星野源くんのドリカム縛りとか。

「最高かよ!」

「星野源のANN」聴いてたよ。

「ドリカム縛り」と聴いた瞬間

顔が赤くなって
ドキドキした俺でした。

「なんで?」

それにしても、

星野源くんのドリカム縛りなんて
光栄至極。

ドリカムのサウンド面担当の中村は、

星野源くんのアレンジャーとしての
才能とこだわりに大注目してた。

インタビュー読んだけど、

ギターのフレーズひとつから
(「SUN」のフレーズは秀逸)

リズムはもちろん、
ホーンやストリングスに至るまで

自分が納得いくまで、
こだわりまくっているらしい。

特筆すべきは、
ファンク&ソウルのテイストが
満載ってことだ。

しかも、俺のルーツである70年代のサウ
ンドの色濃いDNA。

「う〜ん、美味し過ぎる」

それなのに、ああそれなのに、

歌詞がひとつひとつちゃんと伝わるのは

お見事と言うしかない。

J-POPと、
ファンク&ソウルの見事な融合。

アレンジャーとしての星野源くん。

これからも
「耳」が離せない。

PAGETOP