予習すると、さらに楽しめるぞ!

何故「ウラワン」なのか?

何故「ドリクマ」は
「ワルクマ」になってしまったのか?

「ATTACK U」は誰なのか?

「CHANCE RA」とは何ものなのか?

オフィシャルサイトで予習をすると、
さらにLIVEが楽しめる。

「そんな暇なかったよ〜」

というベイビーズや、
グレイゾーン・ベイビーズのために
全席にパンフレットも配ってあるから。

それを
会場中に読んでおくのでもいいし。

ミュージシャンやパフォーマーの
紹介もあるし。

みんな、ワルクマみたいなポーズで
写ってるし。

今までの会場では
このパンフレット、
ほとんど読まれていないという驚愕の
事実。

「セ・ショボ〜ン」

代々木スーパーベイビーズの諸君。

みんなで声をかけあってくれ!

「あの〜、予習しましたか?」って。

頼んだぞ。

んじゃ、明日。

DWL2015イヤーでは、始球式もしました。

その時の様子は

ドリブログ2015.03.28
 北海道ワンダーベイビーズは、
       喜んでくれたかなぁ。

を、読んでね。

「北海道日本ハムファイターズ」

優勝おめでとうございます!

北海道ベイビーズにとっては
ウルトラ・スパーでスペシャルな日と
なったはず。

あの時、
一瞬同じ場所に立たせて頂いた
大谷翔平選手の完封勝利。

最大11.5ゲームの差からの大逆転。

「すごい!」

こんなエキサイティングな出来事が
ますます
プロ野球界全体を盛り上げるはず。

音楽業界も頑張らなくてわ。

私だけのドリカム」も
頑張らなくてわ。

俺も今週末代々木で

ますますエキサイティングになるぞ。

大逆転で「ワルクマ」に勝利だ。

サイズ的にはキッズかなぁ。

「ワルクマキティフードタオル」

ヤローにはちょっと小さい。

で、俺が装着して写真撮っても
イメージアップにも
宣伝にもならない。

あたりまえだ!

HELLO KITTYちゃんとの
コラボだぞ。

甥っ子や姪っ子のプレゼントに
いいんジャマイカ。

お孫さんでもいいし、

小学校低学年や、
幼稚園&保育園の年少、年中、年長さん
にもいいかも。

特に後ろ姿がカワイイから、
DCTSTOREの特設ページのイラストも
参考にしてね。
http://store.dctgarden.com/urawan2016_goods

初めてのスマホケース使ってみた。

「かさばる」感じがイイ感じ。

俺みたいに
しょっちゅうスマホ探すのに
大騒ぎしてるような人間には
このぐらい「かさばった」方が
いいかも。

とくに
バッグの中に手を突っ込んで
ゴソゴソ探すシチュエーションが
多いじゃない?

俺の場合。

ワルクマの出っ張った耳が
おおいに助けになる。

ドリクマのストラップ
引っ張ってもいいし。

うん。

で、

画像の俺の目が死んでる。

今日になって「大阪秋の陣」の
疲れがドットコム。

それは、愛の鞭であった。

大阪初日&二日目スーパーベイビーズ。

敵は味方にあり」なんて言って
ゴメンネ。

「あんたたち」の厳しさは、
ワルクマを打倒すべく
レジスタンスとなった「ATTACK U」
すなわち、
中村のMCのスキルを上げるための
「愛の鞭」であった。

もちろん
グレイゾーンベイビーズが、
初めて経験する「中村のキャラ」に
戸惑っていたことは充分感じていた。

しかし、
大阪ベテランベイビーズの
絶妙なタイミングの声援、
盛大な拍手、
手が痛くなるんじゃないかと思うほどの
手拍子、
イントロが鳴る度に波のようにうねる
リアクション、
そして例の「マル秘上下運動」が、
どれだけ中村の至らなさをカバーしてく
れたことか。

今回も「あんたたち」のおかげで
終始グルーヴするライヴとなりました。

ありがとう!

ワルクマが最後の悪あがきで
撤収中のスタッフに
激しい雨をもたらしたのは許せん。

おかげで撤収作業中止を余儀なくされ
終了したのは朝方。

次の決戦は「東京・代々木」

ワルクマがどんな作戦で我々を阻止しよ
うとするやら。

油断大敵雨あられちゃん、んちゃ。

敵は味方にあり。

お殿様口調で言うと、

「大阪ベイビーズは、
   なかなかのクセモノよの〜う」

ワルクマと対決することに集中していた
ATTACK Uの前に立ちはだかったのは、
味方だと思い込んでいた
大阪初日ベイビーズであった。

中村のMCひとつひとつに、
厳しいチェックとツッコミが入る。

3時間近く、
ベースを弾いている以外は針のむしろ。

そう、
大阪は、中村にとってはMC道場であり、
試練の場なのである。

「虎の穴」ならぬ「クマの穴」

そんなわけで、
2日目の今日は、
演奏中心でいかせて頂きます。

「大阪秋の陣」二日目。

「ワルク丸」を攻め落とすために
まずは「中村丸」の守りを固める
ATTACK Uなのであります。

んじゃ、

のちほ!!!

写真は、大阪担当のイベンター
夢番地さんからのプレゼント。

すんごいでっかいんだよ。

ありがとうございました。

吉田美和の大阪の恋人。

まさに「大阪LOVER

俺にとっては、
1970年大阪万博からずっと愛し続けてき
た「神様」のような偉大な存在。

岡本太郎作「太陽の塔」

通常、この位置からは写真を撮るのは
不可能なのだけれど、
「中之島にぎわいの森プロジェクト」で
コラボした大阪府の岡本さんと、
万国博記念公園事務所の皆様の許可を頂いて大接近。

しかも、

大接近どころではなく、

「神様」の内部まで見学させて頂いた。

中村にとっては46年振りの再会

冗談抜きのタイムトラベル。

前にも言ったけど、
小学生の頃、大阪万博と怪獣とサンダー
バードでできていた中村にとって、
こんな日が訪れるとは想像もしていなか
った。

吉田さんも大興奮!!!

太陽の塔に入った吉田さんを見て、
「巨大パワースポットと
人間パワースポットが合体した!!」
なんて、関係者一同も大興奮。

実際、もの凄いエネルギーを受け取った
のである。

これで、今日から2日間繰り広げられる
「大阪秋の陣」の大勝利は間違いなし。

ワルクマをこてんぱんにして
必ずや「ウタウタの力」を取り戻してみ
せる。

それにしても、

吉田さん、「大阪LOVER」を書いてく
れてありがとう!

全てはそこから始まったのだから。

「♪万博公園の太陽の塔
       ひさびさ見たいな〜♪」

誰に頼まれたわけじゃないけど。

ドリクマ・フェイスパックも
つけてみた。

これ、今、絶賛公演中の

かんぽ生命 presents 
 裏ドリワンダーランド2016

のツアーグッズ。

で、結論。

これ、ひとりでやってひとりで笑うのも
いいけど、やっぱり、友達や家族と一緒
にやったほうが面白いね。

なんだか呼吸がしづらいと思ったら、
口の部分を切り抜くのを忘れてた。

でも、口の部分がなくなったら
「加トちゃん」みたいになっちゃうよね
ぇ。

「加トちゃん」といえば、
吉田さんにもやってもらいたいけど、
絶対画像としては残さないだろうなぁ。

実際、「中村正人」で検索して
この画像が「中村正人画像」の一覧で
でてくるのにはちょっと抵抗あるけど
ね。

ま、
マサブログ 2016.09.15
ワルクマ・フェイスパック、
           つけてみた。

もUPしちゃったし、

いいかっ!

そんな中村だけど、
今日はめったにできない体験ができるの
で、わくわくであります。

報告は、ここ、マサブログで。

明日は、
いよいよワルクマ・パワー炸裂の
「大阪秋の陣」

『真田丸』ならぬ『ワルク丸』

大阪ベイビーズの厳しい突っ込みに
中村のMC、どこまで耐えられるか?

いざ、出陣!!!

「スバル NEW インプレッサ!!!」

のCM楽曲に、

DREAMS COME TRUE
       「LOVE LOVE LOVE」

が起用されました!

「愛でつくるクルマが、ある。」

というテーマが、また、ジンとくる。

1992年にスタートした
インプレッサ・シリーズ。

モータースポーツ界でも名車のひとつと
して君臨し、
「世界ラリー選手権」や「スーパー耐久」
などでもその名を轟かせてきたのだ。

そのインプレッサが
フルモデルチェンジということで、
ドリカムの「LOVE LOVE LOVE」
がお伴致します。

CM映像も、ステキです。

【新型インプレッサ TVCM 
       「愛でつくるクルマ」篇】
https://youtu.be/EAx2q8-ZAdM

【新型インプレッサ 
         オフィシャルサイト】
http://www.subaru.jp/impreza/

「すべての人に愛されるグローバルクオ
リティを」というNEWインプレッサ。

ドリカムも「表」も「裏」も愛されるよ
うに、

キッズ・ベイビーズからベテラン・ベイ
ビーズ、そして、グレーゾーン・ベイビ
ーズ(いずれも「吉田美和の」という前
置きあり)に愛されるように、

この週末の大阪2デイズでも、
びしっ!と頑張りますのです。

もうカバーなんて言う必要もありません。

未来予想図II」という楽曲が
この世に生まれて30年以上経つ。

吉田美和が作詩・作曲の楽曲を、
中村正人がアレンジして
吉田美和自身が歌唱して録音し、
CDというカタチで最初に発表したのが
ドリカム。

明日CDリリースの
MACO、NEWアルバム
『love letter』を、
iTunes Store限定配信する上で、
「未来予想図Ⅱ」を選び、
歌って下さったのがMACOさん。

中村が作ったイントロも
尊重して頂きました。

「未来予想図II」は、
とっくにドリカムの手を離れ
いち楽曲として歩んでいる。

だからもはや「カバーした」なんていう
表現も必要ありません。

逆に、MACOさんが、
『私だけのドリカム
       THE LIVE in 万博公園』
をきっかけに、
この楽曲を歌唱して下さり、
レコーディングして発表して下さった
ことに、とても感謝しているのです。

(ひとつの楽曲をレコーディングし
 リリースすることの大変さは 
 みなさんご存知のはず)

ドリカムという名前は、
いつかは忘れられるでしょう。

でも、我々が発表した楽曲が残り、
これから先、
だれかに口ずさんでもらえるなら、
音楽家としてはとても幸せなこと。

MACOさんのおかげで、その可能性が
また広がりました。

ありがとう。

MACOさんの、真っ直ぐでせつない歌声
、是非このアルバムで触れてみて下さい。

中村はそのなかでも
「恋人同士」がおすすめ。

PAGETOP