「さよなら10月!」

おいおいおいおい。

やばいぞやばいぞ。

2016年も、あと2ヶ月。

昨日もスタッフと話してたんだけど、
我々の業界、
9月になったとたん年末気分だし、
10月が終わると、もう大晦日気分。

ハロウィーンと元旦は、
直結気分。

おいおいおいおいおい。

やばいぞやばいぞやばいぞ。

名古屋二日目ベイビーズも、
デシベル的に大輪の花丸だった。

いや〜、盛り上がったなぁ。

吉田さん、
泣いちゃったんですよ。

うれしくてうれしくて
うれしかったんだって。

俺もうれしかったよ。

昨日は「マサさんコール」が
三割増。

三割増しただけ
でこんなにちがうのね〜。

いや、別に、
他のエリアベイビーズに、
リクエストしてるんじゃなくてよ。

大晦日同然の2ヶ月間、
「ワルクマ退治」
張り切っちゃいましょう。

で、「だけドリ」買ってくれた?

クリスマスプレゼントに、
年末年始のご挨拶に、
お母さんお父さんの
誕生日プレゼントに、
もちろん、
キッズベイビーズの初めての
プレゼントCDに、
もってこいこい。

だから、気が早いってば。

ハロウィン・イヴのLIVEだ。

でも、
世間的には今日がハロウィンなのかな。

日曜日だし。

ってなわけで、
俺達ドリカム軍団も、
表の世界に戻るべく、
名古屋二日目に挑む。

名古屋初日ベイビーズは、楽しんでくれ
たかな。

デシベル的には
最高のベイビーズだったんじゃないか。

終演後は、
ユニバーサルの藤倉社長と
夜遅くまでこれからの音楽業界について
熱く語り合った。

うん、
非力ながら、
俺達もこの音楽業界を盛り上げるために
頑張ろう!って思ったよ。

それには、
今夜のLIVEも全身全霊込めて、
ベイビーズ達に、泣いたり、笑ったり、
汗かいたりしてもらわないとね。

んじゃ、のちほ。

こんなにいい天気続くの、久しぶり!

ぐっどもーにんぐ、名古屋!

昨日、東京出発したときは、
めっちゃ寒くて雨が降ってたので、
吉田さんと

「寒いね〜、寒いね〜」

の連発。

「打倒!ワルクマ!」を旗印に、
レジスタンスLIVEを続ける
「ATTACK U」「CHANCE RA」。

目覚めてみたらこの天気。

「こりゃあ〜さい先がいいね〜!」

と上機嫌。

そんなわけで
名古屋ベイビーズのお力をお借りして
「ウタウタの力」を奪還すべく
今日も最高MAXのLIVEを目指します。

今日初めて参加する
グレーゾーンベイビーズの諸君。

会場でも「だけドリ」販売してるので
ぜひ、お土産にどうぞ。

「豪華なツーショット!」

最近のインターネットニュースで
よく見かける見出しみたいだけど。

左「ウルフィー」

右「ワルフィー」

ドリカムワンダーランド2015」と
裏ドリワンダーランド2016」に
完全連動してくれるなんて

「うれフィー!
   たのフィー!
      だいすフィー!」

「メ~テレ」さんには心から
           「サンキュ.

そんな今週末の名古屋は、
「ワルクマ」と「ワルフィー」の
共同戦線なので、手強いぞ。

ボイメン・ベイビーズは、是非、

「ATTACK U」「CHANCE RA」
に力を貸して欲しい。

そんなわけで、
名古屋に前乗り。

それにしても、

ディズニーのミッキーは、
世界に一人しかいないけど、

メ〜テレのウルフィーは、
名古屋に二人いるのだね。

北海道帰りのお弁当。

一品一品が美しく美味しくて、
ラッピングにも心がこもりまくっていた
ので、吉田さんが、

「作ってくれたのは、どなた?」

と訪ねたら、

「そな田」のお弁当でした。

2016.08.11
「シーシー・ウー」が進化して、
「シーシー・デュー」

にも書いたように、

「そな田」のオーナーシェフは、
小野寺さん。

ラッピングの紙の後ろには

「LIVE GOES ON」の文字が。

僕らの心も満たされました。

ありがとう!

北海道からの帰り道。

いろんな気持ちで一杯になったよ。

吉田家とひさびさに
お寿司食べたり、ジンギ堪能したり、
いろいろ話したり。

吉田美和の高校時代のバンドメンバーの
みなさんがライヴに来て下さった日もあ
ったから、
週一」とか「うれしはずかし」とか
聴いてどんなふうに感じてるんだろうか
とか。

西川のとこ遊びに行って、
大騒ぎして声枯らしたりとか。

だけドリ」の制作のとき、
オリジナルのサウンドにできるだけ忠実
に録音したかったから、
昔(20年以上の前?)のシンセがどうし
ても必要になって、西川に相談したら、
わざわざ十勝から自分で運転してシンセ
一式運んでくれたんだよ。

俺自身、
生きてるからいろんなことがあるし
悪いこともいいこともあるし、
悪いこともいいこともやっちまうけど、
今このときが「いい瞬間だなぁ」って
思えるってのはとてもラッキーなことだ
と思う。

そのいつ訪れるか分からない「瞬間」
を楽しみに、
また生きてゆくのです。

「あなたのように」が、染みる。

やはり、吉田さんの故郷、
北海道だからだ。

吉田さんの涙を見て、

俺まで
ぐぐっときてじ〜んとなった。

北海道初日ベイビーズはというと
ジワジワくるタイプだそうで、
エンディングに向って盛り上がって行く
様子は、
ステージからみてても
ぐぐっときてじ〜んとなった。

LIVE終了後は、
吉田ファミリーとご飯を食べた。

ひさしぶりにいろいろ話せて
楽しかったなぁ。

ま、

今までのベイビーズと同様、
「ワルクマ」に関する大切なストーリー
はそれほど理解されてないようだけど。

根気づよくご説明させて頂いてます。

今でも予習できるぞ。

まにあうぞ。

コチラをクリック。

じゃ、のちほ。

「ただいま〜!!!」

と叫ぶ、吉田さんを想像して

「ワクワクマ」。

「故郷に錦」シリーズ第一弾。

「ワルクマ」の
地球規模の天候不順攻撃を
忍びに忍び、
耐えに耐え、

吉田美和の故郷に帰ってまいりました。

俺にとっては、

30年前に北海道からお預かりした
吉田さんの、
親戚一同をお迎えしての授業参観みたい
な札幌公演。

またいつもとちがった緊張感。

がんばります。

鳥取ベイビーズ、
無事ですか?

心からお見舞い申し上げます。

まだまだ緊張の日々が続くと思うけど
早め早めに危険回避の行動をおこすよう
専門家達のアドバイスです。

くれぐれもお気をつけて。

福井〜高山〜白川郷〜富山

「ATTACK U」と「CHANCE RA」は
次のワルクマとの合戦場、
北海道までのソングラインを
ちょいと遠回りして
北陸をプチ旅行。

現在進行中のツアーの演出家・
吉田美和さんのアイデアで実現。

この模様、
VIDEO収録に成功したので
我らがファンクラブ
POWER PLANTのナニのナニとして
UPする予定。

カメラマンは
ウラワン」のサービス映像でも
活躍する「9時くん」

もちろん吉田さんが、命名。

彼は、
ドリカムワンダーランド2015
ドキュメンタリーも担当。

その腕前は
是非、
DVDやブルーレイで確認して欲しい。

吉田美和に密着できる
ただ一人のカメラマン。

「ワルクマ」を倒し「アオゾラ」戻る。

福井に青空が戻った。

なんてったって、
吉田美和が大喜びするほどの
「福井2日間スーパーベイビーズ」

俺にとっては
もっともコントロールが難しかった
ベイビーズ。

「強者よの〜う」

ライブが始まってから終るまで
大騒ぎ。

パーティー@サンドーム福井
のようだった。

「ウタウタの力」も貯金できるぐらい
ゲットできたんじゃないだろうか。

実は今回の旅、
吉田さんの希望でまだ続くのだ。

福井からどこに向うのか、
マサブロガーも、是非、
楽しみにしていてくれたまえ。

PAGETOP