スケルトン風味ダース・ベイダーじゃない。

blog210829_1

今日は朝から

『 次のせ~の!で
– ON THE GREEN HILL –
MASADO & MIWASCO VERSION 』

のミュージック・ヴィデオ撮影。

MASADOとMIWASCOは、

「現場来ないでいいっすよぉ〜」

なんて感じだったのだが、
監督の「ガッキー」が
二人だけだと心配だと言うもんで
立ち会ってきた。

スタジオもスタッフも
感染予防万全で臨むハードな作業。

でもでも
俺の心配もどこ吹く風。

超奇跡超極秘「スペシャルゲスト」
と共に順調に撮影は進行。

MASADOとMIWASCO
経験を積んでプロらしくなってきた。

結果このミュージック・ヴィデオ、
世界中でバズりまくること間違いなしの
すんごい作品になること完全保証。

DCT VERSIONミュージック・ヴィデオ
も制作中だから
どっちが回転数を伸ばすか
興味伸身宙返り。

もちろんマサマニアは
両方とも分け隔てなく
4億回ずつ見てくれるよねっちゅ。

公開日は未定。
決まったらツイートするね。
お楽しみに!!!

明日は月曜日。

コロナ対策をしっかりして
楽しい一週間を始めよう。

児童/学生諸君、
夏休みの宿題はどう題?

#ドリカム
#MASADO #MIWASCO
#次のせーので
#ON_THE_GREEN_HILL

拍手をいただければ。

blog210823_1

それで充分幸せMAX。

もちろんあなたが
拍手をしたいとおもうような
パフォーマンスだった場合。

今回の

DREAMS COME TRUE
ACOUSTIC風味LIVE
総仕上げの夕べ 2021/2022
~仕上がりがよろしいようで~

なんだけど、

コロナで声援がご法度というので
そのかわり
いろいろ俺たちを盛り上げようと
考えてくれるベイビーズもいるという。

お客様ひとりひとり
いろんな考え方があるので
俺たちを思う気持ちはありがたいが
やはり拍手をいただけるのが
会場にいる全ての人類にとって
ピースフルだよね。

ツアー完走したいので
ご理解お願いしますのだ。

「俺が、私が、
誰よりもドリカムのファン
なんですぅ!!!」

と、
まさに俺みたいに
アピールしたい気持ち堪えて
ライヴ楽しんでくれ。

#ドリカム #中村正人 #吉田美和

世界のトップデザイナーが担当する。

blog210819_1

ドリカムのLIVE衣装。

今回のツアー担当は
「ウラワン2016」でも大絶賛、

『yoshiokubo』だ!
https://yoshiokubo.jp

フィッティングがあったけど
もうバッチリで気分もりあがりMAX。

めっちゃ凝ったデザインなのに
めっちゃ着心地よくて
俺のセクシーベースが
ますますエロエロだぞ。

デザイナー 久保嘉男さんと
ディレクター 内田志乃婦さんと俺と
スリーショットでパチリ。

左から
パリ旅行中の浅草の大将と
沖縄好きの釣り船船長と
インドネシアのお姫様みたいでしょ。

お二人のコンビネーションが絶妙で
まるでドリカムのよう。

きついツッコミをしながらも
即自ら拾い回る久保さんと
全然動じないマイペースの志乃婦さんの
コンビネーションがステキ。

音も衣装もおたのしみに!

#yoshiokubo
#ドリカム
#中村正人
#吉田美和

お茶畑オンラインフェスの。

blog210813_1

ドリカムパートのMIX終了!

吉田さん、
気絶するぐらいの炎天下で
最高のパフォーマンス。

歌上手いアーティストさんは
ほんとたくさんいらっしゃるけれど、
総合力ではやっぱり
吉田さんがすごいと思う。

表現力というか
訴求力というか存在感というか
なんちゅうか本中華。

引き気味に見ててもずば抜けてる。

ドリアプリで
伊藤園の柳井さんも言ってるけど
「日本全国が震え上がる」ほどの
パフォーマーだ。

伊藤園「茶畑オンラインフェス」
お楽しみに。

大雨災害、
広島エリアはもちろん
日本全国最高注意してね。

#DREAMS_COME_TRUE
#おーいお茶
#次のせーので
#ON_THE_GREEN_HILL

オリンピアンへの誹謗中傷が。

blog210801_1

大問題になってる。

こんな俺でさえ
ちょいちょい対象になるのだから
大問題だ。

これ、
人間の「性=さが」だという人もいる。

いわゆる
人間だれもが持っている
ダークサイドだ。

本来ならその時々の常識やマナー、
何より
人に対する思いやりによって
抑えられたり隠されたり、
心の奥にしまわれたり。

それこそがその人の品格でもある。

なのに無記名のSNSで
簡単に表面化し攻撃対象に届く。

コロナでさらに悪化。

じゃあ
SNSを辞めればいいみなければいいと
いう意見もあるが、
もはやSNSは多くの人間にとって
それ以上の存在になったようだ。

こんな状況をひとりで抱えるのは
とても大変で苦しい。

この大問題に向き合うために
吉田美和が書いた詩が助けとなる。
https://www.uta-net.com/song/287348/

この詩が、
コロナやオリンピック以前に
書かれた事実に驚愕する。

DREAMS COME TRUE
「YES AND NO 」

今日から8月。

俺も何かひとつでもいいから
変えていこうと思う。

#ドリカム
#中村正人 #吉田美和
#YES_AND_NO

PAGETOP