北海道・札幌の夜は熱かった。

blog190729_1

まずは

ドスコ@ Zepp Sapporo」

with スペゲス

DJ 龍太 &DJ Nyehya & DJ michito

翌日は

クタクタになるまで通しリハ

その翌日は

吉田美和

涙涙のコニシキ公演

その夜は

リブートディスコ突撃乱入26時。

札幌ベイビーズ

ありがとね!!!

俺は

おまえたちを

心の奥底のコアの中心から

愛してるぜ!と叫ぶ。

いつもは見えない俺たちの絆が

はっきりこの目で確認できた

そんな奇跡の連続だった。

またね。

#ドリカムワンダーランド2019
#ニーヒャおっつ

札幌ドームに設置完了!

blog190727_1

音楽の移動遊園地

吉田さんの故郷

北海道にやってきた。

30周年だからこそ

聴いてほしい曲を

厳選。

30年近く

ライヴでやったことのない曲も

飛び出す

玉手箱みたいな楽しみも。

吉田さんの音楽を

育んだ大地で

キャストの愛全開で

お贈りします。

俺は

ドスコ IN 札幌で

ウォームアップ済み。

んじゃ、

会場で待ってるね。

#ドリカムワンダーランド2019
#故郷に錦公演
#ただいま

蜂に刺された。

blog190722_1

60年間で初めて。

「美和」で「38」で

「みつばち」なんてのは

ドリカムとの縁を感じるけど

「MST」の新作カタログのために

沖縄のお家で撮影してたら

俺とカメラマンさんと

編集者さんが刺された。

あれは

アシナガバチか

スズメバチか。

目に向かって

巨大なハチが突進してきた。

頭半分持ってかれるような

激痛だったので

大騒ぎで病院に行った。

「血清だ!呼吸は?気分は?

意識はあるか?!」

なんて。

で、診断は、

「虫刺されとしか言いようがない」

と申し訳なさそうな先生。

虫刺されの飲み薬と塗り薬を

処方されてちゃんちゃん。

もちろん撮影は続行。

刺されたのは

おでこの硬いところだったので

期待を裏切るほど

腫れもせず。

虫は虫でも

弱虫全開で情けなくなった。

とほほほほ。

#ビビリ正人
#いつも俺を刺してる
#みつばちガールズ
#シェリー
#ガウ

疲れが出るのに3日。

blog190718_1

かかる。

人類として

俺ぐらいの歳になると

疲れはすぐに表れないのだ。
(もちろん個人差あり)

大抵本番の3日後に

クタクタ状態になる。

だからそれまでは

全開で仕事を続行。

今は沖縄に

大量の譜面とともに

移動中。

台風による天候の回復待ちで

空の上待機。

これからは

例えば俺みたいに

我慢だけが取り柄だったり

運動神経まるでダメだったり

不器用だったり

要領悪かったり

お金に関係なく

働くこと自体が好きだったり
(もちろん労働基準法厳守)

するタイプの人間が

アピールしずらかったり

評価されにくい世の中になる。

しかも

信頼/信用できる仲間は

経歴書では分からない。

何十年も付き合って

山あり谷ありの末

裏切ったり裏切られたりの末

判断が下される。

そんな狭き門を通り抜けた仲間たちの

仕事を創出したい。

それには何十年もかかるけど

その間に

何十年もかけて信頼できる仲間も

できるだろう。

もちろん

10代20代30代40代50代で

俺の夢に共鳴してくれる

クレバーな諸君がいたら

大歓迎。

知恵を拝借したい。

どんな仕事でも

年老いて潰しが利かない

職種の人たちが

そんな高所得じゃないが
(もちろん最低賃金確保)

生活の足しになる収入を得られる

雇用の種を蒔いている。

しかも若い世代の諸君とともに

日々汗することが大事。

サカナクションの山口くんも

言ってるけど

音楽で大儲けするなんて

時代じゃない。

だから音楽を続けるためにも

いっぱい仕事をして

音楽する原資を

稼ぎ出すのだ。

#クタクタとはこんな感じの画像

撤収に時間がかかるのも。

blog190717_1

最初の移動遊園地にはつきもの。

だって、

約40台のトレーラーと

約30台の11tトラックに

「あれ」丸ごと

積まなければならないんだから。

当然、

撤収作業にリハーサルなどない。

我らがドリ・スタッフと

多くの熟練職人さんの

腕の見せ所。

そんなわけで

御礼が遅くなりました。

さいたまスーパー

ワンダーベイビーズの皆様。

ご来場

誠にありがとうございました。

皆様の声援を胸に、

史上最強の移動遊園地

全国への「移動」

開始いたします。

#ドリカムワンダーランド2019
#1回目のさいたま終了
#本日の推し
#CDシングル
#SPOIL_!
#シングルというには
#ゴージャス杉
#収録曲ヤバ杉

30周年に。

blog190715

ドリカムワンダーランド

という

奇跡のめぐり合わせ。

「だからこそ」

吉田さんと俺が

今「だからこそ」

ベテラン、グレー、初心者、にわか

分け隔てなく

全ワンダーベイビーズに

聴いてもらいたい曲を

選びに選び抜いたセトリだ。

しかも

ソニーやグレッグをはじめとする

スーパー・ミュージシャン達によって

その楽曲の本質を伝えることが

可能となったのだ。

それは、

当時の俺たちの状況では

叶えられなかった夢でもある。

30年の悲願と言ってもいい。

アルバムでは実現しなかった

「真」の

DREAMS COME TRUEの音楽を

お届けしよう。

さあ、

ワンダーランド

既成概念を捨て去り

俺たちの音楽に

身を委ねてくれたまえ。

とはいえ

あなたの期待する気持ちが

わからない俺たちとでも

思うのかい?

#ドリカムワンダーランド2019
#2日目
#本日の推し
#公式パンフレット
#パンフレットというには
#ハードカバーで内容小杉
#デジタルでは得られない
#満足感

30周年と4年に一度が。

blog190714_1

交わる

「天空を映す大宮殿」に

DREAMS COME TRUEの

移動遊園地がやってくる。

それが

最強か

最弱かは

世界中から訪れる

ワンダーベイビーズの心に

委ねるとしよう。

音楽の神様に遣わされた

十二音使徒が

もうすでに

さいたまスーパーアリーナ

はしゃいでいるのを

あなたは

気付いただろうか。

#ドリカムワンダーランド2019
#開幕
#本日の推し
#SWITCH_NO.8

史上最強の移動遊園地。

blog190713_1

明日開幕!!!

企画/構想に4年を費やし

リハーサルだけでも

何ヶ月もかけて

初日を迎えようとしている。

あれだけ細部にまでこだわって

あらゆる新しいアイデアを注入し

不可能を可能にして

世界で誰も見たことのない

エンタテイメントを

造ってきたはずだった。

ところが今回

ワンダーランド会場としては

一番小さな

さいたまスーパーアリーナ

全てを設置して驚いた。

『ありゃ?』

何から何まで

なんてことはない

シンプルなステージ

そしてLIVE演出だった。

実は

それはずっと前から

吉田さんが言っていたことだ。

「まさくん、結局は

血湧き肉躍るLIVEを

やるだけだよ」と。

30周年DWL2019が重なる

奇跡の年に

音楽の神様が

俺たちに与えたミッションは

ただただ

「ハダカのチーム・ドリカムの

血湧き肉躍るLIVE」を

みんなに見てもらい

幸せな時間を共有すること

だったんだ。

一席一席、

同じ景色はない。

あなただけのワンダーランドを

存分に楽しんでほしい。

この時代

これからどんどん起きる

ネタバレを恐れるな。

がっかりするな。

実際は

それ以上でもあるし

それ以下でもある。

あなた自身がDWLを体験するまで

ゆっくり待っていてほしい。

結末がわかっていても

面白い映画は面白い。

でも

あなたのその気持ちは

痛いほどわかるよ。

#KEITA_MARUYAMA先生の
#プレゼント
#楽屋のれん

吉田さんほんと頑張ってる。

blog190712_1

それは

仕事だから

勉強だから

生きることだから

頑張るのは当たり前でしょ!

と、

言われそうだけど

そう言いたくなる時って

あるジャマイカ。

まさに今が

その時。

毎日

長時間のリハーサルの後

ぼろぼろになった

吉田さんの後ろ姿を見るたび

「今日もよく頑張りました」

と言いたくなる。

で、

ふとあたりを見回すと

そこには何百人もの

ぼろぼろになった

スタッフや

キャストの姿が。

みんな

今日もいっぱい

頑張ったね。

#ドリカムワンダーランド2019
#あと2日で降臨

「撮ろう!撮ろう!」

blog190711_1

と、

吉田さん。

リハーサルのために

会場入りしたら

二人とも偶然同じ時計をしていた。

実は

こういうこと

30年の間によくある。

同じ色系のコーデだったり

同じTシャツ着てたり。

長い時間

行動を共にすると

起こる

シンクロニシティー。

史上最強の移動遊園地

さいたまスーパーアリーナ

舞い降りるまで

あと3日。

#正式省略形は
#DWL2019
#DLWでも
#WLDでも
#WDLでも
#LDWでも
#LWDでもない
#ややこしい

PAGETOP