もうカバーなんて言う必要もありません。

未来予想図II」という楽曲が
この世に生まれて30年以上経つ。

吉田美和が作詩・作曲の楽曲を、
中村正人がアレンジして
吉田美和自身が歌唱して録音し、
CDというカタチで最初に発表したのが
ドリカム。

明日CDリリースの
MACO、NEWアルバム
『love letter』を、
iTunes Store限定配信する上で、
「未来予想図Ⅱ」を選び、
歌って下さったのがMACOさん。

中村が作ったイントロも
尊重して頂きました。

「未来予想図II」は、
とっくにドリカムの手を離れ
いち楽曲として歩んでいる。

だからもはや「カバーした」なんていう
表現も必要ありません。

逆に、MACOさんが、
『私だけのドリカム
       THE LIVE in 万博公園』
をきっかけに、
この楽曲を歌唱して下さり、
レコーディングして発表して下さった
ことに、とても感謝しているのです。

(ひとつの楽曲をレコーディングし
 リリースすることの大変さは 
 みなさんご存知のはず)

ドリカムという名前は、
いつかは忘れられるでしょう。

でも、我々が発表した楽曲が残り、
これから先、
だれかに口ずさんでもらえるなら、
音楽家としてはとても幸せなこと。

MACOさんのおかげで、その可能性が
また広がりました。

ありがとう。

MACOさんの、真っ直ぐでせつない歌声
、是非このアルバムで触れてみて下さい。

中村はそのなかでも
「恋人同士」がおすすめ。

PAGETOP