないようにするのが我々の使命。

逆に「インターネット」の便利さを利用して、
正規でチケットを取った皆様が、やむをえな
い理由でチケットを手放さなければならない
場合、定価で取引できるようなシステムを導
入するのはどうですか?というアドバイスも
受けてます。

予めIDと顔写真を登録してチケットと連動す
るのは?というアドバイスも。

でも、個人情報保護法だったり、その手続き
に膨大な手間をお客様に取らせるのはどうな
んだろう?

あれは、どうなんだろう?

これは、どうしたらいいんだろう?

お客様を第一に考えれば考えるほど、
検証しなければならない項目は増えるばかり。

他のアーティスト様のチケット関連成功実施
例などを勉強させて頂きながら、
引き続き誠心誠意努力致します。

DCTバンドで大活躍の。

SATOKOが個展やってます。

東京を皮切りに名古屋・大阪と計3箇所にて個展を開催。

ギャラリーとカフェが一緒になっているので、
食事やお茶を飲みながらSATOKOの絵を楽しめるらしい。

東京・名古屋ではSATOKO×カフェのコラボメニューもある
ということなので。

[開催情報]
◯東京:9/7(月)〜16(水)
ぽたかふぇ。
http://pottercafe.main.jp
東京都杉並区高円寺北3-21-5 ハイツ,ロイヤル2F
木曜定休 11:00-21:00 (20:30L.O.)
※カフェ展示になりますので、お一人様ワン
オーダをお願いしております。

◯名古屋:9/29(火)〜10/10(土)
Cafe DODO
http://cafe-dodo.com
名古屋市中区栄5-18-17 コーワビル3階
※カフェ展示になりますので、お一人様ワン
オーダをお願いしております。

◯大阪:10/12(月)〜26日(月)
Bodaiju Cafe(ボダイジュカフェ)
http://www.bodaiju-cafe.com
大阪府大阪市北区神山町1-5 扇町公園ビル1階

※SATOKO ホームページアドレス
http://satoko-drum.com/
ドラムが素晴らしいのはDCTバンドとして当
たり前なんだけど、僕やよしだみはそこに根
ざすクリエイティビティーにも惚れています。

ドラマーとしての名声を完全無視してもなお
SATOKOはみなを幸せにするマジックが宿っ
ています。

原画は見るべし!

インターネットの情報では到底分からない
「情報量」がそこに存在しています。

カラダを動かすべき。

移動してみるべき。

実物に触れるべき。

それはどんなアートにも言えること。

モナ・リザがそうである様に、

SATOKOにも触れるべき。

一筆一筆の愛を感じるべき。

「くまモン」さん公式まで届いたみたい。

くまモン【公式】 ‏@55_kumamon 9月6日
うれしかモ~ン!情報くまさったみなさん、
サンくまっ☆ RT @MaldivesIs: くまモ一ン♪
ドリカムのまささんが、くまモンの事を書い
てくれてるよ一うれしいモン❣❣(っ´ω`c)♡

びっくりしたモン!

あ〜んど、

うれしいモン!たのしいモン!大好きだモン!

実は、
ドリカム✖️ドォーモ【九州をどこまでも】コラ
ボMV撮影のとき「くまモン」さんに会ってる
んだモン。

その時の「くまモン」駅長はちょと固くて何
もしゃべってくれなかったけど。

なんだか、「くまモン」さんのほっぺたや口の
回りを見ると、他人の気がしないんだモン。

斉藤ふみちゃんと一緒にパチりもある。

2015.09.06のドリブログでは「くまもん」て
書いちゃったけど、「もん」は「もん」じゃ
なくて「モン」でした。

ごめんモーン。

そんなわけで、「ドリクマ」が「くまモン」
さんと会えるその日まで、頑張るモン!

「ドリクマ」がね。

ヴォーカルレコーディング中の。

吉田美和の写真は絶対に撮ってはならぬ。

そのことを理解するには「鶴の恩返し」を思
い出すが良い。

吉田美和の正体が鶴だというわけではない。

吉田美和が、実は自分の羽毛を抜いて糸の間
に織り込み、美しい布を作っているのでもな
い。

ましてや、写真を撮ることによって彼女の正
体がバレて、空へ帰っていかなければならな
いということでもない。

しかし、レコーディング中の吉田美和の写真
を決して撮ってはいけないということは、限
りなくこのニュアンスに近いものがある。

歌入れに全精力と全魂を込める吉田美和の姿
は、ひとさまに見せるものではない。

そうして造り上げた作品を、発表後聞いて下
さることがその全てを目撃することになるの
じゃ。

吉田美和がスタジオで唄っているときは、決
して、扉を開けてはならぬ。

「まさくんも撮ったよね!」

旅先のホテルで朝集合したとき、珍しくよし
だみが聞いてきた。

おそらく同じようなアングルで、でも僕より
遥かにセンスある画角でゲットしたであろう、
7月7日の熊本城。

2015年の7月7日は忘れられない日になったな
ぁ。

ドリカム新幹線ライブがあったし、
私のドリカム」が発売になったし。

今日が9月6日だから、2ヶ月が経とうとしてる
わけだ。

「はやっ!」

それにしても熊本城の美しさは筆舌に尽くし
難し。

緑色の墨で描いた墨絵の様。

実際、城内も見所満載。

いつか「くまもん」と「ドリクマ」のツーシ
ョットも見てみたい。

なんてたって「くま」繋がりだものね。

ところで「ドリクマワンダーランドツアー
に行ってくれたベイビーズはいるのかな?

「ドリクマ」ちゃんと働いてた?

ドリカムが、V6に!

今週月曜日発表になったニュース。

これ、我々ドリカムが作ってる記録ではなく、
「あなた」が作っている記録なのです。

いいカッコをしたいのではなく、善人ぶりたい
わけでもない。

ましてや、僕の必殺技「良い人ぶる」のでも
ない。

事実は、事実。

私のドリカム」を、ひとりひとりの「あなた」
が買ってくれなければV6は達成しない。

しかも、この時代に。

この作品をCDショップから連れて帰ってくれ
た「あなた」

パソコンやスマホでポチっとしてくれた「あ
なた」

その他、どんな方法でも「私のドリカム」に
3,672円を払って下さった「あなた」が更新し
てる記録なのです。

ありがとう、ありがとう。

そしてそういう「あなた」を一人ずつ増やす
切っ掛けを作ってくれてるのが、PPのメンバ
ーであり、自主宣伝部隊の諸君であり、藤倉
社長率いるユニバーサル軍団であり、あらゆ
るCDショップのみなさんであり、僕らの音楽
を応援してくれるメディアのみなさんであるの
だ。

ありがとう、ありがとう。

これからも「あなた」が作る記録が更新され
ていくよう、作品の責任者である僕と吉田は
全身全霊で音楽していくことを誓うのであり
ます。

ささやかでステキな週末がみなさまに訪れま
すよう。

さっきまで、よしだみやケイタ先生DWL2015
の衣装打ち合わせ。

オーバーダビングも楽しい!

その前に「2015北海道マラソン」のコメント
ありがとう!!!

さぁ鐘を鳴らせ」が力になったというお話
が光栄至極。

これからもずっとこの曲を愛して下さいませ。

で、今日の話題。

「オーバーダビング」とは、敢えて日本語
にすると「重ね録音」かなぁ。

「ベーシック・レコーディング」
ドリブログ2015.09.02参照
https://dreamscometrue.com/blog/2015/09/02/9612
で作ったオケに音を重ねます。

今回は、ギターとブラス。

ギターはおなじみのJUON

あたらしい機材を持参で張り切ってる。

ギターはプリプロではシミュレーションでき
ないので(いやいや、今のクリエーターなら
簡単にできます)、ミュージシャンのアイデア
を取り入れながらその場で音を重ねていきます。

今回は、ギターだけで3パート録る。

その最初のパートでかなり苦戦したけど、結
果的には最高の仕上がり。

ブラスは、僕がプリプロでアレンジしプログ
ラミングしたデータを本間くんに渡して、実際
の編成用に書き直し、さらにいいアイデアがあ
ったらプラスしてレコーディングする「方式」

ブラス編成はアレンジによって変わるけど、
スタチャの規模を考えると5人がMAX。

5人がそれぞれ2パートを演奏して(1パートず
つ録り重ねる)、実質10人編成の仕上がり。

前列:林カナちゃん(エンジニア)
2列目:田中充(Tp)、
中野勇介(Tp)、
本間マンホー将人(Alto Sax)、
大郷良知(Tenor Sax)、
鹿討シーシーウー奏(Tb)
3列目:後藤ゴトリーヌ(エンジニア)

1stから暫くは僕がブラス譜面まで書いていた
んだけど、当時ずっと一緒にやっていたロン
ドンのミュージシャン「ダイナマイツUK」と
の信頼関係が深くなるにつれて、今の「方式」
になった。

ドリカムオリジナル最新アルバム「ATTACK25
の何曲かは、本間くんの役をグレッグ・アダムス
が担当。

優秀なアレンジャーでありミュージシャンで
もある彼らの仕事はドリカムサウンドを完成
させるには欠かせない。

だから「オーバー・ダビング」は、ついに
作品が僕の頭の中だけのものから外の世界に
飛び出すエキサイティングなプロセスなのだ。

だから、

オーバー・ダビングも楽しい!

録音にはもちろんプロのエンジニアの技も光る。

「録り音」がすべて!というのが僕らの共通の
認識。

「録り音が良くなければ、良いMIXにはならない」

「録れなかった周波数を後で足すことはできない」

と、
変に頑固なチーム・ドリカムなのでありました。

さて、この後は「頑固MAX」なよしだみが圧
倒的なリーダーシップを発揮する「ヴォーカル・
レコーディング」なのだ。

ぶるぶるぶるぶる武者震。

2015北海道マラソン、終了!

去る2015年08月30日、札幌で行われた
「2015北海道マラソン」が終了しました。
http://www.hokkaido-marathon.com/2015/

この大会のオフィシャルソングは、
DREAMS COME TRUE 「さぁ鐘を鳴らせ」
(17thアルバム「ATTACK25」収録)

DWL2015イヤーでもあり、
参加したみなさんの心の中にこの曲が鳴り響
いてくれればと、コラボさせて頂きました。

大会サイトの中の「ラストランナー」の動画
は必見。
http://uhb.jp/event/marathon/movie.html

北海道の空気の匂いがぶわーっとカラダを包
み込んで、カラダが透き通るような気がしま
す。

参加した全てのランナーのみなさま、北海道
マラソン組織委員会のみなさま、お疲れさま
でした!

この一日の経験が、かけがえのないものとな
るでしょう。

われらが北海道ベイビーズのなかで、PPメン
バーで、参加したひともいると思うんだけど。

お手紙でも、ブログでも、コメントでもいつ
でもいいので、どんなだったか教えて下さい。

10月池田町で開催される
    「池田町秋のワイン祭り
も近づいてきた。

北海道日本ハムファイターズの一試合一試合
にも一喜一憂。

なんせ、DWL2015の最終公演は北海道エリア
なのだ。

さて、話題は北海道から九州へひとっ飛び。

ドリカム✖️ドォーモ【九州をどこまでも】
コラボMV(佐賀カット増量バージョン)
https://www.youtube.com/watch?v=aNMmbOiSX0w
で盛り上がった、
KBC九州朝日放送「ドォーモ」9月度エンディ
ングテーマにDREAMS COME TRUEが起用さ
れました。

9月1日(火)~ 9月14日(月)が
「空を読む」
(13thアルバム「THE LOVE ROCKS」収録)

9月15日(火)〜 9月30日(水)が
「眼鏡越しの空」
(5thアルバム「The Swinging Star」収録)

こうして新旧問わずドリカムの楽曲を起用して
頂けるのは、ほんとにありがたいことです。

ベーシック・レコーディングは楽しい。

「ベーシック・レコーディング」をあえて
日本語で言おうとすれば、

    「基本のオケの録音」

かなぁ。

ドリカムの1stアルバムからずっと同じ方法で
レコーディングしてるんだけど。

この方法は完全に古くなって、今のクリエー
ターはほとんどやっていないと思います。

ベーシック・レコーディングの前に、まずは
「プリ・プロダクション」

すなわち、本番のレコーディング(プロダク
ション)の前(プリ)の作業。

何十台もあるシンセサイザーに入ってる何万
という音色から選んだり、音色を編集したり
して、ドラムやベースやピアノやストリング
スやパーカッションやブラスなどなどを、
MIDIシステムというソフトでひとつひとつの
パート/フレーズ/パターンをプログラムして、
一曲のオケをとりあえず仕上げてしまう作業。

例えばドラム・セットをプログラミングする
のには、
キック(低音でドン!ドン!という音)
スネアー(多くは2拍4拍でタン!タン!とい
う音)
ハイハット(チキ!チキ!と刻む金物)
タム(音程がありトン!トン!トン!という音。
数はその都度違う)
シンバル(ジャ〜ン!という音がする金物)
などなどを、
一つずつ音色、音の長さ、音量、タイミング
を工夫しながらプログラミングする。

アレンジの趣旨によっては二つ三つの音を合わ
せてキックを作ったり、3種類のハイハットを
使うこともある。

ピアノならば、(僕はあまり弾くのがうまくな
いので)左手のパートと右手のパートをドラム
と同じく、一音ずつ音色、音の長さ、音量、タ
イミングを頭の中で鳴ってる音を再現すべくプ
ログラミングする。

特に和音の積み上げ方にはこだわりまくる。

こんな風にアレンジ(編曲)に必要な楽器の
音全てをプログラミングする。

僕の本職のベースだって、最初はプログラミ
ングのシンセで完成させてしまう。

そうすると、僕のプレイヤーとしての実力に関
係なく(自称、ベースマガジンの表紙を飾った
最もへたくそなベーシスト)アレンジャーとし
て必要とするベースラインができるし、客観的
に考えることができる。

実際このプリプロは膨大な時間がかかってし
まう。

それは、小学校の時にいやというほど実感し
た、僕の不器用さが起因してると思うのだが。

で、このフルマラソンみたいなプリプロが終っ
たあとに来るのが、本番レコーディングの最
初のステップでもある
「ベーシック・レコーディング」

プリプロで作った音全部を、パソコンを使っ
た録音機(今ハードディスク、昔テープレコー
ダー)に録音していく。

その際、プログラミングで選んだ音が適切か
検証する。

時にはプリプロ中に気づかずにいた変な音色
や間違ったデータを発見/修正することもあ
る。

万が一イマイチの時は、その場でフレーズや
音を編集したり選び直したりする。

また、プリプロではやりきれない音圧や音質
を、プロのエンジニアの技術で磨きをかける。

このプログラミングした音を全部録音するだ
けで一日がかり。

おっと、その前に、よしだみが参加して、
キーやテンポは適切なのか、実際録音して精
査する。

なぜなら、パソコンでオケをコントロールし
てあるプリプロ状態なら、キーもテンポも簡
単に変えられるからだ。

あまりにキーやテンポが合わない時は、和音
の積み上げ方やリズムのパターンをやり直さ
なければならない。

これが一番ヤバイので、プリプロ中は常によ
しだみの音域を確認しながら進める。

以上、ドリカム的ベーシック・レコーディング
の80%の説明。

だから、楽しいのだ。

プリプロで作ったオケが記録される瞬間。

今回のプリプロは、空と海を眺めながら。

blog150902_1

なんという贅沢。

「SPECIALドリカム新幹線」終了!

大きな話題となった
SPECIALドリカム新幹線
が、8月31日で無事終了。

今頃どこかでラッピングが撤去されてるのか
もしれない。

とっても嬉しかっただけに、寂しさいっぱい。

運行に関わって下さった全ての皆様、特に
JR九州の皆様に、こころから感謝致します。

もちろん、「夢をかなえに、今日行こう。」
というわくわくする気持は永遠。

これを機会に、全国から、全九州から、たく
さんのひとが小さくても大きくてもその夢を
叶えてくれたら。

7月7日に叶えた「260キロの新幹線でのライ
ヴ」からもう約2ヶ月。

その時の模様の特別映像は評判が良くて、こ
れまた嬉しい。

すでに62万回を超えた再生。
http://dct-shinkansen.com

僕らも何回も見ちゃうもんねぇ。

で、

どうやらよしだみが唄ってる様に、「ストン」
と秋はやってきた。

DREAMS COME TRUE「ATTACK 25」より
     「FALL FALLS

この夏は沖縄で作業をしていたので一段と気
温に落差があって、寂しさ3割増し。

みんなの街はどうかな?

同じ様に「FALL FALLS」が心の中でループし
てるかな?

日付が変わって9月になったけど、8月の最終日
は、よしだみと次のレコーディング曲のキー合
わせ。

キーもテンポも決まったので、僕の共同ブラス
アレンジャーの本間くんは、明日のレコーディ
ングのために汗をかきかき、ブラスアレンジを
完成させてるにちがいない。

楽しみ。

PAGETOP