“あっちのドリカム” ヴァーチャルドリカム 初の大型タイアップ決定!!!

2021 年度 東京シティ競馬(TCK)イメージソング にDREAMS COME TRUE
「決戦は金曜日-DOSCO prime Version-」が決定しました!

『俳優の菜々緒、志尊淳がイメージキャラクターをつとめる2021年度
「TOKYO CITY KEIBA」のイメージソングにあっちのドリカムこと、
ヴァーチャルドリカムの「決戦は⾦曜⽇ – DOSCO prime Version -」が決定した。

「決戦は⾦曜⽇ – DOSCO prime Version -」は、昨年10⽉にリリースされた
アルバム『DOSCO prime』の収録曲。
1992年の名曲「決戦は⾦曜⽇」が現代的なダンストラックに昇華したナンバーだ。
アルバム『DOSCO prime』の制作はもともと、2019 年の30 周年の⼀環として⾏われた
『ドリカムディスコ』(通称“DOSCO ”)をきっかけにスタートした。
“ドリカムで遊べ︕ドリカムで踊れ︕”をコンセプトにした「DOSCO」は、
ディスコのような空間のなかで、ドリカムの名曲で踊りまくるイベント。
その集⼤成として予定されていたアリーナツアー「DREAMS COME TRUEWINTER FANTASIA 2020
– DOSCO PRIME -」は新型コロナウィルスの影響により中⽌になったが、その代わりとして
初のオンラインイベント『DREAMS COME TRUE WINTER FANTASIA 2020
– DOSCO prime ニコ⽣ PARTY !!! -』を開催。
このイベントに合わせてアルバム『DOSCO prime』もリリースされた。

「うれしい!たのしい!⼤好き!」「⼤阪LOVER」「何度でも」「やさしいキスをして」など、
ドリカムのキャリアを象徴するヒット曲、代表曲を中村正⼈、吉⽥美和⾃らが⾃らの曲を解体し
再構築するというコンヴァージョン的⼿法で作りあげたアルバムだ。
原曲に込められたルーツ⾳楽(ソウル、ファンク、ディスコなど)のエッセンスを抽出し、
ディスコ仕様に変換した『DOSCO prime』は、“ダンスミュージックとしてのドリカムの魅⼒”を
前⾯に押し出した作品と⾔えるだろう。
オンラインイベント内のコンテンツとして初披露された“あっちのドリカム”
(中村正⼈と吉⽥美和のアバター、「MASADO(マサド)」「MIWASCO(ミワスコ)」)も
注⽬を集めた。
ヴァーチャルドリカムとして登場した“あっちのドリカム”は『DOSCO prime』の楽曲を
デジタル空間ならではのパフォーマンスで披露。
このアルバムが“あっちのドリカム”のデビュー作であることを印象付けた。

さらに2021 年1 ⽉31 ⽇にヴァーチャルタレント/シンガーの⾳楽フェス
『VTuber Fes Japan 2021』に出演。
『うれしい!たのしい!⼤好き!- DOSCO prime Version -』
「未来予想図Ⅱ – DOSCO prime Version -」を披露し、
ネットミュージックのユーザーから強い⽀持を獲得した。

また3 ⽉24 ⽇放送の⽇本テレビ「Premium Music 2021」にて、
「決戦は⾦曜⽇ -DOSCO prime Version -」が地上波初披露され、活動の幅は広がり続けている。
2021 年度「TOKYO CITY KEIBA」のイメージソングに起⽤された
「決戦は⾦曜⽇ – DOSCO prime Version -」は、いわば“あっちのドリカム”の初タイアップ。
このタイアップに合わせて、「決戦は⾦曜⽇ – DOSCO prime Version -」のフルヴァージョンが
アルバム「DOSCO prime」からYouTube にて先⾏配信されることも発表され、
この楽曲への注⽬度はさらに上がりそうだ。
コロナ禍によって甚⼤な影響を受けている現状においても、
新たなスタイルを追求し続けるDREAMS COME TRUE。
⼆⼈が⽣み出すエンターテインメントは今後、さらに存在感を強めることになるだろう。』

TEXT: 森 朋之

▼ 2021年度TCK特設サイト
https://www.tokyocitykeiba.com/special_page/tck_character2021/gallery/

スクリーンショット 2021-03-23 13.03.11

PAGETOP