ドリカム新曲

次のせ~の!で - ON THE GREEN HILL - DCT VERSION

DREAMS COME TRUE 次のせ~の!で - ON THE GREEN HILL - DCT VERSION
配信限定ジャケット
ドリカムのこれまでの歩み、そしてこれからの一歩を感じられる新曲は、「お〜いお茶」×「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」×「DREAMS COME TRUE」という世界で唯一の公式から導き出した、ドリカム流ポップソング!
歌詩

DREAMS COME TRUE 次のせ~の!で - ON THE GREEN HILL - DCT VERSION 歌詩 DREAMS COME TRUE 次のせ~の!で - ON THE GREEN HILL - DCT VERSION 歌詩

収録曲

DREAMS COME TRUE 次のせ~の!で - ON THE GREEN HILL - DCT VERSION 仕様 DREAMS COME TRUE 次のせ~の!で - ON THE GREEN HILL - DCT VERSION 仕様

購入者特典

購入者特典

DCTgarden SHOPPING MALL、UNIVERSAL MUSIC STOREにてご購入の方
特典:特製クリアファイル(A5サイズ)

Amazonにてご購入の方
特典:メガジャケ

※どちらも数に限りがありますので、お早めにご予約ください。
※ご予約は7月19日(月)正午より開始となります。

¥1,100(税込) UMCK-5704

ライナーノーツ

ドリカムのこれまでの歩み、そしてこれからの一歩を感じられる新曲は、「お〜いお茶」×「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」×「DREAMS COME TRUE」という世界で唯一の公式から導き出した、ドリカム流ポップソング!

 語りたいことが渋滞して困っている。まるで、かき集めたレコードを床の上に広げて、さてどれから聴こうかとうれしい悲鳴を上げる至福の瞬間みたいだ。
 7月7日(水)0時から配信されるDREAMS COME TRUEの新曲「次のせ〜の!で -ON THE GREEN HILL - DCT VERSION」を聴いた。このタイトルの中に、はち切れんばかりの情報が詰まっているわけだが、まずはこの曲が、伊藤園「お〜いお茶タイアップソング」として、すでにテレビやネットなどメディアを通じて流れているという事実がある。ドリカムの2人も登場するWEB CMを見た人も多いのではないだろうか。歌詩の中に出てくる、“ミドリの丘”を舞台に感じる自然の息吹は、広大な茶畑を連想させるし、タイトルの「せ〜の」の「〜」の表記は、もちろん「お〜いお茶」の「〜」を意識した彼らならではの遊び心だ。
 ただし、歌詩の内容は、雄大な自然を感じられるだけのものではない。そこには、コロナ禍における日常を歩んできた人々の背中をそっと押してくれるやさしい手触りがある。「何度でも」と同じベクトルのメッセージが、時代の空気をまとってアップデートされているかのようだ。
 さて。タイトルの中で気になるワードがないだろうか。“ON THE GREEN HILL”。もちろん、茶畑のことと解釈しても間違いではない。しかし――往年のゲームファン、あるいは映画通であればお気づきかもしれない。この“GREEN HILL”はある別の曲名の一部なのだ。
 今を遡ること30年前、セガのメガドライブ版ゲームソフト『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のために書き下ろされたひとつが「Green Hill Zone」という曲。実はソニック、日本よりもアメリカやイギリスで熱烈に受け入れられ、ゲームキャラクターとして今もなお根強い人気を誇っている。昨年公開された映画『ソニック・ザ・ムービー』が話題となったのも記憶に新しい(続編の公開が2022年4月に予定されている)。ゲームの面白さやキャラクターのユニークさとともに、起伏に富んだメロディラインを持つソニックの音楽は、ゲームに夢中になった人なら誰でも口をついてメロディーが出てくるほどの鮮烈な印象を残しており、今も広く愛されている。その曲を作ったコンポーザーこそが、“MASATO NAKAMURA”、つまり中村正人なのだ。
 今回のシングルは、この「Green Hill Zone」をベースにまったく新しい曲として命を吹き込んだものとなっている。その手法はもとより、彼らがここに至るまでの道程を考えると、このタイミングでこれができたことが奇跡のように思えてくるのだ。
 ストリングスやホーンを使った壮大なイントロから、実は“ソニック感”が溢れている。そのまま流れ込むメロディーラインはまさに「Green Hill Zone」そのもの。そこにサビのメロディーを新たに加えている。ゲームミュージックを彷彿とさせるシンセの響きや2コーラス目から入る4つ打ちのキック、それとストリングスやホーンが共存するアレンジは、まさにドリカムが歩んできた30年以上の経験が凝縮されたものだ。特に驚かされたのが、曲全体のBPMに比べて、ゆったりとメロディーが流れていくところだ。良い意味でのギャップがそこに発生していて、昨今のボカロ的な曲の流れを汲んだものとは一線を画している。ゲーム音楽を源流にもつこの曲の発展の仕方を考えれば、むしろトレンドに乗った普通に全体が“速い曲”であっても何ら不思議ではないはずなのだが、そうしないというところにドリカムの意地とオリジナリティーを強烈に感じる。そして、そのような大胆な一手を打てる最大の武器が吉田美和の歌詩と歌唱にあることを、中村正人は知り尽くしているのだ。だからこれは、「Green Hill Zone」というゲーム音楽から発展したという曲の成り立ちにおいても、DREAMS COME TRUEが歩んできた道程においても、彼らにしかできないポップスなのだ。サブスク的な“点”での聴き方はもちろん、ドリカムという“線”で聴いた時に感じられるよろこびと発見があるというところも強調しておきたい。
 加えて言うならば、昨年10月にリリースした『DOSCO prime』を作り上げたことが今回のシングルに生きている。ドリカムの超ヒット曲の数々を自らダンスチューンにコンヴァージョンした『DOSCO prime』での経験は、おそらく自分たちの楽曲のコアを改めて認識する作業だったに違いない。だからこそ今回、「Green Hill Zone」をベースにドリカムのポップスを作るという離れ業が可能になったのだ。
 JAPANESE GREEN TEAとして世界で親しまれている緑茶「お〜いお茶」と、世界的な認知度を誇るソニック・ザ・ヘッジホッグの代表的楽曲「Green Hill Zone」、それらを掛け算してDREAMS COME TRUEオリジナルのポップソングを作る。こんな公式を成立させられるのは彼らしかいない。
昨年、『DOSCO prime』リリース時のインタビューで中村正人がこんな趣旨のことを言っていたのが印象的だった。
「“あっち”と“こっち”を行き来しながらクリエイティヴをしていくのが楽しみですね」
“あっち”とは、ドリカム本体のことで、“こっち”とはMASADO & MIWASCOのヴァーチャル・ドリカムを指す。
その言葉通り、今回のシングルには「MASADO & MIWASCO VERSION」が収録されている。
オリジナルと聴き比べてパッと思うのは、後者の方がよりゲーム・ミュージックとの親和性が感じられるという点だ。
例えば、ゲームの中でコインを連続でゲットするシーンや、ソニックがバックスピンするときのサウンドを彷彿とさせる
音の使い方にハッとさせられる。ただし、ここからがクリエイティヴの真骨頂だと深く納得するのは、そうしたゲーム中のサウンドを単純にサンプリング&コラージュしなかったという点だ。あくまでダンスミュージックとしてどう音楽を構築するか、そこを突き詰めているのが「MASADO & MIWASCO VERSION」なのだ。
だからオリジナルと比べてキックひとつ取っても音色は異なるし、BPMも違ってくる。さらに言えば、ダンスミュージック的グルーヴを抽出しながら全体をよりフラットに整えるというアレンジの妙は、逆説的だがゲーム音をサンプリングしなかったからこそ可能だったのではないかと思う。
ソニックというネタもととオリジナル楽曲という本流がありながら、さらにまったく新しい別の流れをつくりだすというクリエイティヴの多面性と深度に驚かされるばかりだ。
DREAMS COME TRUEは、中村正人と吉田美和のバンドだ、というのは誰もが知っている事実だ。
しかしそれと同時に、音楽を中心としたあらゆる表現領域を含む地図のようにも思えてくる。
例えば『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』がゲームだけを指すのではなく、映画やアニメも同時に含んでいるように。
DREAMS COME TRUEという広大な世界を旅しているふたりのアドベンチャーから当分目が離せない。

Text●谷岡正浩

DREAMS COME TRUE’s new song takes off from their deep and solid body of work to leap into an exciting future direction. Tsugi no Se~no De! ON THE GREEN HILL-DCT VERSION riffs off the building blocks of Oi Ocha × Sonic the Hedgehog × DREAMS COME TRUE style for their take on a pure pop song!

I’m in big trouble! There’s so many things I want to say about this new song that there’s a traffic jam inside my head. What do I say first? It’s like that blissful moment when you spread your record collection on the floor with anticipatory joy to choose what to listen to first.

Tsugi no Se~no De! ON THE GREEN HILL-DCT VERSION was released at midnight on Wednesday, July 7th. Listening to it was a revelation. There is so much to unpack in the title alone. Many people were already aware of the song as it is the soundtrack to Ito-en’s Oi Ocha tie-up song for their ad campaign on television and internet media. The web commercial features appearances by DCT in a collaborative partnership.The vision of verdant nature in the song brings to the mind’s eye the rolling hills of a vast tea plantation. The tilde notation ( ~ ) within the Se~no part of the title is a playful reference by DCT to the tilde in ITO EN’s best selling tea brand,
Oi Ocha.

The lyrics of the song are not just a paean to the magnificence of Nature. It’s a quiet message of support, a gentle pat of comfort and encouragement on the backs of everyone navigating their daily lives during the pandemic. It’s a message that falls into the same Venn vector of their hit, NANDODEMO, updated to fit the current zeitgeist. Didn’t part of the title catch your attention? ON THE GREEN HILL can be a natural reference to the green hues of a tea plantation, but the GREEN HILL is part of another song title.

Thirty years ago, a song titled Green Hill Zone was written for Sega’s Mega Drive game software Sonic the Hedgehog. To tell the truth, Sonic is more popular in America and the UK than in Japan, and the character remains
popular still. In recent memory, Sonic The Movie was hot news when it was released last year (the sequel is due to be released in April 2022.) Along with the fun of the game itself, and the uniqueness of the characters, the song’s undulating melody leaves a distinct impression, so much so that every fan of the game can sing it. The song is a classic that is widely loved. And the composer who created the song is MASATO NAKAMURA, that is, DREAMS COME TRUE’s maestro, Masato Nakamura.

This single uses Green Hill Zone as a base, and reincarnates it into a completely new song. Taking into consideration the creative process and style involved, the song is a miracle of synchronicity and timing.
The song overflows with Sonic-ness (if I may say so) resulting from the magnificent strings and horns intro. The melody line flows exactly as in Green Hill Zone, though a new chorus melody is added. The synthesizer sound recalling game music, the four-on-the-floor kick that comes in from the second chorus, and the combination strings and horns arrangement is an assured and condensed presentation resulting from over 30 years of DREAMS COME TRUE’s creative experience. What is surprising to me was the languid pace of the sung melody compared to the BPM throughout the song. There is a gap, in a very good sense, between the melody and the beat, which sets the song apart from the standard flow of current Vocaloid songs.

Considering how most songs derived from game music is developed, it would be no surprise that a song of this type would be a “fast” one, that is, incorporating the feeling of speed. It is not the intent of DREAMS COME TRUE to do so. I feel the intensity of originality. Masato Nakamura knows that Miwa Yoshida’s poetry and voice are the greatest weapons in such a bold move.

No matter how you come to listen, whether via the “points” of a subscription service or the “lines” of following DREAMS COME TRUE, I can guarantee you will feel the joy of discovering their creativity.

I’d like to add that the creation of the DOSCO prime album, a process which reformatted twelve of their top hit songs into disco format, was a task that reaffirmed the essence of their creativity. There is no doubt that this confidence made it possible to successfully carry off the feat of creating a
DREAMS COME TRUE pop song melded with Green Hill Zone.

To take ITO EN’s Oi Ocha, which popularized Japanese green tea globally, and to multiply that by Sonic the Hedgehog’s Green Hill Zone, which also recognized worldwide, and to use both to make an original pop song is something that only DREAMS COME TRUE can do.

Masato Nakamura’s comment in an interview when the DOSCO prime album was released remains engraved in my mind. He stated, “I’m looking forward to working creatively, going back and forth between ‘over there’ and ‘over here.’
‘Over there’ refers to the main DREAMS COME TRUE entity, while ‘over here’ refers to the virtual reality world of MASADO & MIWASCO. True to his word, the MASADO and MIWASCO version is included in this single.

Compared to the original, the latter is more in line with game music. For example, the sounds similar to the sound effects when winning consecutive coins, and Sonic doing his trademark backspins are incorporated. I’m impressed and surprised at how the sounds are utilized. It is not just a matter of simply sampling and collaging those in-game sounds. It is a result of a deeply thought out, true creative process. The MASADO & MIWASCO VERSION is a master lesson in how to build dance music.

Everyone recognizes the fact Masato Nakamura and Miwa Yoshida comprise the band that is DREAMS COME TRUE. At the same time, however, DREAMS COME TRUE is an entity that is a three-dimensional map which springs outward from its musical core in every creative direction. Sonic the Hedgehog, just as one example, includes DREAMS COME TRUE’s influence and touch not only in the game, but in films and anime.

You can’t keep your eyes off the adventures of the immensely talented duo traveling in the vast DREAMS COME TRUE universe!

Text●Masahiro Tanioka

お~いお茶 TV-CM「とどけ!お茶のチカラ」編